【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒューバート・カー ”Angel 07”

<<   作成日時 : 2008/01/18 19:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 15

このようなチェンメが回ってきました。。

画像

「沖縄で何年かに一回現れる【神の手】という雲、
 幸せになって欲しい人7人に送ると願いが叶うそうです」



・・・・・・・。


チェンメってまだ、あるんだ〜と思いつつ
こんな雲あったら神秘的だな〜(最初から信じていない;;)


ネットで『神の手という雲』と検索をかけてみると、、
やはり、合成だったか・・・・。
それも、海外で作られていたとは恐るべしw


どうやら、他にも『神の目』というのもあるらしいですね。
そのうち『耳』も、どこかでコラボされるんでしょうか?


存在するか否かは別として、
幸せになってもらいたいと思う1人に選ばれたコトは
素直に喜ばないとダメですよね。


さあ〜そろそろ音楽ネタに繋げていくぞ^^
『神』が作る音楽と呼ぶにふさわしい人


・・・殿下



他には?



エニグマのマイケル・クレトゥが浮かんできます。


実は、ご存知ないと思いますが(というか、言ってないw)
エニグマの大ファンでして、、、
アルバムはすべて持ってます
もちろん、90年の”Sadness Part.1"にヤラレましたねw
Enigma - Sadeness Part 1 (1991年)全米5位

Enigma - Sadeness
アップロード者 Discodandan. - 最新の注目音楽動画をみる。





グレゴリア聖歌とクラブミュージックの融合という
とんでもない構想に当時は、ぶったたまげたものです!


2ndの『エニグマ2』〜the CROSS of changesの国内盤に

誰も聴いたことのない音楽
と書いてありました。。。


確かに・・・一言でいうとSO


マイケル・クレトゥの音楽は
創造主と呼ぶに値する素晴らしい音楽で
数多く作って聴かせてくれました。
きっと、これからもそうしてくれると。


90年終わりに”Sadness Part.1"がヨーロッパ中を駆け巡り
ENIGMAというネーミング(謎、不可解という意味)が
また謎から謎を呼び発売元のVIRGINレコードも
「アーティストの意向で、あくまでもENIGMAという
プロジェクトであること以外は明かせない」という姿勢。


結局は、イギリスの業界誌が
「ENIGMAはドイツのマイケル・クレトゥのワンマン・プロジェクト」
というコトをすっぱ抜いてしまいました。。


それに対してマイケルも応戦
「先入観なしに曲を聴いてもらう為にENIGMAという名にしただけで、それ以上の事を語るつもりはない!」とコメント。。


覆面を剥がされたマイケルは、その後も腐らず
マイペースに自分の音楽を貫きました。ご立派!!


糸が解れる様にマイケルの素性が日本でも知られ
一番驚いたのが、、サンドラ(元アラベスク)のダンナさんで、彼女のソロのプロデューサー兼育ての親といったNews


本国ドイツでは、一角のキーボード奏者で
”Moti Special"とか”CRETU & Theirs"といったプロジェクト
あるいは2枚のソロ・アルバムもかなりのセールスを記録。



そんなマイケル・クレトゥがサウンドプロデュースした
同じくドイツのグループ、ヒューバート・カーの”Angel 07 ”

Hubert Kah-Angel 07 (1985年)

Hubert Kah - Angel 07_xvid
アップロード者 clp23. - 音楽動画、アーティストのインタビュー、コンサートやその他色々。





”Angel 07”は85年の秋にソニーの『ウォークマン』のCMに
使われ日本で大ヒット。日本人好みのマイナー調哀愁を帯びた
メロディラインは1度聴くと引き込まれる感覚。。


マイケル・クレトゥの手腕が光る1曲です


日本でのデビューシングルは”Angel 07”ですが
ヒューバート・カーとしてのキャリアは、もっと古く
本国ドイツでは『ローズマリー』や『星空』がブレイク!
第一線ともいえる活躍を見せていたようです。

メンバー構成は
ヒューバート・ケムラー(vo、key)とクラウス・ヒルシュブルガー(b)マルクス・レール(g、key、21才)の3人ユニット。


”Angel 07”を含むミニ・アルバムも好きだったのですが
Book-Offで\500で売られていた『Sound Of My Heart』(87年)
を入手して以来、こちらの方が好きになりました^^


同じくBook-Offのワゴンに眠っていた『TENSONGS』(86年)
こちらは、全体的に元気なエレポップと言える作品で
”Lonesome Cowboy”や”Explain The World In A Word"
とくに”Explain・・・の方は1番のお気に入りです
迫り来るエレポップそして後半に襲う甘〜いメロディ線うまさを感じます☆

どちらのアルバムも”Angel 07”のみでしか
ヒューバート・カーをご存知でない方には是非聴いて欲しいです
画像

左が『TENSONGS』(86年)、右が『Sound Of My Heart』(87年)

で、下に紹介してあるベスト盤は”Angel 07”は、もちろん
『Sound Of My Heart』からも”So Many People ”
”Midnight Sun ”も入っているのが嬉しい





The Best of Dance Hits
Best of Dance Hits

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【80年代洋楽】 The Best Of Dance Hits / Hubert Kah
1990年発売のCDでUS輸入盤の「ザ・ベスト・オブ・ダンス・ヒッツ/ヒューバート・カー」です! ...続きを見る
REAL LIFE
2008/01/20 21:53
HUBERT KaH★ヒューバート・カー
日本でソニーのウォークマンのCMソングに当時(1984年)に使わ れていた耳に残 ...続きを見る
80's★洋楽大好き
2008/04/02 20:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャムさん、質問なんですけど、このENIGMAってシャロン・ストーン出演の映画「硝子の塔(sliver)」で使われてたCarly's Songという曲のアーティストでしょうか?
映画自体はどうでもよかったんですが、エスノっぽいハウス調のこの曲だけ気に入ってテープ版サントラを買ったことあります。(すでに紛失してますが)
カーラビンカ
2008/01/19 12:31
>カーラビンカ さん
93年の「硝子の塔(sliver)」のサントラ収録"Carly's Song"はコチラで紹介したENIGMAと同一です。

エニグマ2nd『ENIGMA2〜the CROSS of changes』発表前です。
”Carly's Song”がお気に入りであれば、2ndもカーラビンカ さんの耳に合うのではないか思います。

1年ぐらい前にこのブログのTOPで音楽を流そうと2ndの曲を使っていたのですが、著作権にふれると知って慌てて中止しました^^;

あと、Carly's Songは、Youtubeの方でも観れますよ♪



Enigma - Carly's song
ジャム80
2008/01/19 13:56
同じアーティストでしたか。ありがとう御座います。

>Youtube
実は恥ずかしながら私のPC,スピーカー機能をとりつけておりませんもので、Musicの類は聞けない原始的PCライフをおくっております。とほほのほ...
エニグマ2ndですね。なんとか視聴にこぎつけますわ。
カーラビンカ
2008/01/20 09:56
>カーラビンカ さん

カーラビンカ さんの文章力を敬愛する私としては
なるほど、音なくして、あの記事が出来ているのか〜と感心せざるを得ません。読んでいて、音や映像が浮かんでくるんですよ!本当に。

と、本題からズレながらもエニグマ2ndに触れますね^^
補足ですが2ndにはCarly's Songが、さらにスケールアップされた
Age Of Loneliness(カーリーの歌)というのも収録されてあるので
期待は外さないかと思います。



ジャム80
2008/01/20 19:27
こんばんは。
今回もTBありがとうございます。こちらからもTB返しましたが反映されたかな???ちょっと不安です。
ジャム80さんて本当に事情をよくご存知ですね。なるほど〜と感心して読ませていただきました。そして最後のエンジェル07しか知らない人に是非聞いてほしいというアルバム、私もいつか手に入れてみたいものです。
そして!毎回来ていただいているのに、こちらから行く事がなかなか無い現状を憂い、勝手ですが、ジャムさんのブログを拙ブログでリンクさせていただいてよろしいでしょうか?とりあえずリンクしちゃいますが、ご迷惑でしたら言ってくださればと思います。
それでは、今後もよろしくお願いします。
REALLIFE
2008/01/20 21:57
>REALLIFEさん
TB承認遅れて、すいません。
大丈夫です!無事に反映されていますよ。
お褒めの言葉ありがとうございます。
しかし、浅薄なところもありまして、記憶に頼るところも多うございます。
よって皆様の暖かなツッコミによって支えられていると思ってます。
リンクの件は、もちろん、こちらこそよろしくお願いします^^
既にREALLIFEさんの所へ飛んで、こちら拙ブログの方にもREALLIFEさんの
映画・音楽と扱われているブログをリンクさせていただきました。
元々、よく、お邪魔していたファンの1人でしたので気恥ずかしさもあるのですが、今後ともよろしくお願いします。
ジャム80
2008/01/20 23:31
はじめまして。私は「ブログスカウト」の池田と申します。
ブログを拝見し、コメントさせていただいております。

現在、ある洋楽ミュージシャンについて、
記事を掲載いただける人気ブロガーさんを探しています。

ジャム80さんのブログを拝見し、洋楽関係の
コンテンツがとても充実していると感じました。

是非ミュージシャンンの盛り上げにご協力頂きたいと思い、
コメントさせていただきました。

少しでも興味がございましたら、
詳細をメールでご説明させて頂きますので、
ぜひこちらまでご連絡ください。
※ご協力いただいた際には、謝礼をご用意させて頂きます。

 ⇒ blog_scout@media.writeup.co.jp

 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-18-3 フジビル37 3F
 株式会社ライトアップ 池田晴子
 URL:http://www.writeup.co.jp/
池田晴子 ブログスカウト事務局
URL
2008/01/23 13:14
>池田晴子 ブログスカウト事務局さん

返事が遅れてすいません^^;
拙ブログをそこまでお褒め頂いてありがとうございます。
身が引き締まる思いなのですが。。
とにかく、一度、中身は拝見させてもらいます。
ジャム80
2008/01/27 22:36
初めまして〜検索してこちらに行き着きました。
私もサッドネス好きです。メル・クパもよくヨガをしながら
聞きます。Hubert Kahも好きで、日本では発売されていない
アルバムを数年前(英語版)に入手しました。
でも、この歌もCMでもながれたし好きです。

私も80'sブログもっています。よかったら
遊びに来てくださいね
TBさせていただきます。うまくいっていたら
認証してくださいね
のの
URL
2008/04/02 20:31
>ののさん
ようこそお越しいただきました^^
日本未発売のもの、かなり興味があります!
また違ったHubert Kahを体感できるのでしょうね〜

ののさんのブログ、後ほど拝読させていただきます^^
TBはただちに認証いたします。
ジャム80
2008/04/02 21:16
>ののさん
ブログ読ませていただきました☆
内容、年代、選曲がすごくド真ん中で感動しました。
しかし、残念ながら・・・
コチラの不手際なのかコメント、TBともにはじき返されてしまいます><
バングルス、ヒューバート・カー、スティービー・ニックスと
80年代の後期モノが多くてこれからも遊びに行きたいと思い
勝手ながら、お気に入りリンクに加えさせてもらいます。
もし、ご都合が悪ければ、お手数ですがコチラまでお寄せ下さい。
ジャム80
2008/04/02 23:00
TBそしてリンクをさせていただきました。
私も近々Hubertの記事を書こうかと思っていますよ〜。

よかったら私のブログにも遊びに来てください
プロフにメアドも掲載しております
のの
URL
2008/04/04 09:24
>ののさん
ののさんのブログにはココ最近お邪魔してるんですよ^^
ラバーボーイの”ディス・クッド・ビー・ザ・ナイト”をはじめ
自分だったらこの曲を!と思っているものが多々紹介されてあってビックリしたくらいです。TB&リンクありがとうございました^^
ジャム80
2008/04/04 20:54
Hubert Kahのドイツ語版が欲しくてCD屋へ行ったの。
すると、20年前のバンドじゃん!と斬り捨てられた。
悪かったな!
あんたの国のバンドだろ…。
♪Willkommen im lebenが大好き。
愛を囁くにはフランス語なのねと思った。
通りすがり
2013/06/12 20:48
通りすがりさん こんばんは^^

Hubert Kah最高です!
自分もドイツ語版ほしいっす^^
こと、エニグマが出てきてからは違う観点で聴けるようになったし。。

Hubert Kahいなかったら アート・オブ・ノイズも聴いてなかったかも。(意味不)

ジャム80
2013/06/17 02:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヒューバート・カー ”Angel 07” 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる