【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 混沌と激動の中で〜DEXYS MIDNIGHT RUNNERS

<<   作成日時 : 2006/10/06 15:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

83年の大ヒットナンバー ♪カモン・アイリーンで一躍、メジャーな存在になったデキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ(以下DMRと略)。


彼らが目指した音楽は?
ジャンル分けするとしたら何処に属するのか?
答えを出せる音楽評論家は存在するのだろうか?
まったくもって疑問符の多い彼ら。

ましてやUKから遠く離れた日本に住む私たちがわかりあえるわけがない。
それも随分、前に解散したグループでもある。
DMRのことを知るにはやはり彼らの言動から導き出すほかないのか?
画像                           












80年夏にデビューアルバム「Searching For Young Soul Rebels」を発表。
全英チャート6位を記録。
デビューシングル「ダンス・スタンス」は40位に食い込む。
残念ながらアルバムには未収録。
セカンド・シングル「ジーノ」
大ヒットの後のデビューアルバムとなる。
PVはコチラ→http://www.youtube.com/watch?v=5y8EqWCvWKY

その後、セカンド・アルバム「Too−Rye−Ay」が全英2位、
先のシングル カモン・アイリーンが全英1位、
アメリカでもビルボード1位に輝く☆★☆
PVはコチラ→http://www.youtube.com/watch?v=8lkxf6kpgLM
(ビルボード1983年間チャート13位)

音楽評論家が挙って絶賛するのはデビューアルバムの方である。
パンク〜ニューウェイヴに移行していく混沌と激動の中で産声をあげたDMR。
このデビュー・アルバムは邦題でも
若き魂の反逆児を求めてとあるように
内容の荒々しさは否めない 

評論家はケヴィン・ローランド(Vo)のソウルフルな歌声と讃えるが
パンク以降に洋楽を聞き始めた人には、まわりの演奏がスカやレゲエ、
その他民族音楽なだけであって歌詞や歌い方は
パンクそのものではないのか?
それがポストパンク
ニューウェーヴなのかもしれないが・・・・・


レコードに針を落とす音が聞こえ、
ラジオのチューニングの音、
そしてノイズの彼方からディープ・パープルそして
セックスピストルズ、スペシャルズようやくDMRの音
これがデビューアルバムの序章Burn It Downの入り方だが
明らかに時代は自分たちものといわんばかりで驚愕する!

まだデビューアルバムなのに先輩たちの音を押しのけて登場するあたりはスゴい。
 スペシャルズやマッドネスと共演しながらもスカや2トーンブームになびかず、
ロック・フェステバルに出演しても
「おれたちは、ソウルバンドだ。ロックなんてくだらない。」
言い切ってしまうあたりは生意気以上の何物でもない。
それでも大きな支持を得られたのは
彼らの歌が人間の迷いや弱い側面、心の葛藤、
そしてストリートから生まれた鋭い批判性を持っていたからだろう若き魂の反逆児を求めて




人気blogランキングへ
若き魂の反逆児を求めて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
最近のU.Kチャート
最近のU.Kチャートが面白くない。 実に面白くない・・・ ...続きを見る
で〜っかい ひとりごと・・・
2007/05/09 19:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログにコメントいただいたしーちゃんです。
DMRというグループ名は初めて聞きました。
ビルボードで1位になるほど当時のミュージックシーンを
席捲していたとは・・。
80年代洋楽は奥が深くてまだまだ俺の知らない事もいっぱいです(^_^;)
しーちゃん
2006/10/08 11:21
しーちゃんさん、訪問そしてコメントありがとうございます。DMRはグループ名より、カモーン・アイリーンって曲のほうが有名かもしれないですね。さらに、いろんな番組の挿入歌に使われているので曲名より曲の方がピンとくるかもです。個人的にはサザエさんのエンディングのリズムに似てると思います(笑)
ジャム80
2006/10/08 12:32
ついにDMRの登場ですね。大学時代これをジャケ買いといわずなにをジャケ買いというか、というくらいの勢いで、買ってしまった覚えがあります。
うろ覚えなのですがスタカンのミックタルボットがいませんでしたっけ?
コープランド
2006/10/10 23:01
コープランドさん、お久しぶりです。いらっしゃい♪ミック・タルボット確かにいましたね。UKのミュージック・シーンでは当たり前なのか一人のアーティストが手を変え品を変えいろんなグループに在籍してますよね。ビルド&クラッシュの精神とでも言いましょうか・・・「スタカン」まさか、ポール・ウェラーと組むとは、あの当時のサプライズ!でした。
ジャム80
2006/10/11 01:15
おはよ〜ございます。
DMR、ラジオで「カモン・アイリーン」を聴いて、即行で買いに行きました。ジャンル分け不可能な、周囲の状況に迎合しない「自分達のやりたい音楽」をやる!という姿勢がお気に入りでした。
shige
2006/10/13 09:45
shigeさん、こんばんは。
実は、彼らをよくよくしったのは、カモーン・アイリーンからなんです。
最近、ボーカルのケビン・ローランドが裸をさらしたジャケットのソロ・アルバムを出してるみたいですが・・・
売れなくなって脱ぐのは、女性だけでいいと思いましたね(笑)
ジャム80
2006/10/14 01:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
混沌と激動の中で〜DEXYS MIDNIGHT RUNNERS 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる