【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS トム・ぺティ ”Free Falling”

<<   作成日時 : 2008/04/09 01:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 7

90%以上当たると噂されている性格診断サイト(!)と
性格診断結果から未来を予測できるアイテム(?)をご紹介します。



 「人間研究所」のサイトで、さっそく性格診断!!
 診断は[さっそく診断]ボタンから行うことができます。
 もちろん診断は無料!
236種類の性格に分類されるので高確率

興味のある方は、どうぞ^^
 ⇒  [さっそく診断]

 50の質問に「はい」「いいえ」「どちらともいえない」の
 3択で回答してくださいね♪




 結果:No.119自由奔放タイプ!


なるほど^^;
当たっていると言えば当たってるし、ハズレてるとこも
「好奇心旺盛で、時々わがまま、周りからイイ人に見られる。。」
これって誰にでもあてはまるコトだし、、
無難に占われた気もしないでもないw
でも、『自由』という響きは、心地良いですね^^


『自由』と言えば最近読んだ本『人間を磨く言葉』/鍵山秀三郎 
紹介されていたフランスの作家・アンドレ・ジットの
【真の幸せは、自由の中にあるのではない。
義務の甘受の中に存在する】という1節を思い出します。



本と言えば今夜は第5回本屋大賞受賞の日でした。
『ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎・作』が選ばれました。
本屋の店員さんが選ぶ本というところが奥ゆかしい
まだ、読んでいないので明日にでも買いに行こうと思います。



さ!今日の音楽紹介
Tom Petty - Free Falling (1989年)

今年2月4日に行われた全米の1大イベント
【スーパーボウル】のハーフタイムショーでも聴かせてくれた曲です


ポール・マッカートニー、ストーンズと務めた大役を
トム・ペティが演ったことにファンとしては嬉しく思います★


『Full Moon Fever』(1989年)
画像
















Full Moon Fever
Full Moon Fever

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【Traveling Wilburys】何故Vol.1とVol.3なのか?
6月の記事をリイシュー。きっかけはオリコン、洋楽アルバムチャートです。なんと本ボックスが23位ですよ!(イングランドでは見事1位になったようだけど)、結構値が張る物だし大健闘じゃないですか!世の中見捨てたもんじゃないを記念して ///////////////////////////.. ...続きを見る
m2音楽の旅
2008/04/09 20:47
トム・ぺティー 【FULL MOON  FEVER】
 アメリカを代表するR&Rバンド、トム・ぺティ&ザ・ハートブレーカズのフロント・マン、トム・ぺティ初のソロ・アルバム ...続きを見る
センチメンタル・カンガルーのジュークBO...
2008/10/16 17:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャムさん、僕も占ってみたら、同じタイプでした。
>無難に占われた気もしないでもないw
同感wでも、「創造力がある」というのは、嬉しいです。

伊坂の『ゴールデン・スランバー』、読みましたよ!
ドラマとか映画になりそうな内容ですねw面白かったですが。

トム・ぺティのご紹介のアルバムからの89年のヒット、アイ・ウォント・バック・ダウンは勿論、フリー・フォーリンも好きです。
訛りのあるであろう、粘っこいボーカルがいい味を出しているロッカーですね。
ysheart
2008/04/09 12:39
お久しぶりです。トラヴェリング・ウィルベリーズのキッカケになったという意味において、歴史的にも重要なアルバムですよね。
デビュー30周年の今年は、映画も製作されたらしいしきっと話題盛りだくさんですよ。勢いでオリコン・アルバム・チャートで1位に!(無理か)
m2
URL
2008/04/09 20:52
>ysheart さん
1/236の確率ですかw

さっそく『ゴールデン・スランバー』買って読んでます^^
まだ容疑者が浮かび上がってきたとこですけど。
書店まで行ってタイトルを忘れてしまい店員さんに
「昨夜、本屋大賞を受賞した本ください」と言ってしまいました。。
すると、ちゃんとVIPな場所に置かれてました^^
まんま、本屋の戦略に乗ってしまったかなww



アイ・ウォント・バック・ダウンをどちらかというと紹介したかったんですよ!「自由」という言葉に束縛されちまったかな^^:
その前のアルバム(87年)もボブ・ディランとコラボってるから好きです。
最近はロックベストアルバム100選なるもので『破壊』が選ばれていたので、また聴いてみようーと思ってました。

>訛りのあるであろう、粘っこいボーカル
きっと、サザン訛りでしょうね〜ww
金髪サラサラにサングラス、ギター飾りのない音楽は永遠ですね♪
ジャム80
2008/04/09 23:10
こんばんわ^^
そーですね!ある意味トラヴェリング・ウィルベリーズの複線になってると思います。E.L.Oが86年に、ジョージ・ハリスンが88年とそれぞれが復活作をヒットさせて集まったというのも意義があったように思います。
『ヴォリューム・ワン』は思い入れの強いアルバムだけにロイの死が悔やまれます。。

映画???は初耳でした!!
なんか武骨な役柄が合いそうですね^^多くを語らないみたいなw
いまいち、日本ではB級っぽいので、、、
もっと日本のファンが増えれば夢じゃないかも★
ジャム80
2008/04/09 23:25
No.93明るく気ままなタイプ!
でした(笑)
よく友達にも言われます・・・。
要は気分屋ですけどね^^:
らす
URL
2008/04/12 21:59
こんばんわ^^らすさん
No.93明るく気ままなタイプ!の方って多いんですね!
該当するブロガーさんの幾つかの記事も拝見
やっぱ、気ままは、イイわ〜〜w
周りを明るくできる、それだけでもスゴイ事です^^
ジャム80
2008/04/13 20:11
ジャム80さん こんにちは
早速 診断してみました。。。
結果は>すこし子供っぽいタイプ !!
自由奔放でわがまま>>人に気を使う>>大人になれない>>
そして最後に。。。恋愛下手!!!
人生損してる。。。(笑)
みるく
2008/11/18 11:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トム・ぺティ ”Free Falling” 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる