【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS マイアミ・サウンド・マシーン -Words Get In The Way

<<   作成日時 : 2008/08/27 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

夏の風物詩と言えばラテン・ミュージック
『夏の残り香』第3弾はこの曲


Miami Sound Machine - Words Get In The Way
(1986)全米5位
※映像の方はLiveで86年当時ではない模様です
(グロリアの顔立ちから判断w)


↑コチラはアコースティック・ヴァージョンになっていて
原曲を紹介できないのが残念;;
画像

『Primitive Love』(1985)全米21位、年間チャートでは全米10位の快挙!!



もろラテン色の”コンガ” (全米10位)、ポップ色の”バッド・ボーイ” (全米8位)
と立て続けにヒットを飛ばして3rdシングルとして送り出されたのが
”ワーズ・ゲット・イン・ザ・ウェイ”でした


マイアミ・サウンド・マシーンは、もともとは、スペイン語で歌っていて
以前も紹介しました"Dr.ビート” (1984)から英語で歌いヒットを記録
そして『Primitive Love』(1985)のヒットで一躍メジャーに
次のアルバム『Let It Loose』 (1987)では
グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーンと
さらに長い名前に変わりカセット・レーベルを手書きで書いていた人の
誤字・脱字・イライラを誘ったものでした^^;


『Cuts Both Way』 (1989)ではグロリア・エステファンのソロ名義になり
名前が短縮されて、、スッキリしました
このまま、アルバムの度に改名していくのか〜と思いきや
それは、ありませんでした^^



ネーミングの話題をもう少し引っ張ると
彼らは70年代中期から既にバンド活動をしていて
そのときは 、マイアミ・ラテン・ボーイを名乗っていたようです
それにしても、直球でわかりやすいネーミングばかりなのは
ラテンの陽気な音楽性と英語圏外だから?というのが関係している気も・・


78年には、グループを率いていたエミリオと
紅一点のグロリアが結婚して熱海に新婚旅行に行っているとか


90年代以降は妻・グロリアの話題に尽きません。
交通事故からの見事なカムバック
全曲スペイン語でのアルバム発表、
アトランタ・オリンピックでのパフォーマンスetc・・



忘れてはいけないのが、旦那でプロデューサーのエミリオの活躍!!
今や、グロリアよりも彼の方が名声を得ているといっても過言ではなさそう。。
彼が手掛けたアーティストの作品群を↓に用意してみました



Thalia-Piel Morena(1995)






Thalia - Amor A La Mexicana(1997)






Shakira - Ciega Sordomuda(1998)





Ricky Martin - Livin' la vida loca(1999)






Thalia - Arrasando(2000)






Mandy Moore -In my pocket (2001)




押しも押されぬスーパースターとなったShakiraに
英語で歌うことを強く勧めたのがエステファン夫妻と言われています。


この他にもエミリオがプロデュースに参加して
グラミー賞を受賞したキューバのCACHAOのアルバムなどがあります★
画像








80年代に活躍したアーティストが、裏方に回ってでも
音楽界に才能で寄与しているというのは本当に嬉しいことです^^




ベリー・ベスト・オブ・グロリア・エステファン
Sony Music Direct
2006-11-22
グロリア・エステファン
ユーザレビュー:
ラテンの女王は今も健 ...
まさにベリー・ベスト ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
夏の残り香が、秋風や木々の香りにとけ込む季節になりましたね。。( ̄ー ̄)細川俊之かw

これからの時期にも、グロリアの曲は合いますね。
89年の「Don't Wanna Lose You」は、受験生の時期です。96年アトランタ五輪の「Reach」も良いですね。

Primitive Loveは、結局CDを後で買いました。CongaとFallin in Loveは大好きです。Words Get..はアコースティックVer.も、原曲を知っていれば、よさは十分に伝わりますのにね。

>押しも押されぬスーパースターとなったShakiraに
英語で歌うことを強く勧めたのがエステファン夫妻

エミ「ぜったい英語のほうがいいって!」
シャキ「……英語のが?」
エミ「ウン、絶対に」
グロリア「そうだよね」(←夫の横で肯きながら)

そんな感じですかね(笑)

日本の熱海ってどんな魅力がある場所だったか聞いてみたい、なぜに熱海かと(笑)。熱海で泊まった体験ないので。南国風情?

グロリア、エミリオと共に長く安定的に活動、リスナーとしても嬉しいです^^
ysheart
2008/09/01 18:43
>ysheart さん
”Don't Wanna Lose You””Reach”ともにこれからの季節にピッタリですね^^”Reach”は、英語の歌から離れてアルバムを出していた時期があっただけに復活の狼煙といった言葉がハマります。

ははは、ウケるww
実演ありがとうございます^^
熟れ始めてから・・・失礼 売れ始めてからのShakira のプロデュースはエミリオではないのが、少し残念な気もしますけどね〜

熱海にセレブなニオイは感じないのですが、彼らからしてみれば一応は海外旅行★
浮世絵みたいな風情に憧れて足を運んだのではないかと察します。
にしても、渋すぎw

グロリア、エミリオともに自国の音楽を大切にしながら名声を得られたのは素晴らしいです^^


ジャム80
2008/09/02 00:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マイアミ・サウンド・マシーン -Words Get In The Way 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる