【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS あれから10年・・・

<<   作成日時 : 2007/11/26 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

去る11月22日はマイケル・ハッチェンスの命日でした。。

忙殺されそうな日々の中
彼の記事を出すことに多少の畏敬の念を覚えつつ

マイケル在籍時のINXSと言えば
自分の中では洋楽黄金期の象徴でした。

80年代後期のINXSはロックと呼ぶには軽く
当時、少しばかりバンドをかじった自分も
コピーをしようとか、目標にしたいバンドではありませんでした。

でも、リスナーとしては永遠にファンでいれる自信がありました。
そう、彼のヴォーカル・スタイルなり横に揺れるロック自体が
独特で、とても真似できるものではないと諦めがつく音楽の種類だったからです。

グループが88年に世界的にヒットするや
翌年には1stソロ・アルバム『MAX Q』をリリース
Michael Hutchence - Sometimes(1989年)


U2のボノと比較されつつも、社会的メッセージを何一つ持たず
ノリだけで押していける魅力をふんだんに持っていたような気がします。

そんなボノとの共演は、いつまでも胸に残っています。
Slide Away feat.Bono


"Slide Away"の映像がアニメ吹き替えに(;・∀・)
Youtubeには、中々面白い作品があるようで・・・。


共演したボノは森林を伐採する偽善者だ〜と囁かれる一方で
マイケルは、そのプレイボーイ的なイメージとは裏腹に
印税のほとんどを匿名で寄付してしまって、
死後に弁護士が驚いたほどだったそうです。

ボノはU2の代表曲”One"を
マイケルに捧げると言ってコンサートで歌っていたようです。

こーやって改めて聴くとじ〜んと込上げてきます。

マイケルがいた頃のINXSからは
ほんともらってました。

画像

・・・ありがとう

マイケルが亡くなって10年・・・
彼の死を悼む曲は、もう”Never Tear Us Apart”ではなくなりました。

マイケルと【共生できた時間】を感じられる”This Time”を求めます。
これこそが、10年という歳月の意味と価値ではないかと。。。
INXS-This Time(1985年)

”This Time”の歌詞の1節を紹介します。

僕らは願う
そうさ、それから祈るんだ
これが最後かもしれない
僕らが、こんな風に争うのも

僕らは、いつだってないものねだりばかりしている
僕らは、いつだって時間をムダにしているのさ

僕は忘れられるよ
かつて喧嘩したことや
君の心の内側を見たこと
そして愛が壊れていったことも
Listen Like Thieves
Listen Like Thieves

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャムさん、おはようございます。マイケルへの、とても想いの深い文面に涙がでました(T_T)同じ想いを持ち続けている私としては、代弁してくださってるようでとても嬉しかったです。印税の寄附に関しては初耳でした。それは容姿端麗なだけじゃなく、魂までもが美しいかったことの証明ですよね…そんな彼がパパラッチに追い回され、心が病んでいってしまったのは必然かと。。。カリスマ性や誰もが羨むルックスは、逆にマイケルを苦しめていたような気がしてなりません(;_;)『ただ、愛する人と静かに暮らしたかった』、、、彼の願いはこれだけだったと思います。日本贔屓でプロモ撮影もいくつかやってるINXSなのに、日本でマイナー扱いなのが心底悲しい…。ですが今でもマイケルを愛し、マイケルが愛したINXSの曲を聴き続け、語り合える方々がたくさんいることは救いです。彼以上にセクシーで、耳にも心にも心地よい歌声を持っヴォーカリストは出ないだろうと個人的に思ってます。マイケル亡き後、ボノの参加で完成した『スライドアウェイ』は、ボノの切なさ、やり切れなさがビシビシ伝わってくるので聴いてると胸が痛くなります。よい曲なだけに辛いです…
ゆかり
2007/11/26 07:20
ゆかりさん こんばんわ
湿っぽくしちゃならーん!!と思ってても
ことマイケルの事になると、こうなるんですよね^_^;
故・マイケルについては他のサイトも覗いてみましたが
ジム・モリスンとの比較がしてあって日本でマイナーながらも
認められていた手ごたえは感じました。
あるページには、ボブ・ゲルドフがリリーちゃんを引き取ったのは
自殺に追い込んだ理由がボブにあったからという衝撃の内容もあり
10年経った今もなお、マイケルは人を湧かせる魅力に満ちているな〜と。
『スライドアウェイ』は、死後の完成ということですが
あれだけ通い合った2人だけに生前もっとコラボして欲しかったな〜と思います。

ジャム80
2007/11/26 22:31
ジャム80サーン??????
お元気っすか〜〜〜〜???
JJ
2007/12/12 07:22
JJさん ども^_^;
忙しさを理由に全然UPできなくて・・・
元気か?と言われれば、、かなり元気ですww
ジャム80
2007/12/12 15:20
JAM80さん はじめまして。
マイケルが亡くなってからINXSを聞く事が悲しくて遠ざかっていましたが
最近84年のライブをテレビで見て 同じ年の来日公演の感動とライヴ後に裏出口で待ってた私たちに「Thank you!」と 大きく手を振ってくれたマイケルの笑顔がバ〜ン!と思い出し「今まで何で10年以上も彼らの曲を聴かずにいたんだろう!」と反省してしまいました。
私もマイケルがいた頃のINXSに力をもらっていました。
これからは大切にしていきたいと思います。
JAM80さんのこのブログを読ませていただいて感動しました。
そして嬉しかったです☆これからも応援しています♪
PNA
2008/05/28 12:17
>PNAさん
>「今まで何で10年以上も彼らの曲を聴かずにいたんだろう!」と反省してしまいました。
それは、私自身もかなり痛感しました。。
ないものねだりの感情も入り混じってマイケルの死後は1stから丁寧に聴きました。そうすると、思春期の思い出が甦るだけでなくて、改めて湧き出す感動もあったのです。。音楽(作品)はこうやって聴くものなんだな〜と。
ジョンやジム、そしてマーク・ボランと様々な雄が伝説となっていきましたが、マイケルの死は、私自身の記憶の中でもリアルタイムで活躍していただけに格別な想いがあります。PNAさんも同じように、いやそれ以上にINXSと付き合ってきたのでしょうね。気持ちが良く伝わってきます。
こちらこそ、感動をいただきました。ありがとうございます!
また、是非いらしてください^^
ジャム80
2008/05/28 12:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あれから10年・・・ 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる