【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS アリソン・モイエ 『RAINDANCING』

<<   作成日時 : 2008/04/01 01:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

名城には桜が良く似合います^^


画像


今日は時折曇りながらも
要所Aで晴れ間が


画像


日曜日が一日中だっただけに
本日、桜を見に行き、満開に満足された方も多かったのでは?



画像



手持ちのケータイで思いつきで撮ったせいか
画像は悪すぎwwww


やっぱ・・・無計画はイカンよ。。。 (−_−)




さ〜今日も春のイメージがピッタリのナンバーを
Alison Moyet - Weak in the presence of beauty (1987年)


アリソン・モイエの2ndで復活作の『RAINDANCING』からの
シングルカットナンバーです



ココで軽く彼女のなりそめに触れますと・・・
テクノポップorエレポップとも言われるユニット【YAZOO】の
紅一点ボーカリストだった彼女。
84年『Alf』でソロデビューし、その人気は衰えず
全英No.1アルバムに輝きます

※【YAZOO】はアメリカでは【YAZU】とロゴられたらしいです。
後でわかったコトですが、米国のレコード会社"YAZOO"との
間違いを避けるため最終的に【YAZ】名前を変えたみたいです。
まぎらわしいのでココではヤズーと表現します^^;




ヤズーは元デペッシュモードの(Key)ヴィンス・クラークと
同郷の女性ボーカリストのアリソン・モイエで組んだ
エレポップ・ユニットでわずか1年の活躍で終わります。
ヴィンスはゲイで有名ですが一説では
デペッシュモードをクビになったとも聞きます。
(ヴィンスは、その後イレイジャーを結成)





ヴィンス・クラークの展開するエレクトロテクノサウンドに
アリソン・モイエの野太いブルージーな声!
何ともミスマッチ過ぎるサウンドに魅了されたファンも
たくさんいたことでしょう。
その頃、活躍していたユーリズミックスも
サウンド的には似ている気がします。
アニーレノックスのソウルフルな声とエレポップが

♪( ̄▽+ ̄*)酷似




あと、ユーロビートに相反するソウルフルな声をのっけて
人気を博したリック・アストリー氏も
私的にはミスマッチ・サウンドの成功者ではないかと^^;




前後しますが、ヤズー解散後の彼女のソロ@発目のアルバム
『Alf』は持ち前のソウルフルなボーカルが堪能できる
素晴らしい作品で4曲がシングルカットされて(日本では3曲)
いずれもヒットを記録。イギリス国内だけで130万枚のセールス




さらには84年度のBPIアワードでは
シャーデー、先に挙げたアニーレノックス、キム・ワイルド
、トレイシー・ウルマンらを押しのけて
【最優秀女性歌手賞】を手中に収めました




ティナ・ターナーもアリソンの大ファンで
「あの年齢でアレだけ歌えたら、私も同じ様なレコードを作ったのに。。。。。」
と言わせたらしいです。




また実力派シンガーで通っていたパティ・オースティンに
『Alf』#2収録の”Honey for the Bees ”をカバーさせています。





彼女最大のヒットと言えば”That Ole Devile Called Love”
全英最高位2位を記録
ビリー・ホリデイのジャズ・スタンダードで
背景にピコピコしたエレ音がなく彼女の新境地を見せ付けた
カバーソングだと思います。
当時は気だるく聴こえた曲でしたが、、、今聴くとイイ!!


( ´Д`)y━─┛〜〜ぷはー  老けたな





85年のLiveAidではポール・ヤングとの共演が有名!
マーヴィンの”That'sTheWayLoveIs”をデュエットするなど
このままブルーアイドソウル路線か
と思いきや出産のために、しばらく活動を休止。




そーして、完成したのが↓2nd『RAINDANCING』(1987年)
画像




L..Aで録音されて西海岸のエッセンスを取り入れたのか
従来の、どのアルバムよりも底抜けに明るいポップな仕上げ。




プロデューサーには管理人も好きなジミー・アイオヴィンを起用。
ジミーと言えば【時の人】でダイアー・ストレイツ、U2、
パティ・スミス、プリテンダーズ、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、
ローン・ジャスティスなどのアルバムを手掛けています。





『RAINDANCING』から後2曲紹介します^^

Alison moyet - Is this love (1987年)全英3位



Alison moyet - Ordinary Girl(1987年)




先日、紹介したイギリスで現在売れに売れている
若干19歳のAdeleと、どーもカブるとこがあります。
体型といい実力といい・・・





レインダンシング
株式会社エピックレコードジャパン
1991-05-22
アリソン・モイエ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レインダンシング の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい!実は、ここ数日、ちょうど、アリソン・モイエの曲を思い出していたところでした!スゴイ、タイミング!

hmvで検索かけたけど、ほとんど輸入盤のようですね。国内盤はシングルズくらいしかないのかな。

87年、RAINDANCINGがリリースされた時、Is This Loveをラジオで聴いて、迷って結局買わなかったのが、今となっては大後悔時代。

あの頃、ああいう音楽が欲しいとふと思ったのですね。
今聴くと、やっぱり良いな。アリソンの声、さすが、元ヤズーだけあって、声がヴィンスに似ているような。
イレイジャーの「A Little Respect」、好きでしたぁ。ヴィンスは置いといてw

新年度ですね。僕も洋楽の記事書くのは忘れてないので、うまく他の話題とつなげて書きますね(笑)でもジャムさんは、結構きれいに映っている動画を上手に探して来られますね^^
ysheart
2008/04/01 21:21
>ysheart さん
いつも、早いレスポンスに感謝です^^
春になると真っ先に思い出すのが彼女の曲ですし
同じ年代のリスナーの方も同じ気持ちかな〜と。
それにしても、嬉しい偶然ですね(〃▽〃)

『RAINDANCING』も『Alf』もかろうじて所持してますが
どちらも、10年くらい前に中古CD(いわゆるワゴンセール)での購入。
国内盤はライナーノーツが魅力ですよね〜
当時はそれが数少ない情報源で今、このブログでもそれが活きてます。


ジャムも、その頃欲しいCDリストに挙げていながら
結局、買わずに成人を迎えてしまいました^^;
アリソンを始め結構、後から買い揃えたものも多いことに気付きました。
ysheart さんもそーいう買い方をされたりしているのでは??


また、500文字オーバーのため、下につづく
ジャム80
2008/04/01 22:44
>ysheart さん
かなり内容を精査しても文字オーバーするな〜^^;


イレイジャー大好きでした!!
デペッシュ・モードかイレイジャーのいずれかを選べと言われたら
迷わず、後者に飛びつきますw
かなりの甘党なもので^^
あ、イレイジャーも買いそびれていました;

洋楽の記事1本というのもツライっすよww
ysheart さんのような広がりのあるブログにしなきゃと
次のカテゴリーを思案中。。新年度を機に。
動画を見つけてくるのは才能の部類に入るのかなァw
ジャム80
2008/04/01 22:46
疑問符キター!ww

そうですね、たしかに、ふとしたきっかけで、このさいアレとアレを買おうとかいう調子で、特にここ数年、そういう感じで過去の洋楽を揃えてます。

記憶にある作品が、大手のCD店でも在庫切れの場合もあるせいで、本当はブログの記事に書きたいのに書けていない曲、というのも、実はあるんです(笑)

いざ書き出せば、500字では済まないですよね^^!
大体、僕らの80年代洋楽は、たった500字じゃ納まりきらないんだ(`▽´)

国内盤のライナーノーツの言葉が、洋楽に対する思いをかっちりと形成したのかも知れませんね。

デペッシュもイレイジャーも、実は近々書こうかなと思案していたのですが。
CDさほど持ってない;そこからすでに苦しい。
自分のエピソードを交えて長々書こうと思えば前者で行けそうだが、季節が秋・冬っぽいからな〜、あの人たち。でも、ま、いいかww

必然的な感じで、今それを書くんだ!という感じは大事だと思ってますが、こだわりすぎて笑えるツボを外すのはヤダし…w

考えすぎて今、手が止まってしまっているので、いったんお返しします(笑)
ysheart
2008/04/01 23:25
桜の花を、さあ、撮るぞと思って出かけた日にかぎって曇り空という経験、僕もありますよ^^

リック・アストリーは、当時「ギヴ・ユー・アップ」「トゥゲザー・フォーエヴァー」を聴いて何じゃこれはと思った記憶があります(笑)ミスマッチの感じに、「あー、88年に来て洋楽もいよいよ終わりか」と思ったものですw

RAINDANCINGはジミー・アイオヴィンによるのですね。アイオヴァインで覚えてますが、良い仕事しましたね。

。。いろいろ書くうちに、春を思い出す洋楽、徐々に思い出しつつありますw
それでは、おやすみなさい(-.-)zzz
ysheart
2008/04/02 01:10
>ysheart さん
こんばんわー
曇りの日に曇りの画像ならいざ知らず
晴れているのに曇り空が写ってしまったのは、もっと悲しい><
実は、城と桜のコラボ画・・・思いっきり晴れてたんですよw

ユーロビートやハイエナにはハイトーン・ボイスと決めていただけに
リック・アストリーの登場には軽く裏切られたような気が^^:
追いつくのに時間を要しましたw

ジミー・アイオヴィン特集が
NHK−FMのクロスオーバーイレブンであっていて
曲のラインナップに唸りました。
1点買い!とばかりに買い揃えました^^

>春を思い出す洋楽
まだまだ行きますのでヨロシクです!

ジャム80
2008/04/02 21:10
Oh-肥後の名城ですか!!そーいえば花見していないな。。
てか夜桜好きだけどいつもはださむいよね。。
桜から連想する曲  森山直太朗の桜です。。
ダメ王
2008/04/04 21:43
こんばんは〜お久しぶりです♪
Yazoo大好きでした☆
なんか再結成するんだそうで
個人的に大変興味深く思ってます(・∀・)。
ユーリズミックスも初期のエレポップの頃は大好きです。
80S初期から中頃位まで多かったソウルフルなVoと
エレクトリックサウンドの組み合わせはいいですよね〜♪
個性的なヴォーカルと無機質な電気音楽が
お互いを引き立て合いますよね(・∀・)。
O-dash。
2008/04/04 23:29
>ダメ王さん
バラして、どぉすんじゃw
なかなか花見できないできないですね〜

はは、もっと想像働かせてみてください^^
ジャム80
2008/04/04 23:59
>O-dash。 さん
ども^^おひさしぶりです
ほぉ再結成ですか〜どんな音楽やるんでしょうか
やっぱり今の音に沿った形でいくのかな・・
24年の歳月が経ってお互いに色んな音楽に携わってたりしますから興味深いですね!!


ユーリズミックスの初期のエレポップの頃というと
『Touch』までぐらいなんでしょうか。

80S初期から中頃位でソウルフルなVo+エレクトリックサウンドの組み合わせというと、あまり詳しくないもので^^;
ブロンスキービートぐらいしか思いつきません(泣)
けど、ありゃ中期〜後期か・・・(しどろもどろ;;)

>個性的なヴォーカルと無機質な電気音楽
いい表現ですね^^使わせていただきますw
ジャム80
2008/04/05 00:16
今頃すいません;(^ω^;)
ソウルフルヴォイス+エレクトリックサウンドは
広い意味でのニューウェイヴのエレポップ系では後は
80s初期のファンカラティーナ系
(ファンク+ラテンのニューウェイヴダンスミュージック、
代表的なのはヘアカット100、初期カルチャークラブ等)
80s中期のヒップホップラップ系
(プリンス+チャカ・カーンetcの「I feel 4 you」等)
が代表的な感じです。
80sはエレクトリックサウンドでなくても
個性的で上手いヴォーカルばかりでしたね。
最近は上手いミュージシャンは多くても
個性が強いと言うタイプは少ないですね。
アクが強い位わざとらしいバンドはいますけど。
O-dash。
2008/04/23 21:42
>O-dash。 さん
初期〜中期ともにわかりやすく例えていただいてありがとうございます^^
ヴォーカルも聴くだけでU.K発!とかピンとくるものがありました。
最近は当てにかかるとよく外します。。チーん
ジャム80
2008/04/25 20:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アリソン・モイエ 『RAINDANCING』 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる