【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS クリス・デ・バー

<<   作成日時 : 2006/10/16 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

80年代洋楽を代表する珠玉バラード”Lady In Red"の歌い手 クリス・デ・バー。アイルランドの国民的シンガー(イギリスでは、中堅歌手の位置づけ)で今もなお、活躍している。


■1948年ブラジル生まれ。少年時代は、マルタ、ザイール、ナイジェリアなど諸外国を転々として過ごす。後、アイルランドに落ち着く。

■姓 デ・バーは、英国王室の系図。先祖をさかのぼれば、旧・英国王ウィリアム・ザ・コンケラーに行き着く。

■両親が古城(12世紀にノルマン人が建立)を買い取りホテルに改造。16歳になったクリスは、ギターを持ち宿泊客の前で演奏。

■ダブリン トリニティ大学でフランス語、英語の学位を取得。


■音楽の夢をあきらめきれず、ハンバーガー・ショップやヘアサロンなどを演奏の場としながら音楽活動を続ける。

■74年、ロンドンへ向かう。


ここまでが、彼のデビューまでの軌跡である。デビューして7年くらいは、泣かず飛ばずで、運命をかえたのが、80年代を代表するプロデューサー ルパート・ハイン(THE FIXXなどを成功に導いた)との出会い。
82年発表のアルバム「ザ・ゲッタウェイ」がヒット!ようやく日の目を見る。
そのアルバムの1曲目に収録されている”Don't Pay The Ferryman"がシングルカットされヒット(ビルボード1983年7月2日付 最高位34位)キャリアの中で最初のビッグ・セールスを記録。

84年発表のアルバム「マン・オン・ザ・ライン」でも引き続きルパートをプロデューサーに迎えた。
画像

私的には、このアルバムが大変、気に入っている。中でもミディアム・テンポの曲やバラードの曲の歌声がウィングス時代のポール・マッカートニーの声の響きに似てないでもない・・・
アプローチ的には、前作の商業的成功を意識したか、ややアメリカマーケットよりの音づくりになっている。もちろん、ヨーロッパ特有の哀愁を帯びたメロディラインも健在。
この頃になると地元アイルランド、イギリスを始めヨーロッパ全域、カナダ、ブラジルでも人気沸騰!

86年、地元アイルランドで開催された失業者救済を目的としたチャリティ・イベント「セルフ・エイド」にも出演。(他、参加アーティストにU2、エルヴィス・コステロ、クリス・レア、シン・リジィなど)

87年、映画「ワーキング・ガール」のサントラに収録された”Lady In Red"がシングルカットされ
全米3位を記録。彼の歌にドラマを持ち込む特別な才能が前面に押し出されたバラード曲である。映画よりも曲の方が有名になったと思う。
イギリスでは、アメリカよりもいち早くヒットしていて86年の8/2〜8/16までの3週間ナンバー・ワンの座をキープ。その頃、FMでこの曲を聴いて、すっかり感動し、絶対、アメリカでもヒットすると予想を立て、それが現実になったときは、とてもうれしかったことを思い出す。




Chris de Burgh - "Lady in red"(1986)












彼のデビューは75年だが日本でのデビュー作は、82年の「ゲッタウェイ」となる。当然、通好みのアーティストのため、発表されたアルバムのほとんどが廃盤である。


■75年 1stアルバム「Far Beyond These Castle Walls」城壁の彼方に

■同年  2ndアルバム「Spanish Train And Other Stories」

■77年  3rdアルバム「At The End Of A Perfect Day」

■79年 4thアルバム「Crusader」

■80年 5thアルバム「Eastern Wind」

■82年 6thアルバム「The Gettaway」

■84年 7thアルバム「Man On The Line」

■86年 8thアルバム「In To The Light」

■88年 9thアルバム「Flying Colours」

■92年  10thアルバム「Power Of The Ten

■94年 11thアルバム「This Way Up」

■99年 12thアルバム「Quiet Revolution」

■02年 13thアルバム「Timing Is Everything」


人気blogランキングへ







Now & Then
Universal UK
2008-04-22
Chris De Burgh

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Now & Then の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
バラードはあまりききませんがこの人は名前もきいたことがありませんでした。早速レンタルしようともくろんでます。
ジャム80さんの懐のふかさには圧巻です。
今日は嫁のすきなTOTOを聞いています。
コープランド
2006/10/18 22:26
バラードは秋の夜長にはピッタリですよ♪
ボストンの「アマンダ」なんてのもこの季節かなぁ〜
TOTOのこの季節のバラードと言えば”I'll Be Over You"ですかね
ジャム80
2006/10/18 23:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クリス・デ・バー 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる