【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 偉大なる父の影を背負って〜ジュリアン・レノン

<<   作成日時 : 2007/03/28 22:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 12

彼のルックスや歌声は、偉大なる亡父、ジョン・レノンに酷似。


それが為に背負わなくて良い心労を抱えながら音楽活動をやっていたのも
事実です。

一部ひどいマスコミからは、「ジョンの遺産だけではなく、未発表曲をも譲り受けて
歌っているんだ!」などとジュリアンが活躍すればするほどそういう声も聞かれていた
ようです。

日本のように両親が離婚したら付いていった母親の姓を名乗る風習はないのでしょうか?
彼はジョンと母・シンシアの間にできた子供でしたが5歳になる頃、二人は離婚してしまい
ジュリアンは母親に引き取られます。

そうです、ジョンは精神的に通い合ったヨーコ・オノのもとへ
そして新しい家庭を築いたのでした。

ビートルズの名曲「ヘイ・ジュード」は離婚に巻き込まれてしまったジュリアンの事を
モデルにしてポール・マッカートニーが作った曲ですが売れに売れて遂には代表曲と
なってしまいました。当時のジョンの心境は如何ほどに・・・



父・ジョンがニューヨークで自分の狂信者に銃殺されてしまうという悲劇から3年後の
1983年にジュリアンはレコード・デビューを果たすのです。
画像


"Valotte"(1984年)

Julian Lennon - Valotte
アップロード者 jpdc11. - 他の音楽動画をもっと見る。

この”Vallote"は大変よく売れてグラミー賞にノミネートされるまでに





"Too Late For Goodbyes" (1984年)

Julian Lennon - Too Late For Goodbyes
アップロード者 jpdc11. - 他の音楽動画をもっと見る。





"Stick Around"(1986年)

Julian Lennon - Stick Around
アップロード者 jpdc11. - 音楽動画、アーティストのインタビュー、コンサートやその他色々。





1986年に2ndアルバムを発表してシングル”Stick Around"をスマッシュ・ヒットしたのち
すっかり名前を聞かなくなったジュリアン・レノンですが
突如として1998年にアルバム「フォトグラフ・スマイル」を発表!
内容はかなり良いみたいです。

人気blogランキングへ

彼を2世タレント扱いした聴衆も時が経ち随分と大人になったことでしょう。
そんな環境の中、長いブランクを経てやっと自分と向き合った作品が完成したと
いうことでしょうか・・・
是非、聴いてみたいものです!(聴こう、聴こうと思いながらおあずけなのだ汗)


腹違いの弟ショーン・レノンも音楽活動をやっているようですが
これまた聴いたことがないんですなあ
VH1 Behind the Music: The Julian Lennon Collection
Vh1 Behind the Music: The Julian Lennon Collection

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ついにジュリアン・レノンの新曲だ!
ついにジュリアン・レノンの新曲だ! ...続きを見る
湘南のJOHN LENNON  Thos...
2007/05/05 18:53
ついにジュリアン・レノンの新曲だ!
ついにジュリアン・レノンの新曲だ! ...続きを見る
湘南のJOHN LENNON  Thos...
2007/05/05 18:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ショーンの方は昔テレビCMで出ていたので知っていましたが
ジュリアンの方はまったく知らず…
Valotteを聴かせていただきましたが
歌い出しなんか、ジョンレノンその者かと思ってしまうくらい
似ていますね。
ジョンがオノヨーコの元に落ち着くまでの事も知りませんでしたし
本当に毎回勉強になります。

この場にそぐわないでしょうが
自分のブログは本当にジャム80さんに助けられてるなー
すごく感じています。毎回コメントをしてくれるし
音楽の知識も増えていくし
これからもどうぞ末長くよろしくお願いします。

余談ですが、なんとなくですが
結構似ていますよね、ジャム80さんと自分^^
ヒロヒゲヒーロー
URL
2007/03/29 00:08
ジョンとヨーコの出会いは運命的だったり
精神的に非常に結び付きの強いものだったりします。
ここでは、ジュリアンがテーマだったのでそれを紹介できったのが
心残りだったのですが、お褒めの言葉を頂きうれしい限りです。

こちらこそコメントをもらって励まされたり
「MYMYブログ」でアイデアもらったりしてるんですよ(*^_^*)
これからも末永くよろしくお願いします!

>余談ですが、なんとなくですが
結構似ていますよね、ジャム80さんと自分^^

そうですね(^^)音楽と癒しの関係に気づいてる私たちは
似ていますよね!だから、ヒロヒゲヒーローさんのとこには
自然体でコメントできるのかも(^^♪


これからも知名度が低いアーティストを
みんなが知ってもらえる伝道的な役目ができるブログにしていきたいと
思っていますので、足跡残していってくださいm(__)m

ジャム80
2007/03/29 21:47
デビューからの大ファンです。恥ずかしい話ですが、私はジュリアンがジョンレノンのご子息とは知りませんでした。更にジョンが、ビートルズだったという事も知りませんでした。ジュリアン知ってジョンお知りました。パソコン初心者でおができません。それからビートルズもジョンもたくさん聞きました。
ジュリアンのトユーレイトフオーグッバイの、高音に一目ぼれしました。これからもがんばってください。ちなみに、武道館も読売ランドのコンサートも行きました。今は是非リバプールに行きたいです。応援してます
たま
2011/02/09 11:43
>たまさん こんばんは^^

そして ご訪問ありがとうございます!
ジョンが亡くなってから少し間が空いてからのジュリアンの活躍でしたので繋がりをご存知でない方 結構おられるみたいです。
むしろ ショーンの方は知っているけどジュリアンは・・という方もたまにおられるみたいです。

私自身 恥ずかしい話 聴き始めたのは85年暮れあたりでなんです^^;

リバプールに行かれた際は是非 感想をお持ちいただければ嬉しい限りです^^
ジャム80
2011/02/27 22:10
リバプールなんて夢なんですけど、夢は、もちつずけたいです。
たま
2011/03/02 21:01
>たまさん

そうですね〜おっしゃるように夢を持ち続けることは大切ですよね^^
自分は行きたい国はスペインなんです。
忙しいを理由に先延ばししてますが 老いていく前にと・・・やや焦りさえも^^;
ジャム80
2011/03/08 16:32
この度の震災心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興おお祈り致します。音楽で、癒されてる方もいらっしゃると新聞で拝見しました。
被災者の方々に明るい笑顔が取り戻せるよう、できる事お実行しています。
共に乗り越えていきましょう。
たま
2011/03/31 20:08
>たまさん

>音楽で、癒されてる方もいらっしゃる
音楽をふくめ芸術に癒されて力強く生きて行こうと決心する
大切なことですね。

いま何をすべきか・・それが未来を作る
共に乗り越えていきましょう!
ジャム80
2011/04/05 16:11
お久しぶりです。今日は、台風上陸です。災害の多い年ですね。
皆さんの様に詳しい事はわかりませんが、音楽は、大好きです。
たま
2011/09/21 17:08
>たまさん

災害に加えて 金融危機も。。
音楽の話でいくと 海外のアーティストの来日予定がキャンセル続き

レディ・ガガのみ予定通りの来日・・・ありがとうと言いたいです。
ジャム80
2011/09/27 00:52
ジュリアン・レノンって、1985年迄(売れていた頃と重なるが)、口紅
つけているみたいに唇が赤かったのを憶えてます。90年代に入ると
売れなくなって、贅沢な車や屋敷を手放さないといけなくなっていたとか。
(オノ・ヨ―コが、レノンの遺産をジュリアンに継がせるその時期を
 90年代頭ではまだ時期尚早としていたというのを読んだ事がありました)
Tisra
2013/03/27 00:48
>Tisraさん

ご訪問ありがとうございます^^
知らなかった情報ありがとうございます。


個人的感想になりますが 80年代はレコード会社とアーティストが
うまくいかないケースが多かったように思います。
ジャム80
2013/03/31 01:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
偉大なる父の影を背負って〜ジュリアン・レノン 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる