【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ドクター&ザ・メディクス〜Spirit In The Sky

<<   作成日時 : 2007/06/17 18:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりに朝方まで市街で飲み歩いたジャム80です。。。。


どんなに二日酔いでも決まった時間に目が覚めるあたりは
加齢を感じますな(。-∀-)


二日酔いで脱水状態の中、サウナに行ってきました♪


カラダには、あまりよろしくないのでしょうが
せっかくの休日に週末の酒気を引きずるというのが
あまり好きではないので体内からアルコールを
追い出す意味合いで近くの健康ランドへ


休日の朝からの健康ランドは意外にも空いていて快適
と言いつつ今日は到着したのは12時を回っていました(;^_^A アセアセ・・・


休日の【朝風呂】って大好きなんですよね^^
ジャムの本棚には『週末に生まれ変わる50の方法』/中谷彰宏
『週末の達人』/小石雄一『週末の知的生活術』
週末や時間の使い方を自己啓発へ的な本を20冊ちかく持っていますが
ほとんどの本が朝風呂を推奨しています。

平日はとてもぢゃないけど【朝風呂】できてませんけどね(^ー^;)


できることなら、サウナに本を持ち込んで、そこでも読書!
と言いたいとこですけど、さすがに人目をはばかりそれは遠慮しました。


サウナや露天を満喫したのち
出浴後に足つぼマッサージなどもして
見事、自己啓発オタクになった自分に陶酔


暖簾をくぐり休憩所でミネラル・ウォーター(日田の天領水)を飲みながら
ふと、窓の外に目をやると雷鳴と共に土砂降りの雨が
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!


まあ〜ここのとこ雨という雨も降ってないですから
多少の雨は必要だな〜などと構えていたのですが


・・・・・・1時間近く待っても一向に止む気配はなく
かなりの豪雨 (; ̄□ ̄)


帰ろうと決めて正面玄関に出ると人が集っていて
ずぶ濡れになりながら駐車場までダッシュをカマしてる人達も・・・

それに倣ってジャムも傘をさして車までダッシュ!!!!!


車の運転席に乗ったときには、ずぶ濡れのお手本の様な ずぶ濡れ><
εε=====≡゙ヽ(#`Д´)っ┌┛))ウラァァァ


今日の音楽紹介はカリフォルニアの青い空に憧れつつ??
思いを馳せたこのナンバーを紹介します



Doctor and the Medics - Spirit In The Sky(1986)全英No.1

Doctor and the Medics - Spirit In The Sk
アップロード者 jpdc11. - 最新の注目音楽動画をみる。







このナンバーは見事、3週間連続で全英No.1に。
20年前の6/7〜6/21ですから時期的には日本では梅雨の時でした。
部屋にこもってエア・チェックに励んでいた光景が浮かんできます。

奇怪なメイクがデッド・オア・アライブのピート・バーンズや
カルチャー・クラブのボーイ・ジョージなどと被り
いかにもUKだな〜と当時は思ったものです。
どっちかつーとKISSメイクかなw

画像

自分が持っているアルバム『ラフィン・アット・ザ・ピーセズ』(1986年)の
バンド紹介文から抜粋するとこうです

『”スピリット・イン・ザ・スカイ”が全英No.1に4週間連続で輝いた
ドクター&ザ・メデイクス。彼らは1982年に結成され、
自主制作のシングルのシングルを発表。その後、メンバー・チェンジ等を行い
年間200回以上ものコンサート活動を3年間に渡って行ってきたのです。
その後、過激なギグとユニークなファッション、ライフ・スタイルは
行く先々の聴衆を圧倒し、口コミで、一切の宣伝もなしに
若者達の人気を獲得していったのです。
彼らのNo.1への背景には、こういったインディ・シーンの熱い応援が
あったからに他なりません。』
人気blogランキングへ

”スピリット・イン・ザ・スカイ” 原曲はアメリカのシンガー【ノーマン・グリンバウム】の
1970年の3月、全英No.1になっているものでした。


NORMAN GREENBAUM ~SPIRIT IN THE SKY~(1970年)全英No.1


家に辿り着いた頃には雨はあがってました(; ̄□ ̄)
Laughing at the Pieces
Laughing at the Pieces

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ドクター&メディクスが来日した時、
某ミニコミにライヴレポを書きました。
懐かしいです(^ω^;)。
ドクターは当時クラブのDJやってたんですよ。
で、確かダムドのメンバーとお友達でした。
だから、どちらかと言うとパンク系の方だと思いますよ。
今、クラブと言うとHIP HOP系の方を
思い浮かべる方が多いと思いますが
元祖の80'sの音楽系クラブは
パンク・ゴシック系が有名ですよね。
現在でもmixiにも
80's系クラブイベント有りますけどね(^ω^)。
O-dash。
2007/06/17 20:48
0-dash。さん コメントども^^
クラブのこと『Laughing at the Pieces』を見て
言われることと同じこと書いてありました♪
知らなかった・・要約すると大衆化された
ポップ・ミュージックや商業ロックと
同じ立場でいたくない若者が地下へと潜るみたいな
そこで生まれた音楽の一つにパンクがあったと。
クラブというと、どうしても
HIP HOP系のクラブを想像してしまいますね(;^_^
かなり!勉強になりました!
ありがとうございます(^-^)
それとカテゴリーもUKとしていたので
パンクに換えときます。



ジャム80
2007/06/18 16:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドクター&ザ・メディクス〜Spirit In The Sky 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる