【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ファイン・ヤング・カニバルス-Johnny come home

<<   作成日時 : 2008/01/30 14:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

コレが郵送されてきました!

『taspo』(タスポ)
いわゆる 「たばこのための成人識別カード」の申込書☆

画像


今年から、全国で順次導入されていくようです。
3月から、パイロット・エリアと呼ばれる鹿児島、宮崎からスタートして、
5月に第1次エリア、6月に第2次エリア、7月に第3次エリアと導入され
8月には47都道府県のスモーカーの方がカードでタバコを買うシステムに。

そして、税金もまだまだ上がる様相も;;

「日本はタバコ税が安過ぎる!」とノン・スモーカーの方が
力説されておられたのを思い出します。

一昨年、ニースとパリに旅行した際に
真っ昼間からスクーターに2ケツした若者に

「しがれっと ぷり〜ず!」

と世界共通語で何回もタカられ続けて
鳩に豆をまく様に青い瞳の少年達にタバコを配ったものです。。


てっきり、日本人観光客=お金持ち と思われているのか・・・
と、一人想像していたのですが
連れの情報によるとフランスはタバコの税金が高いらしく
安易に若者が買える代物ではないと聞かされました。


確かに日本で気軽に「1本いいですか??」
と言われるのと訳が違うんだな〜
彼らの目つきは媚びていながらも眼差しは熱かったしw



去年は、値上げタイミングで節煙を試みたのですが
意志が弱く、、、、続かない(lll-ω-)


今回、タスポの申込書を返送するのに煩わしさも。。。
 今こそ やめるタイミングなのかな〜






今日の音楽紹介は80年代後期のブルーアイドソウルから
Fine Young Cannibals - Johnny come home (1985年)


シビック・フェリオのCM曲にもなった
She Drives Me Crazy”の全米No.1ヒットで脚光を浴びた
F.Y.C(略)の85年のデビュー・シングルです

同年6月に全英8位まで到達した”Johnny come home”は
イギリスで巻き起こっていたブルーアイドソウル熱に拍車を
かけたナンバーとも言えるでしょう。


”Johnny come home”収録の『Fine Young Cannibals』
画像

1985年発表のデビュー・アルバムです♪



後にも先にもオリジナル・アルバムを
わずかに2枚しか発表していないだけに
聴けば聴くほど疾走感やら燃え尽き感が漂ってきます!!


たった2枚のアルバムで消えていくには、あまりにも惜しい><
それだけに、ベスト盤に走る前に聴いて欲しい1枚です



Fine Young Cannibals
Fine Young Cannibals

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
taspoを申し込みしてみよう!
子宮頸ガンワクチンが早ければ年内にも承認されることが発表されましたね! たばこパスポートのtasupoの導入が2008年から始まりました。そのtaspoの申し込み方法とtaspoについての情報を掲載しております。 ...続きを見る
taspoを申し込みしてみよう!
2008/03/07 14:30
タスポの申し込み方を教えるサイト
taspoってご存知ない方もしかしたらまだいるかもですね! ...続きを見る
タスポの申し込み方を教えるサイト
2008/03/08 03:27
タスポ(taspo)の導入のメリット
タスポ(taspo)の導入でたばこの購入が不便になる。こう思ってている方は多いと思いんでしょうね。 しかし必ずしも不便になる面だけではありません。 今まで23時以降はたばこの自動販売機が使えなかったわけです。 なぜか?販売機が未成年者が識別できず、未成年がタバコを買えてしまうという問題があったからです。 「たばこの消費量のうち17%は未成年による購入である」こういう統計もあるんです。 夜中にたばこが吸いたくなったのがたとえ成人であっても、家の前の自販機で買えず、 スコシ離れたコ... ...続きを見る
タスポ(taspo)の導入と問題点
2008/03/10 23:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう、、何年か前に友達がすごく怒っていました。中国人にタバコをくれくれと要求されたそうです。。
まるで日本人はくれるのが当たり前のようにおもっているみたいで、やらなかったらものすごい汚い言葉が返ってきたそうです。

パリでもですか>>

日本人が金持ちだったのは20年も前の話なのに。。

喫煙者にはきつい話ですね。。タスポですか。。
ダメ吉
2008/01/31 20:18
海外の奴らはだいたいどこの国でも、「お金がある人がない人にあげるのは当たり前」という感覚があるそうですよ!

フランスのボンズども、甘やかしてはいけません!!一言「No!!」と強く言いましょう!

でも、やめた方がいいですよ(爆)。
しょう
URL
2008/02/01 19:16
>ダメ吉さん
中国で思い出した!
香港に行った時の事。。
ツアーバスが待機している、その時を狙ってバスの窓に向かって小学生ぐらいの子供がお金をくれと手を伸ばすのです。
それで、仕方なく小銭を渡すと、また同じ顔をした少年が・・・
しばらくすると、格好は違うが同じ顔の少年、そんなのが4回ほど続いたところで現地ガイドさんが「ここら辺りでは有名な11人兄弟で、さっきのは真ん中の5つ子達です」と紹介。。。^_^;

中国は友人から、臀部丸見えのトイレの話を聞かされますが
今でも、そうなんでしょうか。

禁煙。。。ダメポ。。。
ジャム80
2008/02/02 00:54
>しょうさん
ども^^海外は助け合いの心?が浸透しているようですね!
そういえば、パリの空港の清掃のオバサン、トイレでチップやらなかったら文句言ってきたな^_^;それから、比べると日本のサービス業に従事している方々は人間ができてるな〜と思います。海外のサービス業の方は、あんまり腰低くない気もします。お国柄??

あ!でも、フランスのボンズどもは、腰低かったと思います^^
「No!!」と言えない日本人なんですww

ジャム80
2008/02/02 01:03
わぁ〜懐かしいですね。『ファイン・ヤング・カニバルス』当時MTVで『she〜』をよくみていて、ボーカルの人の顔が印象的だったのを思い出しましたが、グループ名の記憶はなく…ははっ…ジャムさん思い出させてくれて、ありがとうございます!
ねえ
2008/02/06 07:16
>ねえさん
ローランド・ギフト(Vo)は白人と黒人の混血ということですが
それにしても仰る通り、、個性的^^;
声も一度聴いたら耳にしっかりと残りますし。
グループ解散後のソロも有るということで機会があったら聴いてみます♪
ジャム80
2008/02/07 15:19
こんにちは。
she〜しか知らないです(笑)オムニバスのPV集DVDで持ってますが、CDは持っていたかなあ?多分何かのオムニバスで持っているとは思うのですが、紹介されている曲は知りませんでした。
しかし煙草も色々と面倒くさい世界になってきましたねえ。私も喫煙者ではあります。いきなり一本も吸わない生活になるのはダメですが、段々本数を減らしたり弱い煙草に変えたりして、少しずつ変化させています。しかし世間の風当たりは強くなるばかり。。。あ〜あ(汗)
REALLIFE
2008/02/11 13:28
>REALLIFEさん
私も最初”She 〜のブレイクから知ってアルバム『The Low&The Cooked』にヤラれました^^

スモーカーには、ますます世界が狭くなってきますね
座る席の区別化、屋外で寒々とタバコを吸うなどは慣れましたが
買うときにまで識別だなんて・・・面倒クサイ;;です
昨年、節煙⇒禁煙にもっていく計画を立てたのですが
結局ある意味リバウンド??みたいな感じで元に^_^;
REALLIFEさんがされているように段々と減らしていこうかな〜と思っています。



ジャム80
2008/02/11 20:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ファイン・ヤング・カニバルス-Johnny come home 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる