【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS パブリック・エナミー!!!!!!

<<   作成日時 : 2007/05/21 11:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

朝から冷やし中華が食べれるジャム80です


実は・・・・・・。

あまりの大きさの為、オークションに出そうかな〜などと
考えていたオオクワちゃん が今朝、他界しました><

ヒラタほどのショックはありませんでしたが
彼らのシーズンは【夏】
それを迎えることがなく死んでしまったのは残念です。。。

昨日、さわったりした時には少し元気がないかなと思って
身体を凝らしてみると小さい白い虫が付着していました。
アレいつも思うのですが一体何でしょうか・・・
もう、その頃から長くはないなと予感めいてました(^_^;)


死骸を載せるのは忍びなく
今回はコレを
画像

今度、生まれ変わる時は養殖な生き方ではなく
自分の生き方を見つけてくれ〜
安らかに・・・。

人気blogランキングへ

さて、今日の音楽紹介は気分で選びました

パブリック・エナミーです
彼らの代表曲から2曲を紹介します。

アンスラックスとの共演がカッコいい
”Bring The Noise"(1991年)



”Fight The Power"(1989年)


パブリック・エナミーは80年代後期〜90年代初頭に
もっとも活躍したグループなのですが、もともとは意外に古く
82年にN.YのロングアイランドでDJハンク・ショックリーによって
つくられ、移動型DJチーム:スペクトラム・シティが前身と言われています。

それに地元でマイペースに活動を行っていた
(FM局で独自のミックス番組を持ち”チェック・アウト・レディオ”も発表)
チャック・Dも加わります。
これは86年の事ですが
敏腕プロデューサー リック・ルービンの執拗な勧誘によるもの。


リック・ルービンと言えば翌87年のビースティ・ボーイズのデビューにも
大きく関わり、生みの親ともされている人です。
この人、かなりのハードロック好きなの白人なのですが
ラップの世界に飛び込んだ奇特な人ですw
U2やメタリカ、レッチリなどがプロデュースを依頼していたのも有名な話。


他にも近辺でDJをしていたターミネーター・Xとプロフェッサー・グリフ
ラジオでラップ系番組をやっていたフレイバー・フレイブなどが加入

彼らの重厚なサウンドとハードコアなラップ・スタイルは
”クラッシュのような政治的姿勢を表面に出したラン-D.M.Cのようなグループ”
と評され”黒いパンク”とも言われていました。

チャック・Dの野太い声と甲高く伸びのあるフレイバーのラップが
うまく絡み合ってボルテージがあがっていくスタイルは、たまりませんな


ライブでは迷彩服にモデルガン?を持ちマーシャル・アーツ風な
武闘ダンスを披露。
さらには、ブラック・パンサー党風ファッション(学ランかと思ったw)着用させた
自警集団をステージ上に配備するなど、とにかくスゴイ!!
↑の”Fight The Power"のPVを見て頂ければ^^


黒人社会の怒りや不満を表現のコアに用いて
それを連帯や意識向上へと導いていこうとするパワーを持っていました。

白人権力が中心になって動いているメディアに対しても
”メディア・ハイジャック”を主義として大衆に知らしめました。


89年には反ユダヤ発言が発展してグリフが脱退します。


赤裸々と白人社会断罪を描いた映像作品。

フレイヴァーが引き起こしたいくつかの事件。


マーティン・ルーサー・キングJr牧師の誕生日を祝日にしないアリゾナ州に対し
暴力で対抗するPVを発表。
この時も絶賛の声と批判の声を同時に浴びます。


とにかく話題がつきなかった彼らなのですが
一番、驚いたのはフロントマンでもあるチャック・Dの人間性なのです。
インタビュー番組で彼の発言や仕草を見ていると
アレだけの騒ぎや事件を起こしたグループのメンバーとは思えないくらい
物静かでインテリで自分の考えをゆっくりとわかりやすく説明していました。
へ〜〜テロリストのリーダーになる人は
こんなタイプなんだろうな〜と見当違いのことを考えつつ
チャック・Dの魅力にとりつかれましたね(^^ゞ





パブリック・エナミーII
パブリック・エナミーII

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は非常にお勉強になりましたねー
自分はPSのスケボーゲームで初めて彼らの音を耳にし、
かっこいいなーと思い入った口なんですが
世代を越えて聴かれてますもんね

ロックとのコラボこんなはやい段階で実現していたのですね
Bring The Noiseかっこいいです。
ヒロヒゲヒーロー
URL
2007/05/21 21:49
コアラップの雄パブリックエナミーですね。90年代初頭のたしか94年だったとおもうのですが、赤いジャケットのアルバムにすごく触発されてしまった覚えがあります。90年代にかなりの影響をあたえたグループだとおもいます。
かっこううおおいいですね。PV
ダメ王
2007/05/22 09:23
ヒロヒゲヒーローさん、お口に合って良かった(^^ゞ
はるか、むか〜しに流行ったPSのゲームで
アレ?この曲?という体験をしたことがあるので
よくわかりますよ^^

>ロックとのコラボこんなはやい段階で実現していたのですね

そうそう、この頃は【ミクスチャー】という概念がなく
ロックとラップの融合なんて難しい事言ってましたっけ。
Bring The Noiseかっこいいです♪

ジャム80
2007/05/22 16:51
王様、コアでしたね〜
ナンパかギャング路線が主流な中
彼らの存在は貴重でしたね!
ほ〜94年ですか?
それは知りませんでした。。
さすがにあそこまでやるグループってのはいなくなりましたね〜
95年頃には一気にギャングスタが過熱しましたけど
自分たちが刑務所に入るくらいで
あそこまで社会問題を引き起こしてませんしね。

キーボードが固まりながらのコメント
心から御礼申し上げまする。

ジャム80
2007/05/22 17:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パブリック・エナミー!!!!!! 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる