【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS チャーリー・セクストン

<<   作成日時 : 2007/05/12 13:03   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 12

「弱冠16才!天才ギタリスト登場」とチャリ坊が騒がれたのが21年前。
なんと、最近はボブ・ディランのバック・バンドとして来日しているようですね


画像

ローリング・ストーンズのキース・リチャーズも絶賛!という前評判にヤラれ
買ったアルバム「ピクチャーズ・フォー・プレジャー」のLP盤。






探すがどこにもないので、当時の「MUSIC LIFE」や「VIVA ROCK」などの雑誌も
押入れを掻き回し探してみるがどこにもない。。。





う〜ん、まいったぁ・・・

今日はかすかな記憶で記事を書きます


まず、彼のセンセショーなるなデビューを飾ったのがこのナンバー
”Beats So Lonley”




人気blogランキングへ

個人的にはコチラが好きかな
”Impressed"

先に挙げたデビュー・アルバム「ピクチャーズ・フォー・プレジャーズ」からの
2ndシングルです☆この曲は日本ではよく売れたような記憶が



3年後の1989年に20歳にして2ndアルバム「ドント・ルック・バック」リリース。

そこからのカット・ナンバーがコレ
”Don't Look Back"






チャーリー・セクストン本名はCharles Wayne Sexton
日本ではチャリ坊と呼ばれマッド・ディロンやジェームス・ディーンのような
骨ばった甘いマスクが女性ファンを魅了していました。
声質は10代のわりに渋すぎましたね(^_^;)
音楽としてはストレートなロックン・ロール主体。

悲しいかな、名前があまり聴かれなくなったのはアイドル像に
奉られ過ぎたからでしょう。。
アイドルという括りで縛り付けたもののチャーリーが言う事を聞かず
シンプルに自分の音楽を追求した結果とも思えます。
しかし、ギターを持つ彼は紛れもなく80年代の洋楽シーンの形見です

人気絶頂の89年頃、氷室京介氏とTOKYOドームでの共演がありました。
当時の対談の模様を読んだのですが、ちと両者の話ににズレもあり
面白い内容でしたので紹介しておきます^^





20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Charlie Sexton
Universal
2005-04-26
Charlie Sexton

ユーザレビュー:
最高!以前からのファ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
関連ブログ紹介
こんにちは。始めまして(^^)私もブログやっていまして、ちょうど関連の話題だったのでTBしました。私のは、はじめたばかりで、まだまだですが(^^;)私のブログの記事に紹介させて頂きました☆よければ私のブログにもTBよろしくお願いします♪ ...続きを見る
メンボブログ
2007/05/12 18:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
わからないネタだったのですが
コメントを
ギタリストで、かぶせてきましたねwww

あと、対談拝見しましたが
アーティスト独特の、言葉での表現が下手といいますか
氷室の、今流行り【ルー節】にはビックリしますね
(こっちの方が元祖かな)
彼も便乗して、ロス?から参戦すればいいのに…
ルー大柴と氷室の対談を希望します。
ヒロヒゲヒーロー
URL
2007/05/12 22:10
>ヒロヒゲヒーローさん
【ルー節】にまで発展するなんて
持ち前のボキャ・レベルの高さには驚かされますよ^^

話は変わりますがルー大柴に似てるって言われたことあります(T_T)
言った本人の目を見たら本気でしたからね〜
う〜ん 
ジャム80
2007/05/13 00:00
チャリ坊、懐かしいですね。 16歳とは思えない声してたような記憶が・・・ 後は唇、分厚い! なんかそんな記憶あります。 今どんな感じに歳とってるでしょう? 結構、若い頃 かっちょいいと崩れが激しい方もいますからね(ストーンズのキースとか、魔女みたいになってますよね。)
chico
2007/05/20 18:10
chicoさん コメントありがとうございます♪
>16歳とは思えない声してたような記憶が・・・ 後は唇、分厚い! 

その記憶間違ってませんよ(笑)あとは骨ばった顔というのが
入れば100点満点でしたよ♪
現在はボブ・ディランと来日した時の撮影写真をネット上で
見たのですが普通に30代でしたよ〜
角ばった雰囲気が丸くなって優男のオーラが出てました。

>ストーンズのキースとか、魔女みたいになってますよね。

あははw 魔女ですか!ギターならずホウキが似合いそうですね(^_^;)

ジャム80
2007/05/20 20:37
子供の頃から洋楽にしか興味なくて中学になる前ぐらいに大大大ファンになりました。日本人好みの甘いマスクにギターが上手いしかっこよかったです(^_-)-☆今何してるんだろう
また聴きたい
元チャリ坊大ファン
2011/02/17 03:05
>元チャリ坊大ファンさん こんばんは^^
ご訪問ありがとうございます!!

自分も似たような経緯で洋楽にハマリ
チャリ坊の曲を流しながら ホウキギターをやったものです(笑)

裏方で活躍!みたいな話を聞いたのが90年代
まだ彼自体は40代前半のはずなので 音楽やってるはずだと。。。
ジャム80
2011/02/27 22:23
お久しぶりです。チャーリー・セクストン、最近はディランのバンドにいて、昨年春に来日してますよ!!
ロック仙人TF
2011/03/01 21:59
>ロック仙人TF さん

こんにちは^^おひさしぶりです!
チャーリーとボブ・ディランが一緒に演っているとは^^;
思わずニンマリの組み合わせです。
ジャム80
2011/03/08 16:27
JAM80様☆
初めまして♪
チャーリー・セクストン懐かしいですね〜。
アイドル的な人気があって、来日した当時「ロッキング・オン」のインタビューでチャリ坊と呼ばれているとの質問に、チャーリーはじめ彼のスタッフは(爆笑)って書かれていました(^_^;)

わたしは「HOLD ON ME」が大好きで、この曲のシンプルなんだけど正統派バンドサウンドのカッコ良さと、彼の本当に年齢にそぐわない渋いヴォーカルにやられました。あとPVでギターを弾いているのは、違っていたらすみませんが、元ストレイキャッツの方?

>キースが魔女
彼ほどデビュー時とルックスが変わったギタリストもめずらしい(やっぱり本人が語っていた、ドラッグが原因なのかな?って思いました。彼自身が80年代のインタビューで語っていましたが、ドラッグを断つのは壮絶な思いをしたそうで、チャーリーも若い頃の面影がないくらいルックスが変わっていて、ショックでした(何が原因なのかはわかりませんが)わたしも80年代に1番ロックを聴いていたので、こちらのブログは良いですね〜☆
紅弥
2011/03/19 00:53
>紅弥さん ご訪問ありがとうございます^^

>チャーリーはじめ彼のスタッフは(爆笑)
通訳の方は それをどう訳されたのでしょうね^^;
興味がわいてきます。

"Hold On Me”や”Impressed"は”Beats So Lonley”に少しばかり飽きた頃(ラジオで流れすぎw)にガンガン聴いてました^^
良い曲ですよね〜

>元ストレイキャッツの方
いても不思議ではなさそうですね。
ただ紅弥さんの慧眼には驚きました!!

80年代に活躍したミュージシャンがドラッグ中毒に・・という話はよく耳にします。老いもあるとは思うのですが 環境や気持ちの部分も大きく左右しているのでは・・と。
シンプル・マインズのジム・カーもデッド・オア・アライブのピートも
ずいぶんと顔つき変わってましたし。
あ!整形は別として^^;

紅弥さんのように80年代洋楽をご自分の感想で語っていただける方の
ご訪問は大歓迎です^^
また 是非 お立ち寄りいただければ嬉しいです(*^▽^)ノ

ジャム80
2011/03/19 11:30
懐かしい、私が高校生の時にピクチャーズ・フォープレジャーのレコード買いました。ジャケ写がかっこよかったのが、買った理由なんですが、曲を聴いてノックアウトされました。自分と大して年齢も変わらないのに、なんて歌声だろうって。あまりテレビは見ないほうなので、アイドル扱いの件は知りませんでした。曲を聴けば、そんなんじゃないって判ると思うのですけどね。
HIROM2
2012/05/04 23:27
>HIROM2さん

ご訪問ありがとうございます^^
年齢のわりには 声が大人でした。

ギタリストで定評が上がってのデビューですので
本国ではアイドル扱いというよりは天才君デビューに近いでしょうか。
当時の日本サイドの受け止め方やPRに問題あり?
ジャム80
2013/03/17 16:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チャーリー・セクストン 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる