【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ロス・ロボス ”La bamna”

<<   作成日時 : 2010/10/09 14:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

先週まで時々聞こえていた蝉の声もぱったり聴けなくなりました。


夕方に近づくにつれ蝉の鳴き声と秋の虫の声の織り成すハーモニーに耳を傾けながら


・・・・今年は異様だな。 と思いながら まとめ買いしたタバコを吸ったものです。


圧縮袋に押し込んだ毛布を  青空の下に解放してあげると



クローゼットに溜まった澱んだ空気も秋の風がさらっていってくれるような気がします。



そんな夏と秋の交差点に想い起こされ、この曲が脳裏をよぎるのです


画像

Los Lobos - La bamna(1987)全米No.1全英No.1

Los Lobos - La bamna
ã�¢ã��ã��ã�­ã�¼ã��è�� gaimon5656. - ä»�ã�®é�³æ\½å��ç�»ã��ã��ã�£ã�¨èU�ã��ã��


わずか17歳で飛行機墜落事故に遭遇し、夭折したヒスパニックのスター
リッチー・ヴァレンスの生涯を描いた映画『ラ・バンバ』の同名主題歌です!



元々はメキシコの民謡曲で結婚式などでも歌われていたものを
事故死したリッチー・ヴァレンスが1958年にロック調のアレンジを加えヒットさせました.



面白いことに1958年暮れに発売された”Donna”という彼の最大のヒット曲(全米2位)のB面に収められていて
彼の死後に独り歩きして注目を浴びていったようです。




・・・そして役30年の時を経て 同じメキシコ系アメリカ人のバンド ロス・ロボスが大ヒットさせるのです。



意外にもこの曲イギリスの方が4週間早く1位に輝いているのです。
この頃のイギリスのチャートは懐古趣向とまでは言いませんが割りにリバイバル・ヒットが多かったです^^;



アメリカでは8月29日から3週間首位をキープし、その後はオーストラリア・フランス・アイルランド・イタリア・ニュージーランド・スイスなどでもヒットチャートの1位を獲得するに至りました。



ロス・ロボスの方に話を移します!



バンドの結成は1973年とかなり古く正式デビューはその10年後のこと。。。




デビュー当初はブルース・ロック・バンドでジミ・ヘンドリックスやクリームなどのカバーをやっていたようです。



デビュー時の1983年にはメキシコのルーツ音楽とロックンロールを混ぜ合わせたサウンドで
ミニ・アルバム『...And a Time to Dance』を発表



フル・アルバムで完成させた2nd『How Will The Wolf Survive? 』は
ローリング・ストーン誌の年間最優秀アルバムを受賞し、あっという間に世界の注目を集めるようになります。
画像

(ロス・ロボスはスペイン語で複数の狼をさす)





しかし、マスコミ、評論家受けはするものの、チカーノ系のバンドや音楽性が大衆ウケはせず
マニアックなバンドとして存在していたようです。
日本などでは、ほとんど無名に近い状態でした。。。。。。



そして、映画『ラ・バンバ』のサントラ盤での起用 これが彼らの名前を一躍有名に。
サントラ盤では12曲中8曲をロス・ロボスが手掛けています。
ロス・ロボスとしては同じチカーノ系のリッチーの映画だし”ラ・バンバ”以前にも
彼のナンバーをカバーしていることからプレッシャーのないリラックスした仕事ができたのでは?と察します。



サントラ盤にはストレイ・キャッツのブライアン・セッツァーもエディ・コクランの”サマータイム・ブルース”
リッチーと同じ飛行機に乗り合わせて他界したバディ・ホリーの”クライン・ウェイティン・ホーピン”を
マーシャル・クレンショーがカバーしています。




87年はサントラ盤の全盛期ということもあり 当然アルバム『ラ・バンバ』の方も全米No.1を獲得



こんなにもチカーノ系の人々にとっても思い入れの強い曲(僕にとっても(・∀・))
だから・・・・パンパースのCMに使うのはやめて(><)いやん




今日はロス・ロボスの”ラ・バンバ”以外の曲を1曲紹介して記事を閉めたいと思いますσ・∀・)σ
画像

”ラ・バンバ”がヒットした87年に発売された『BY THE LIGHT OF THE MOON』の6曲目に収録されているナンバーです



Los Lobos - Set Me Free [Rosa Lee](1987)

Los Lobos - Set Me Free [Rosa Lee]
ã�¢ã��ã��ã�­ã�¼ã��è�� WBRNewMedia. - é�³æ\½å��ç�»ã��ã�¢ã�¼ã��ã�£ã�¹ã��ã�®ã�¤ã�³ã�¿ã��ã�\ã�¼ã��ã�³ã�³ã�µã�¼ã��ã��ã��ã�®ä»�è�²ã��ã��





La Bamba
London Import
1999-10-05
Los Lobos

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by La Bamba の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一番最初に聴いたロス・ロボスのアルバムは2ndでした。あと7〜8枚かなぁ。
『ラ・バンバ』はLD(死語)で買ったほど好きな映画。ブライアン・セッツァー(ストレイ・キャッツ)もエディ・コクラン役で出てましたね。
ロック仙人TF
2010/10/09 16:47
>ロック仙人TF さん こんばんは^^

自分は2ndの方はとうとうリアルタイムで聴くことはできなかったです^^;
ミュージック・ライフあたりの雑誌でR&Rチャートなるものがあって
(すっごい渋好みのチャート)『BY THE LIGHT OF THE MOON』が絶賛されてるのを知りどうにか80年代にロス・ロボスを堪能できました。

『How Will The Wolf Survive? 』はCDで随分 後になって買いました^^;

>ブライアン・セッツァー(ストレイ・キャッツ)もエディ・コクラン役で出てましたね。
記事への補足ありがとうございます!



ジャム80
2010/10/09 21:48
ジャムさん、ティアーズオブフィアーズとかはどう思いますか?今日記事アップしたので、よかったら見てくれるとうれしいのですが・・・。
ロック仙人TF
2010/10/10 18:55
>ロック仙人TF さん 

ティアーズオブフィアーズ大好きですよ!
こちらのブログでも以前記事にしています。
ロック仙人TFさんは 80年代再考シリーズで書かれたのですね^^

では、断る理由がございませんので早速うかがいます。
ジャム80
2010/10/10 21:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ロス・ロボス ”La bamna” 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる