【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 80年代洋楽のCM集【ノエビア化粧品編】

<<   作成日時 : 2010/05/22 17:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

ノエビア化粧品と言えば航空機と心地よい音楽




画像

コスメティック・ルネッサンス~ノエビアCM HITS!~
上記、オムニバス盤が発売されるほど




  ノエビアは激あつ(〃▽〃)



しかしながら、収録曲は邦楽ばかりなので
80年代洋楽(主に中〜後期)を取り扱う当ブログとしてはココで洋楽CM編を






デビッド・ボウイとシーナ・イーストン使いのカット




デビッド・ボウイは84年9月発のTonight から”Blue Jean"が使われています
この曲は先に挙げたアルバムの先行シングルとしてヒットしました




一方、シーナ・イーストンの方は”マシーナリー”が使われています
その曲のタイトルのアルバムは廃盤ですが・・・・・(lll-ω-)ズーン
ベスト盤には収録してあります









続いてはフレディ・マーキュリーとカルチャー・クラブ使いのカットから



まずは、フレディ・マーキュリーの”ボーン・トゥ・ラヴ・ユー”
この曲はフレディ初のソロアルバム『MR.バッドガイ』(85年発)からのシングルで
クイーンを率いて大成功していた彼のソロにしては、セールス的にはおやっ
しかし、アルバム中にはクイーン時代にはなかったフレディの世界観が拡がっていきます。
当時は親友がMTで持っていたものを借りて聴いていました
その時は、それほどまでに良いと感じなかったものが大人になって『バルセロナ』を聴き
バックナンバー的にこのアルバムを聴いたら涙が滲んできそうなほどの感銘を受けました。
彼の死後に聴いた時などは、またひと味違った感動を覚えました。。。



『MR.バッドガイ』には"There Must Be More To Life Than This/生命の証"が収録してあります。
この曲は、もともと彼が昨年、故人となってしまったマイケル・ジャクソンのために書いたといわれる曲。



皮肉なことに彼の実在しない現在(いま)となって非常に希少価値の高いアルバムとして取引されています。。



さらにフレディと言えばノエビアがブルーインパルス・シリーズ('96. 8〜'97. 8 )
クイーン の”DON'T STOP ME NOW ”が使われていました^^
フレディの声と大空に飛び出すイメージが合うのを再確認できたCMでした。




そして、Youtube画像のもうひとつカルチャー・クラブの”ドント・トーク・アバウト・イット”
カルチャー・クラブはデビュー作から順調に名実ともにスターの座を手にいれて
発表した85年発の『ウェイキング・アップ・ウィズ・ザ・ハウス・オン・ファイヤー
当時はタイトルが長かったからなのか邦題で『ハウス・オン・ファイア』と呼ばれていた記憶も。
このアルバムは前の2作と比べて やや地味な印象もあり駄作扱いされていました。
ここから全米No.1ソングも生まれていないことを理由に挙げているのだったら悲しいですね^^;



私的には初めて聴いたカルチャー・クラブのアルバムだったのです。。。
収録1曲目の”デンジャラス・マン”こそがカルチャー・クラブと私の扉でした。


2曲目の”戦争のうた”では、反戦を掲げているボーイ・ジョージに胸を打たれたなんてベタなことは言いません。
日本語で『戦争反対!戦争反対!』とカタコトに歌っていたボーイの声を聴いた時に
社会の授業で習った言葉『世界で2番目に豊かな日本』を想い描いたものでした。
それがゆえ、ボーイは経済大国・日本にお願いしてるんだ〜〜と。
そして日本で生を受けたことに誇らしげに胸を張ったものです。。。


青かったな〜〜ww



そして5曲目の”ミステイク・ナンバー・スリー”は
私にとって生涯2番目の失恋のテーマ曲に仕立てたほど
メロディ・ラインが甘くせつない・・・歌詞もわからず涙してましたw



『ハウス・オン・ファイア』はそれだけ思い入れの強いアルバムでした。
その中で群を抜いて出来が良いと言えるのがノエビアCMで使われた”ドント・トーク・アバウト・イット”
もっと賞賛を受けても良いと思うし、知らない方には一度耳にして欲しいと思います。





この後にもティアーズ・フォー・フィアーズの”ルール・ザ・ワールド”
ジェネシスの”インヴィジブル・タッチ”やエイス・ワンダーの”浮気なテディボーイ”なども使われていましたが今回は割愛させていただきます<m(__)m>




それにしても、、、ノエビアが起用するアーティストのほとんどがイギリスなんですねΣ\( ̄ー ̄;)
なにかのこだわりでしょうか。。。





90年代に入りしばらく航空機のカットがないな〜と思いきや
2005年に復活してました( ̄ー ̄)ニヤリ
MAROON5の”She Will Be Loved ”使いのCM


やはり時代のせいか・・・映像もキメ細やかで鮮明ですw





実は、この記事を書いている途中に偶然にも
ノエビア化粧品の洋楽CM曲のコンピ・アルバムが出ているのを見つけました( ̄□ ̄;)
かなり希少価値たいですね!
下に紹介しておきます




次回も洋楽CM曲を取り上げますが、某酒造メーカーのCM集とだけ予告しておきましょう(*´∀`)では


ボーン・トゥ・ラヴ・ユー~ノエビアCMヒッツ-インターナショナル
EMIミュージック・ジャパン
2003-09-26
CMソング

ユーザレビュー:
とても懐かしいです♪ ...
私を当時虜にした曲ば ...
ボーン・トゥ・ラヴ・ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャムさん、こんにちは。

ノエビア化粧品のCM、何だかすごく懐かしいです。
あっ、でもこちらで紹介されているものは全部懐かしいのですがね^^;

>ノエビアが起用するアーティストのほとんどがイギリスなんですね

あっ、ホントだ!! 言われて初めて気づいた・・・。
何か関係あるんですかね?そもそもノエビアって日本の会社なんだろうか?
それとも外資系なんだろうか?
ここの化粧品は使ったことないから分からないですわ。

私がノエビアCMで使われた曲の中で一番好きだったのは
「ルール・ザ・ワールド」ですかね・・・この曲も、もう四半世紀前なんですよね。
う〜〜ん時の流れを感じます。

次回は酒造メーカーですか!?
どこかな〜あそこかな?意表つくような人が出てきます?^^;
フフフ、楽しみに待ってます^^

クミ
2010/05/26 11:23
>クミさん こんばんは^^

洋楽のCMっていうと、なぜか最優先でノエビアがきます^^
化粧品なって買ったこともないのに不思議ですwププ
ノエビアって国産メーカーじゃないんすかね??
イメージで言ってみました<m(__)m>

僕もルール・ザ・ワールドのCMの好きでした。
水滴が落ちて波紋が広がるようなイントロ(わかりづらい妄想表現ですw)と
うまくマッチングしてると思います!

記事中で省略してしまったのは、Youtubeで画像を見つけることができなかっただけです(;・∀・)

もう四半世紀ですか・・・
1世紀は生きてやるぞ〜〜(意味不)


お酒のCMってくくりだけですごい量のCMがあったので
メーカーごとに分けてみたのです♪
それでも、かなりの量ありましたけどw
乞うご期待^^


ジャム80
2010/05/26 20:31
早いもので、6月ですね。化粧が似合う季節になりましたね(するんかいw)。

ノエビアの洋楽といえば、僕は「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」が先ず浮かんできます。当時、あの印象的なハイトーンのサビの部分を聴いて、一生懸命、歌い手を探したものです。スグ見つけられたはずだけど…(笑)

そうですね、「ルール・ザ・ワールド」の水滴ーなイメージ、分かる。これからの季節の感じにも思えます。

シーナ・イーストンといえば、僕は、「ストラット」の流れるCMのほうが印象に残っています。わりと好きなアーティストでしたが、今は元気なのかー!
ysheart
2010/06/01 10:24
ysheart さん こんにちは^^
最近はというか梅雨って こんなに到来遅かったかな?
というぐらい気持ちのイイ天気が続いております。
ysheart 〜西野カナ・メイクの章も楽しみにしてますね(笑)デヘ


ボーン・トゥ・ラブ・ユーは僕も稲妻走りました!
フレディとクイーンがイコールという認識がまだなかったので
ysheart 同様に歌い手探しに奔走しました^^;


水滴と言えば、スティービーワンダーの”オーバー・ジョイド”もそんなイメージだったような(笑)


う〜ん。。これは偶然なのか^_^;
実は次回の記事がシーナ・イーストンなのです。
心中、読まれてたかな(笑)











ジャム80
2010/06/01 12:46
大変ご無沙汰しております。

ノエビアのCMとても素敵ですね。懐かしくもありますが、今聴いてもおしゃれでとても印象的な曲ばかりですよね。

洋楽ではありませんが、ノエビアのCMといってふっと鈴木トオルの『スローモーション』が浮かんできました。懐かしい〜LOOKとか大好きだったし〜
すみません、脱線しました…
またお邪魔します。
ねえ
2010/07/01 19:24
>ねえさん おひさしぶりです^^
時折、ブログの方にも遊びに行っていました。
更新されておらず、往来を繰り返しておりました(笑)

鈴木トオルのはよく覚えてます!
中森明菜のオリジナルの方も好きなんすよ〜
んでも、こっちの方はより深みとかすれた声がマッチしてて夏っぽい感じがします^^
いつしか・・カラオケでもシャイニオン〜歌わなくなったなあ〜(笑)

LOOKと言えば板チョコ好きのオイラがもっとも絶賛したいチョコで
もちろん、オリジナルがフルーティで最高( ̄ー ̄)ニヤリ
すみません、脱線しました・・・

また是非お付き合い下さい♪

ジャム80
2010/07/03 13:52
はじめまして〜。
80年代の洋楽に関するブログを読み歩いていてたどりつきました。
ノエビアのCMはかっこよかったですね。

ところで、シーナ・イーストンのナンバーは「マシーナリー」ではなくて「リトル・テンダネス」だと思うのですが…。
あ、あと、ノエビアは国内メーカーですよ。
最近副社長のスキャンダルがあったような。
ふっちゃん
2010/07/24 15:21
>ふっちゃんさん こんにちは^^
ご訪問ありがとうございます!
ご指摘のとおり”リトル・テンダネス”で間違いありません。

ノエビアはそんな気がしてたのですが確信がなくて助かりました^^

コメントへの返信が遅れて迷惑をおかけしますが
また是非 お立ち寄りください^^
ジャム80
2010/09/09 17:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
80年代洋楽のCM集【ノエビア化粧品編】 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる