【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 下関旅行記2日目〜Monkey

<<   作成日時 : 2008/05/06 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

旅行2日目
民宿の前は海
それにしても午後7時だというのに、この明るさ!
もう夏はそこまで来ているw
画像


午前8時、荷物を積み込み宿を後にする
どこに行くアテもなく雑誌に絶賛されて載っていた
【リフレッシュパーク豊浦】を目指す!
ところが、開園時間の8時半に着いたものの

GWなのに誰もいない・・・
入場料\200を取り戻すべく?1時間ぐらい花を見て楽しみました。。。
退園した時も駐車場には車が1台だけ。
むろん、自分の車ですが・・・


宿を出て、すぐにガソリンスタンドへ寄った際
県外ナンバーという事もあり親切に対応していただきました^^
山口県西部のドライブマップも渡してくれました★
どこへ行くのか?と聞かれたので
あてはないが、【リフレッシュパーク豊浦】にとりあえずと言った瞬間の
店員さんの驚いた顔が忘れられません。
焦燥しつつ『あ、安いですからね、あは』
う〜ん。。。やっぱり。。。
地元の人の進言は聞くもんだな〜と思いつつ
店員さんが薦めていた【角島(つのしま】を目指す事に



無計画で始まった今回の旅行のテーマは
『運にまかせて』ですから
初日の宿が山陰線上にあった事自体

意識は既に山陰♪



川棚温泉に立ち寄る時間も惜しんで
一路、山陰線(国道191号)を北上


そして、ついに角島大橋が眼下に広がってくる
画像



橋を渡りきってしばらく行くと
目を見張る様な絶景が!!
画像



画像




画像



現地で獲れたサザエ&イカも いただきました
画像




画像





画像




【角島灯台】
画像




角島を後にした頃から、空模様が怪しくなってきました
今日は早めに宿を探さねば雨の中の徘徊はツライ
そこで10年前に立ち寄った【俵山温泉】を思い出し
山陰線をさらに北上、長門方面へを走らせる



途中、どうしても気になる和菓子屋を発見!!
急ブレーキを踏んで駐車場に入りました^^;
画像

場所的には海岸沿いで流行っている雰囲気こそ感じなかったのですが
店中に入って、その品揃いにビックリ!!
おそらく、かなりの有名店なのでしょう。。。
帰ったらネットで調べてみようという気さえ起こりました。



面白いもので客の車は1台も駐車場に入っていなかったのに
私がカメラを構えて店の構えを撮っていると
県外ナンバーのが次々に押しかけてきて
ついには、駐車場が満車で混雑してきました^^;マジ?!




店内でわらび餅をいただきました
沖縄産黒糖を使用した黒蜜をワガママを言って
必要以上に準備してもらいましたww
画像




午後2時には閑静な山奥にある【俵山温泉】に到着!!
若者が好んで選ぶお洒落な温泉街ではなく
1100年の歴史を持つ湯治場として有名★
杖をついた人が杖が要らなくなって帰っていったの等の伝説も有ります。
10年前に訪れた時と変わらぬ風景と雰囲気が


唯一、変わっていた事と言えば
『川の湯』がなくなっていたこと。


この【俵山温泉】は旅館に内湯がほとんどなく
先に挙げた『川の湯』、『白猿の湯』、『町の湯』という3つの温泉につかり
宿では、食事や就寝目的といった昔ながらのスタイルです。

長期療養客を対象とした個人向けの自炊宿という所が関係したのか
なんと1軒目で宿を見つけました!!


もちろん、GWというコトで観光客も多かったのですが
最初に訪ねた所の番頭が同郷の出身ということで
親切に他の旅館へ電話してもらいました。


紹介してもらった宿の御主人がイイ意味での変わり者で
言葉は粗いが、すごく親切で感激しました
部屋は離れの新築で、『好きなようにしてくれていいから』とだけ言い残し
食事は、予約もしてないので気兼ねしていると
わざわざ、誘いにも来てもらいました★
その間、前回寄った時に入れなかった【白猿の湯】を堪能し
料理の待つ食堂へ向かいました。


「うちは普通の旅館とは違うから」と言うだけに他のお客さんの姿は見えず
気を使うなという事だったので、砕けた楽しい雰囲気になりました。


さらには、【鹿の肉】を生まれて始めて食べさせてもらい
土地の話や御主人の話に耳を傾けつつ旬の竹の子料理も味わえました
楽しいひと時とお酒でホロ酔い気分になり宿に戻る頃には
頭や肩にポツポツと雨が落ちてきました



宿に戻り、部屋に付いている檜風呂に
御主人が薦めてくれた高麗人参の粉末を入れて入浴
湯気からは薬のような香りがして
風呂上りには身体が火照った状態になりましたw



そのせいか、なかなか寝付けず
窓に叩きつける雨の音を聞きながら小説を読み耽りました。
電気を消すと温泉街の至る所に描いてあった【猿】が頭に浮かびます。
ついには、激しい雨の中 猿が泣き叫ぶ声までも・・・
《つづく》


Monkey - George Michael(1988年)全米No.1



Shock the Monkey - Peter Gabriel(1983年)









Ladies & Gentlemen: The Best of George Michael
Ladies & Gentlemen: The Best of George Michael

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
二日目も飛ばしてますねぇ〜連休中に誰もいない穴場…考えられない、驚愕なシチュエーションに絶句(@0@)!!
俵山温泉は初めて聞きましたが、湯治にはピッタリな雰囲気☆

ジョージ・マイケルの『Monkey』は、なぜか好きな曲なんですよ〜あのテンポにハマったのかな?
それか…
これがホントのお猿のジョージだから?なんちゃって〜www
ゆかり
2008/05/07 19:11
お久しぶりです。ダメ王です。GWはすごい満喫されたみたいですね。。
GWはぼくはマンキツはマンキツでもマンガ喫茶にいました。。
夜王読破しました。

かえってネットで調べる、って行く前に調べるもんじゃないんですか??
旅行は行き当たりばったりもおもしろいですけどね。。。。

ダメ王
2008/05/07 21:33
>ゆかりさん
超穴場になってしまった公園・・・アレ2日目の朝一の出来事だけに
驚愕どころじゃなかったです^^:

俵山温泉は文面で紹介してませんが白猿の湯、町の湯と効能が違うらしく
さらにはそれぞれに1号と2号と浴槽が分けてあって効能が違うらしいです。
1号の浴槽の方が競争率が高かったです。

Monkeyは当時は苦手とする曲の類だったのですが
こージワジワと効いてくる効能があるのかな??
冒頭の猿がせわしく叫ぶあたりが捕まえて離さないんでしょうか。。

お猿のジョージと言えばジャック・ジョンソンしか浮かばないw
どんだけ音楽馬鹿なのオレはww


ジャム80
2008/05/07 22:01
>ダメ王さん
おひさしぶりです^^
愛するDSはお元気ですか?
日常と変わらない休日の過ごし方にダメ王さんの生き様を感じます!!

そうそう普通はネットで調べていくよな〜ww
でも、筋書きのないドラマっていうのも緊張感あって楽しいですぜ★
ジャム80
2008/05/07 22:06
ごぶさたですー
この旅は1人なのでしょうか?それとも。。。。なのでしょうか?
それによって見方がいろいいろ変わってきますw
ちなみに自分の出身は広島さんですけど
生まれたのは山口の周防大島なのです。。。。
どうでもいい小話でしたw
takax
2008/05/07 23:21
>takaxさん
ぉ久しぶりとにーです!
なるほど。。。たしかに。。。見方が。。
俵山温泉の象徴は猿で、見ざる、言わざる、聞かざるの三猿饅頭が有名で・・・って事で黙秘を通そうかと思ったのですが・・・・。
聞きたくても聞けないというところを打破したtakaxさんの勇敢さを称えてお答えしましょう。。。残念ながら。。1人ではなかったのです。

第三話でお話しようと思ったのですが、自分の独断で何でも決めてしまい車内も平和ではないこともしばしば^^;

一応、文章の方は1人でも2人でも、さほど内容が変わるものではございませんので、ご安心を♪なお比喩表現は一切ありませんwあしからズン


山口の周防大島の病院で生まれて広島の自宅に帰られとか?
すいません^^:小話にのめり込んでw
てっきりtakaxさんは愛知ーな人かと思ってました^^
周防大島は知らなかったのでWikiで調べたら
日本で最も高齢化が進んでいる島、リゾート化が進んでいるとありました。
すごく興味がわきますね^^

ジャム80
2008/05/08 00:21
お久しぶりです。こんにちは。
まるでロードムービーを見ているような旅行記ですね。カッコいいです!
民宿とかひなびた旅館ていいですよね。そこのご主人に土地の話を教えてもらったりとか。私も大好きですよ。続き楽しみにしてま〜す。
カーラビンカ
2008/05/08 11:57
>カーラビンカ さん
お久しぶりです^^こんにちわ
一味も二味も違う旅ができて嬉しく思ってるとこです^^
でも、周囲からは同情されちゃうんですなw
あ、でも予約していくとオレは客だぞ〜的って感じでいけるんですけど
無理して部屋をとると立場は逆転、感謝と謙虚な気持ちが持てるんですよね。
簡単に書きましたがガイドブックよりも深い土地の話も聞けて貴重でした。
ジャム80
2008/05/08 16:37
ジャムさん回答ありがとうございます。
見ざる聞かざる言わざるでスルーを予想してましたがw
さすが漢や!
なるほど〜ふ〜んほぉ〜(独り言ですw

大島の件ですが
おっしゃるとおり母の実家が島で
島の病院で生まれたってわけです。家は広島だったんですけどね。
周防大島高齢化ですか・・・そうでしょうねぇ
従兄弟とかもみんな島にいませんからね。
みかんの産地で気候もよくいいところですよ、
1度機会があったらいってみてくださいな。
ちょっと昔当時の羽生名人(?)が谷川竜王(?)と対局してたのも
大島だったような(これまたどうでもいい小話
takax
2008/05/09 00:13
>takaxさん
・・・誰も女性とは限定してませんが・・・なにか?

ってココらでやめとこうww
本当、誤解されそうだから。。。


やっぱり、そうだったんすね!!
出生と出身を分けてた理由に納得しました。
話しが大きく揺れますが広島ってイケメン多いですよね〜
takaxさんもたまに顔出してて、そう思ってました(コレ本当)
最近では広島の女のコ達が音楽界に進出してて普通にカワイイと思います^^

島フェチな自分としては周防大島は見逃せないエリアですな★
ジャム80
2008/05/09 01:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
下関旅行記2日目〜Monkey  【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる