【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS マイケル・フォーチュナティという人

<<   作成日時 : 2008/09/19 16:41   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

80年代に旋風を巻き起こしたユーロビートの先駆者だったM.フォーチュナティ



すっかり忘れてました・・・


イタリア生まれでベルギーでデビューという変わった遍歴の持ち主
(案外、ヨーロッパのミュージシャンにはこういう人が多い^^;)





Michael Fortunati - Give Me Up(1986)ベルギーNo.1、フランスNo.1

Michael Fortunati - Give Me Up
アップロード者 RQC95FM.




この曲のヒットで一躍、ユーロビート&ハイエナジーが日本でも注目されるようになったと思います。
さらにはカバー組まで出てきて、これまた、すっかり忘れていたガールズ・デュオBaBeまで出てきて
ダンスフロアのみならず日本列島のお茶の間にまでユーロビートが進出する始末★



さらには、BaBeをルックスで凌駕してしまったのか、その後の人気を取って替わってしまったWINKの登場



荻野目洋子も長山洋子もこの手の路線でヒットを飛ばしていたのもこの頃
他には森川ユカリや石井明美とかもいましたね〜
しいて言えば1年ほど前に荻野目洋子の”ダンシング・ヒーロー”の方が
いち早く歌謡曲にハイエナを持ち込んではいたのだが。。。



日本の歌謡曲界の洋楽カバーの傾向は、アメリカの青春映画
(たとえば、『フットルース』や『ストリート・オブ・ファイア』など)が謳歌していたのですが
”Give Me Up”上陸以降は、ユーロビート系からのカバーが目立ってきました。




管理人の当時を振り返ると、アメリカ、イギリスのメジャーなチャート誌に載らないアーティストは
どちらかというと、軽視する傾向にありました。
しかし、”Give Me Up”だけは特別でした^^;



ギ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ミーアップ♪ ウオーオーオー(・∀・)人(・∀・)ギミアップ♪





これは、後に知った事ですが、1955年生まれの彼は”Give Me Up”がヒットを記録した頃には
31歳になっていたというから、新鮮なイメージとは裏腹にキャリアを積んでいたのかもしれません。
マイケルの音楽遍歴が実はよーわからんのです。。。










Michael Fortunati- Into The Nigh(1987)


つか、”Give Me Up”とイントロ〜曲調まで おなじに聴こえるし・・ (;・∀・)
あの頃より鮮明にそう思います



田舎の中学生だった管理人は、お店では、黒服の目を騙し、
市街では補導員に捕まらないよーに変装に工夫を凝らしたものです♪
なんせ、、丸坊主でしたからwww

 ダッシュ!−=≡ヘ(*・ω・)ノ


”Into The Night"を踊りたいがために11時の終電に間に合わず
公園で友達と夜露に震えた光景をも想い出します。。。。



ことマハラジャ・グループの総帥、MASARU NARITA氏のカバー・ヴァージョンのテープを
手にした喜びは、今でも記憶の片隅にあります^^



その後、ユーロビートが蔓延し過ぎて飽和状態になった頃
自分の中でも、いつしかマイケル・フォーチュナティという人は消えていってしまいました。。。
今頃、彼は何をやっているのでしょうか




GIVE ME UP-COMPLETE BEST OF MICHAEL FORTUNATI-
Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M)
2008-04-02
マイケル・フォーチュナティ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マイケル・フォーチュナティ、すっかり忘れてた;

カブるのが、ブーム・ブームのポール・レカキスとか、ギヴ・ユー・アップのリック・アストレーとかww

Babeは、普通っぽさを売りにしようとして普通過ぎて消えたという印象です;

>アメリカ、イギリスのメジャーなチャート誌に載らないアーティストは
どちらかというと、軽視する傾向にありました

僕もそんな感じでしたぁ〜中高生当時ってどうしてあんなに意固地だったのか…w
ysheart
2008/09/20 23:41
>ysheart さん
ポール・レカキスもすっかり忘れてたw
彼こそがワン・ヒット・ワンダーといったところでしょうか^^
リック・アストレーの声は今聴いてもユーロビート向きではないですね。
ソウルフルな伸びのある渋い声なので、もっと多方面に活躍できそうな気がしないでもない^^;

Babe評ありがとうございます。
確かに、どこにでもいる女の子という感じでしたもんね
ysheart さんにとっても、ジャムにとっても彼女達は、いちお、お姉さん世代んですよね〜なんか不思議な感じです。

>中高生当時ってどうしてあんなに意固地だったのか
あの頃に培われた『こだわり』が今も活きてるようなw


ジャム80
2008/09/21 22:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイケル・フォーチュナティという人 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる