【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS The Rain / オラン”ジュース”ジョーンズ

<<   作成日時 : 2006/11/10 02:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

今日は久しぶりに雨が降るらしい。
この前の雨でかなり気温が下がってきたが また、雨が降って冬に近づいていくのだろう。
この季節の雨にぴったりの曲♪
オラン”ジュース”ジョーンズのThe Rain
86年のちょうど今頃の時期にR&Bチャート1位
そしてPOPチャート9位にランクイン
画像


イントロは雨と雷で始まる
そして何とも言えない哀愁をおびたメロディが繰り返される
一度聴いたら 頭から離れないフレーズ♪





 
オラン”ジュース”ジョーンズは アメリカのヒューストン出身。
ハーレムで育った過去を持つ。

1985年 数々の優秀なR&Bを輩出したDef Jamレーベルの傘下にあったOBRから”You Can't From Love"というシングルでデビュー。


1986年 1stアルバム「Juice」からのシングル・カット”The Rain"が大ヒット!!
人気blogランキングへ

画像

その後80年代に2枚アルバムを発表したらしい(?)がパッとせずに
そこから先の音楽活動も彼自身の近況もよくわからない


1997年 9年ぶりに「Poppi'n That Fly」
1998年 Tommyレーベルから「Players Call」とリリースしたが
時代が彼を記憶の彼方に葬っていたのか 売上を伸ばすことも評判にあがることもなかった。


「一発屋」の定義にハマってしまう
この曲だが 聴く者を魅了する楽曲だけにHIPHOPのサンプリングにも使われている


この匂い立つようなレイドバック感を過去の遺物にしてしまうのは
もったいないと思っていた。

 HIPHOPの元ネタがきっかけでオリジナルの”The Rain"がリバイバル・ヒットして
より多くの人たちが冬の到来を告げる雨の日 この曲を思い出してくれたら・・・・
なんて考えてしまう



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、雨の日が多いので、雨系の曲がないかなと思って、
ジャムさんの過去記事を見ていたら、ここに、
だいぶ前ですが、発見したので書いてみました。

…こんにちは、ysheartです。
(FMの番組みたいな出だしをイメージしましたw)

ンー。やっぱりこの曲ですねー、80年代後期といえば。
当時、これが流れてきて、以前あった曲のカバーなのかなと
思いました。そのくらい印象的なメロディでした。
当時聴いた時は、後半しゃべってる感じで歌の感じがしないのが
残念でした(笑)

ジャムさん、2006年ごろの記事、本当にあの曲このアーティスト、
ちゃんと採り上げてらっしゃるー!!
ysheart
2010/04/23 13:19
>ysheart さん こんばんは^^
ここにコメントいただけるとは(+_+)
いま・・鳩が豆鉄砲を喰らった表情になってますw

曲の後半・・確かに語ってましたねw
いま聴くと そこだけが時代を感じさせるような^^;

どちらかというと11月くらいのモノ寂しい雨を想像させる曲だな〜と
改めて聴いてるのですが・・・聴くたびに自分の中で曲の情景が変わっていきます。
そう、当時はPVを見ることなく曲やアーティストを想像してんたですよね〜
不思議です。。。
クリストファー・ショック、大黒ショックetc


2006年〜2007年はタメ口で書いてたんですね(+_+)僕
なんか恥ずかち(〃▽〃)




        
ジャム80
2010/04/24 01:14
たまたま検索かけたら、辿りつきました。この曲ずっと好きで、引っ越す時に、友達からの別れのお手紙や品を手に飛行機に乗り、離陸の時に機内でかかってたんです。暮らした島が小さくなるわ、お手紙頂戴やらの文脈に、号泣しながら聴いてました。出の歌詞の奥ゆかしさに惚れておりましたが、喋ってる部分と表現された箇所が、ヒアリングできるようになると、浄瑠璃を聞いている様で、またハマってましたよ。CD化されると、テープと違って何度も気を遣わずに聴けてうれしい限り。ベルギーのCD屋で彼の別の作品に出合い、買って帰りました。でも、開封してない。この曲の思い出、壊れそうで。
通りすがり
2013/06/02 01:49
>通りすがりさん

ご訪問ありがとうございます^^
”The Rain”に横たわる思い出話も聞かせていただき感謝です。
喋ってる部分をヒアリングできるようになると また格別の想いで聴けそうです。

画像が削除されてますね^^;また補修をしておきます。
ジャム80
2013/06/02 13:58
映像修復して下さってありがとうございます。
お姉ちゃんの髪型が80'sで懐かしい限り。
しかし、黒には黒みたいな寂しい感じもしました。

曲がかかると無意識に歌えてしまう、この不思議。
分詞構文を教えてくれたのは、この曲でした。
堅苦しい文法用語は意味ありませんが、
あの部分があるからこそ、情景がすっと目に浮かんでくるのです。
多くのフレーズを学んだな、この歌から。
通りすがり
2013/06/12 18:06
コメントできる場所がなかったので、まとめて書きます。
>BRENDA K・STARR
♪I still believeはカラオケで、
Mariahの曲であるかの如く入ってるので、
仕方なくそちらで熱唱してます。
因みに二人はお友達だって。
>PSB
二度と辿り着けない盆踊り会場みたいなステージにも観に行った。
♪Rentが大好きで、歌ってくれたときは涙目だった。
渡英すると、ついついKing's Cross付近に泊まってしまう。
>Expose
♪Come Go with Meと♪Seasons Change、それに缶チューハイも買ってたわ。
おばちゃん具合からすると、生Kaomaも凄かった。
>Men At Work
オーストラリアのカラオケで一応歌ってみた。
Down Underの地図買いそびれたわ。
コンビニのおっちゃんと盛り上がったのは、何故かBoney Mだった。
>Foreigner
メンバーがほぼ変わってたが、MCできつぅ冷えますなぁ…と言う訳で
♪Cold As Iceと曲フリしてた。ピックもGET!
>Black
♪Wonderful Life
カラオケで歌うよ。
フランスのデパート店内でかかってて、
レジのおばちゃんが鼻歌してたので、便乗した。
噂によると、メタボってるらしい彼。
以上、
長々とすみません。

通りすがり
2013/06/12 19:04
>通りすがりさん こんにちは^^

たくさんのコメントありがとうございます!
カラオケのネタ多いですね♪
実は、僕もカラオケで洋楽をよく歌います。周りの反応も気にせず(笑)
好きなのは80年代のはずなのに なぜかカラオケは70年代なんです^^;
エルトン・ジョン、ボズ・スキャッグス、ビー・ジーズetc

声の調子が出てくるとデビッド・ボウイのアシェス・トゥ・アシェスや
ティアーズ・フォー・フィアーズのマッド・ワールドと。。。

全部カタカナですいません。。。

でも、洋楽で一緒にのれる仲間がいないのが寂しい今日この頃です^^;

>BRENDA K・STARR
Mariahのヴァージョンがあるとは知りませんでした。

渡英、オーストラリアのカラオケなど
国内リスナーの自分には未知の世界で思わず引き込まれてしまいます。
また、色々教えて下さい^^






ジャム80
2013/06/14 18:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
The Rain / オラン”ジュース”ジョーンズ 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる