【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS リタ・フォードwith オジー・オズボーン - Close My Eyes Forever

<<   作成日時 : 2010/11/15 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

意図的なのか( ̄□ ̄;)!!「・・・・胸の谷間





これでジャケ買いした人 すみやかにコメントで申し出なさい!!(笑)
画像



ぱっと見てハートのナンシー・ウィルソンのソロ・アルバムと勘違いしそう
獲物を狙う女豹のようないでたち!


彼女こそはリタ・フォード!!


ランナウェイズ時代にはギタリストとして7枚、79年ソロになってアルバムを残しています。
そんなリタ・フォードが満を持して発表したソロ4作目『LITA』(1988)から
オジー・オズボーンとのデュエット・ナンバーを紹介


Lita Ford with Ozzy Osbourne - Close My Eyes Forever(1989)全米8位

Lita Ford with Ozzy Osbourne - Close My Eyes Forever
ã�¢ã��ã��ã�­ã�¼ã��è�� radostin_kolev. - é�³æ\½å��ç�»ã��ã�¢ã�¼ã��ã�£ã�¹ã��ã�®ã�¤ã�³ã�¿ã��ã�\ã�¼ã��ã�³ã�³ã�µã�¼ã��ã��ã��ã�®ä»�è�²ã��ã��


動画が途切れる場合はYoutube


歌詞から察すると女の愛に男が応えられない感じの曲です
男の方がまっすぐ想いを伝える女の愛を受け止められずにいるというか・・・一歩引いてるような。



まっ 年の離れた世間体を気にする中年男と若い女の直球な恋を想像してもいいかな



オジー・オズボーンとの共演のきっかけとなったのがオジーの妻・シャロン・オズボーンとの出会い
シャロンは元々がジェット・レコードの社長ドン・アーデンの娘で
ブラック・サバスをクビになって酒びたりになったオジーのマネージメントを買ってでて
彼のソロ・キャリアを成功させるにいたらしめた女性でマネージメント能力は並々ならぬ手腕と評判でした。


そのシャロンとリタがライヴ・エイドの時に知り合い意気投合して完成したデュエット曲ともいえます。



実はこの曲 以前にも【80年代洋楽〜デュエットBEST30】してたようです(*´∀`)テヘ



ところが肝心のリタ・フォードのことは記事で書いているつもりだったのに
過去記事を引っ張り出すもでてこない(((( ;゚д゚)))アワワワワ



そこで、せっかくの機会なので アルバム『LITA』から もう1曲紹介しながらリタの話にふれていきます。
アルバムからのシングル・カットでジャム自身が彼女を知ることができた曲です!


全米各地のFMステーションでは連日のようにオン・エアされて
L.AのHM/HR専門局 KNACのヘビー・ローテーション・チャートでは いきなりの初登場No.1

Lita Ford - Kiss Me Deadly(1988)全米12位

Lita Ford - Kiss Me Deadly
ã�¢ã��ã��ã�­ã�¼ã��è�� fsantini. - é�³æ\½å��ç�»ã��HDç�»è³ªã�§ã��ã�£ã�¨èU�ã��ï¼�



88年の7月 FMのチャート番組にバンバン流れていて 一瞬にして虜に(人´∀`)♡ラぶv


ここでも積極的な女性像を演じているリタ


一度キスして
もう一度 キスして
素敵なベイビー キスして
素敵な貴方 キスして 
さあ 素敵なベイビー 死ぬほどキスしてよ



・・・・・キス魔か(-_-)/~~~






リタ本人は網タイツに黒の下着を纏ったランナウェイズ時代のイメージを払拭しがっていたようです。


アイドル軽視の壁が過去3枚のアルバムを作った彼女の精神バランスを蝕んでいたと自身語っています。



3作目から2年の歳月を経て出来上がった『LITA』には
スージー・クワトロやブロンディ等女性ロッカーの成功に寄与したマイク・チャップマンがプロデュース


さらには、モトリー・クルーのニッキー・シックス モーター・ヘッドのレミー・キルミスターも参加。




ちなみに当時発売された国内盤には『びしっとロック。 しましょうアタシと。』と見出しが貼ってあります。


レコード会社がキャッチ・コピーで日本の洋楽ファン(主に♂)を取り込もうとしてるのが見え見え(´□`)





しかし、なぜそこまで知っている

そうさ・・・ジャケ買いしたのはオレさ( ̄ー ̄)ニヤリ

Lita
RCA
1991-11-18
Lita Ford

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Lita の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい記事!ちゃんと落ちてる。そして、ジャケ買い、男らしい(笑)

今の僕が当時これ見たら買ってたな、「マストバイ!」とか言って(笑)。
なぜ、靡かなかったんだろう(-_-;)
この曲は89年のヒットで、ちょうど受験生だったので何かにつけ自信を無くしかけていたからかも知れません。
ともかく、印象的な曲です。

背筋の寒くなるような変わったバラードだな、と。
でも聴き応えがある。
オジーは嫌いじゃないので、この曲で全米チャートTOP10入りしたのは、嬉しかったですね。

リタ・フォードが元ランナウェイズだと明確に認識したのは後になってからのことです。
ランナウェイズについては、いずれ僕のほうでも、懸案になってるあるテーマでふれる予定です^^;
ysheart
2010/11/16 19:01
>ysheart さん こんばんは^^

はい!思春期の男の本能で買った厳選の1枚でした(笑)

ysheart さん さすが!
この前のスティーヴ・ペリー事件以来のさりげない ご指摘に感謝^^
”永遠の眠り”は仰るように89年の全米8位にランクインというのが正解でした^^;のちほど訂正しておきます。
アルバム発売から かなりの時間が経ってからのシングルカットだったし
確かに高校○年生の頃でしたね〜

>背筋の寒くなるような変わったバラードだ
そうなんです!
自分達の世代の目線からいけば 暗闇にドッキリ!のあのオジーのバラードですからね〜(笑)

ランナウェイズとysheart さんの接点は少し意外という気持ちと期待をこめて
バトンを渡します。(*^▽^)ノ
ジャム80
2010/11/16 21:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リタ・フォードwith オジー・オズボーン - Close My Eyes Forever 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる