【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS Red Rider という名のバンド

<<   作成日時 : 2008/07/14 11:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

最近は80年代のサントラ盤をよく聴いています。



マドンナやジャーニー、スタカンの参加で話題になった
『Vision Quest』(1985)などは、改めて聴くと秀逸な作品だな〜と思います。
画像



その中でも正体不明さが以前から気になるバンド【Red Rider】
どうやら、、カナダ産のバンドと聞いた記憶も。。。




Red Rider - Lunatic Fringe



この曲は、05年、阪神タイガースが甲子園球場で試合を行う時に、
ジェイミー・ブラウン投手がテーマソングとして使っていたようです。


さらには、今年の格闘技パンクラスではクリス・ライトル選手が
選手入場曲として使っていたことも判明しました。



映画『Vision Quest』の内容もアマチュア・レスリングに青春を懸ける
少年の姿を描いたスポーツ青春ドラマという事なので
”Lunatic Fringe”という曲の持つ独特な雰囲気がスポーツの勝負に
求められる緊張感やら高揚感やらに合っているのでしょう^^



Youtubeでは鬼才トッド・ラングレンの”Lunatic Fringe”も観れます。








Youtubeを掘り下げて観てみるとカッコイイ曲があったのでコチラも紹介

Red Rider - Light In The Tunnel/Human Race



物腰の落ち着いた演奏になにやら不気味ささえも感じます^^;
それもそのはず、、、彼らの結成は70年代!!
『Vision Quest』のサントラにおいても参加アーティストの
DIOやフォリナーなどに引けをとらないベテランの実力派バンドだったのです。


それだけの歴史のあるバンドならと、アルバムを探すものの
ほとんどが廃盤の状態。。。。。。。。。
”Lunatic Fringe”や”Light In The Tunnel””Human Race”は
↓のベスト盤には収録されてあります
『Over 60 Minutes With Red Rider』
画像









さて、このバンドのフロントマンであるトム・コクランがソロになって・・・
とは言ってもアルバム等の名義は【TOM COCHRANE & RED RIDER】ですが



下の2曲がアメリカでヒットし始めると
一躍日本でも知る人ぞ知るバンドになったみたいです。



Tom Cochraen & Red Rider -Boy inside the man(1986)



Tom Cochraen - Life Is A Highway(1992)



特に”Life Is A Highway”は誰しもが1度は耳にしたことのある曲で
その後も映画「カーズ」(ディズニー映画)での挿入歌
日本では大橋巨泉出演の・・・えーと・・(番組名忘れ)に使われました^^;


管理人は、92年の全米ヒットでトム・コクラン氏を知りました。
ギターを持って歌い続ける彼に何の興味も湧かなかったというのが本音!


”Life Is A Highway”という曲自体は脳ミソを疾走していくほどの
ドライブ感が最高でしたが、それを演っている彼に、個性を感じませんでした。



当時は、まさかRed Riderと縁の深い人だとは思いもしませんでしたし・・・



『Vision Quest』〜23年の歳月を経て
”Lunatic Fringe”のRed Riderと”Life Is A Highway”のトム・コクランが
管理人の中で、初めてリンクしたのです
(・∀・)ィィネ!!(・∀・)ィィネ!!(・∀・)ィィ――ネ!!



私個人が持った彼らの素朴な印象、80年代らしからぬ淡々としたプロっぽさ
またCM性やファッション性のなさが余計に彼らの名を揚げることを
しなかったのでは・・・と思えてきます。


実際、時代が変わってリスナーの聴く位置や見方が変われば
素晴らしいバンドだったのではないかと。。。


これからは、バックナンバーのような形でTom Cochraen & Red Riderを聴いて
このブログでも取り上げていきたいと思います



Mad Mad World
Capitol
1992-02-17
Tom Cochrane

ユーザレビュー:
土臭いアメリカの兄ち ...
カナディアンロッカー ...
あぁ、やっと見つかっ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
JAM80さん こんばんは☆
サントラ第2弾!待ってました♪
「ビジョン・クエスト」!観に行きました☆
サントラはマドンナの「クレイジー・フォー・ユー」の
ためだけにレンタルして聴いていました・・・。
「Red Rider」は初耳なので
思いっきりスルーしてたんですね・・・。
顔も初めて見ました☆
トム・コクランの声の感じいいですね☆ハスキーで♪
知らないアーティストの曲が聴けて楽しかったです☆


PNA
2008/07/16 18:51
>PNAさん
おはようございます★
映画の方をレンタルで観賞、レコードは購入(LP盤)とPNAさんとは逆パターンでしたが、フットルースに次いで繰り返し聴いたサントラじゃないかな〜

マドンナのアルバム『ライク・ア・ヴァージン』ヘビロテ中だった私も
FMから流れる”クレイジー・フォー・ユー”が収録されていないのにアセって
慌てて買った記憶があります♪

もちろん、Red Riderはスルーしてました^^;
トム・コクランのRed Rider時代(限定で)の声って、どこかU2のボノに似てるような気がするんですけど・・・勘違いかなw




ジャム80
2008/07/17 09:31
JAM80さん こんにちは☆
私もトム・コクランの声がボノに似てると思いました!
顔はミック・ハックネルかドン・ヘンリー?!
なんて思っちゃいました・・。
「フットルース」のサントラは私も好きで
こちらのほうは全曲きちんと聴いていました♪
当時の「ベストヒットUSA」はベスト10が
ほぼ全部フットルースの曲で
ジャケットが埋め尽くされていましたよね♪
マドンナ大好きなんです♪
当時「ホリデイ」を歌ってるマドンナを見て
「こんなキレイな人が歌ってるの?!」と
かなりの衝撃を受けました☆

PNA
2008/07/17 13:40
>PNAさん こんにちは^^
確かにミック・ハックネルの様な童顔+ドン・ヘンリーの老い方といった感じですねww
「フットルース」の勢い止まらず日本のドラマの主題歌、渡辺美里のデビュー曲と84年〜85年の2年間はファミコン人気にも劣らずでしたね^^

「ホリデイ」などの初期のダンサブルなナンバー発表時は黒人の受けを狙って
白人女性とわからないようにジャケットに顔を出さない工夫をしたとか。。
今、考えれば滑稽な話ですよね^^;
衝撃と言えば最近ジャステティンと共演した彼女・・・見事な動きです★
ジャム80
2008/07/19 11:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Red Rider という名のバンド 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる