【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS デイヴ・スチュワート&バーバラ・ガスキン

<<   作成日時 : 2008/03/21 01:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

画像



モーゼ?!




今日の音楽紹介はスチュワート&ガスキン

レスリー・ゴーアの63年の全米No.1シングル
”Its My Party(涙のバースデイ・パーティー)”を
秀逸したセンスでカバーしています

Dave Stewart & Barbara Gaskin - Its My Party
(1981年)4週連続全英No.1



キーボードを演奏しているデイヴ・スチュワートは
よくユーリズミックスのデイヴ・スチュワートと
間違えられそうな気もします^_^;

今日紹介しているのは、David Lloyd Stewart
ユーリズミックスの方は、David Allan Stewartです。
セカンドネーム違いなんでしょうが実にわかりづらいww

ユーリズミックスのデイヴは、2つ年下にあたり
主にギターリストとして定評があるようです。


この二人の共通点は面白い事に
女性とデュオを組んで成功しているところです。


さてユーリズミックスの話はココらで切り離して
David Lloyd Stewartの話を^^


イギリスのカンタベリー出身者を中心とする
プログレッシブ・ロックなどをカンタベリー・ロックと称するらしいが
デイヴは、まさにカンタベリー系を代表するキーボーディスト。
さまざまなバンドを渡り歩いていきました。


まずは、学生時代に4人組URIEL(ユリエル)を結成
ひとりメンバーが脱退した後、EGG(エッグ)と改名。
71年の2nd「優雅な軍隊」をリリースした後、バンドは解散。


73年にハットフィールド&ザ・ノースへと加入します。
(74年には一時的にEGGを再編)
75年には、2枚のアルバムを残し解散。。


ナショナル・ヘルスを結成し2枚のアルバムを制作後、
そこに在籍していたイエスやキング・クリムゾンのドラマーだった
ビル・ブラッフォードのバンド【ブラッフォード】に参加。
4枚のアルバムを発表するものの・・・・・
ビルの新生クリムゾン参加が報じられた頃、グループを脱退。


デイヴは81年にソロ・シングルを発表
1967年に解散した元ゾンビーズのコリン・ブランストーンと共演

66年のソウルヒットJimmy Ruffinオリジナルの
”What Becomes of the Broken Hearted?(恋にしくじったら)”
を見事にカバーしてチャート・インを果たしました。


Dave Stewart&Colin Blunstone -
What Becomes of the Broken Hearted?(1980年)全英13位
PVに幾度となく出てくるコーラスの女性はバーバラ??






この曲のカバーは数多く世に出ています。
メロディラインがすごく綺麗なだけにどれをとっても素晴らしい
Youtubeなどで他のアーティストのナンバーは聴けますので
味比べをしてみるのも面白いと思います^^


”What Becomes of the Broken Hearted?”のヒットをきっかけに
プログレのキーボード奏者だからこそできるPOPを追求すべく
バーバラ・ガスキンと組んで、【スチュワート&ガスキン】誕生。


バーバラ・ガスキンの話に触れますと
カンタベリーのフォーク・ロック・グループ【スパイロジャイラ】の
歌姫、またデイヴが在籍していたハットフィールドやナショナル・ヘルスでもコーラスで参加していた経緯もあり
そこからデュオグループ結成の話になったと予測します。


今回ブログのジャンルのカテゴリー分けとして
エレポップとしたのは管理人の勝手な思い込みですが
実際に彼らの音楽を特定すること自体が難しい><

「至高のブリティッシュ・ポップ・センス」
「予想できないコンパクトなポップ作品」
「80年代のカーペンターズ」
「元プログレのなせる普通のポップス」


こーいった言われ方もする彼らの音楽そのものは
シンセを多用しながらもどこか温かみのあるサウンド


それもそのはず!!
先に挙げた様に60年代の聞き覚えのあるオールディーズを
うま〜く自分達の世界へ引き込んでいく巧み(職人)の技


管理人が推奨する彼らのベスト盤には
残念ながらリトル・エヴァの”ロコモーション”のカバーや
上に紹介した”What Becomes of the Broken Hearted?”は
収録されていませんが、これを機会にと言われる方にはオススメ
画像

Broken Records - The Singles(1987)


他にも魅力がふんだんに詰まったオリジナル・アルバム

画像

Up From The Dark(1986)



画像

As Far As Dreams Can Go(1988)



画像

The Big Idea(1989)



画像

Spin(1991)


この後、91年11月に来日を果たし
コンピレーション盤『Selected Tracks』(93年)と
Remix盤『Walking The Dog (remix)』(92年)を発表。
後者の方に”ロコモーション”が収録されてあります









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Dave Stewart & Barbara Gaskin - New Jerusalem
The Big Idea ...続きを見る
MneMe fragments
2008/03/23 13:00
The Singles - Dave Stewart &amp; Barbara Gaskin
The Singles ...続きを見る
MneMe fragments
2008/03/23 13:00
Dave Stewart & Barbara Gaskin 関連サイト
Dave Stewart & Barbara Gaskin について日本のファンの方などが書かれたサイトをご紹介する。バンド、アルバム、曲、ライヴ、プロモ・ヴィデオなどいろいろな情報が掲載されている。 ...続きを見る
タダならぬ音楽三昧
2008/11/28 10:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Stewart & Gaskin 来年3月に来日です。
invs
2008/11/28 10:23
>invsさん

情報ありがとうございます。
復活できたんだァ^^
ジャム80
2009/01/27 18:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デイヴ・スチュワート&バーバラ・ガスキン 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる