【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS フォリナー ”I Want To Know What Love Is”

<<   作成日時 : 2011/01/16 12:09   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

粉雪が舞い散る様を見ると 思い出すイントロがあり
思わず一気にサビまで歌ってしまっている曲



(ω・ )ゝ ワッツ?




それがフォリナーの”アイ・ウォナ・ノウ”   ・・・ホワット・ラヴ・イズ(−а−)ボソ




Foreigner - I Want To Know What Love Is(1985)全米No.1

foreigner - i want to know what love is
アップロード者 kareem93. - 最新のニュースに関する動画を見る。



チャート・アクションからお話すると”アイ・ウォナ・ノウ”は85年2月2日に
一大旋風を巻き起こしたマドンナの”ライク・ア・ヴァージン”の首位を6週間で止めて初の全米No.1に
(2週間No.1の後、ワム!の”ケアレス・ウィスパー”にこき下ろされる。。。)





収録アルバム『プロヴォカトゥール(煽動)』は85年全米4位を記録
画像




この曲の布石とも言われる81年の”ガール・ライク・ユー”では全米2位を10週間キープするものの
とうとう首位に立つことができずに。。。ですから悲願の全米No.1とも言えますL(・∀・。)





”アイ・ウォナ・ノウ”という曲・・・ コーラスの力の入れ方が半端じゃない!!



前半部が2割 後半部のコーラスは8割といっても過言でないほど 重厚なコーラスを聴かせてくれます。
悪寒など具合の悪い日には聴くのは控えた方が良さそうなほど 響きます・・・



・・・・響きます(lll-ω-)ズーン




それもそのはず!
コーラスには ニュージャージー・ミサ合唱団に加え
ドリーム・ガールズでおなじみのジェニファー・ホリディ
トンプソン・ツインズのトム・ベイリー等が参加して幾重にも折り重なるコーラスで畳み掛けてきます
ドラマティック量産爆弾 (-.-)__ (((●〜* (((●〜* (((●〜* (((●〜*




僕自身が初めて フォリナーというバンドを知ったのは
映画『ヴィジョン・クエスト』のサントラ盤に収録してある”ホット・ブラデッド”からで
”アイ・ウォナ・ノウ”を演っているのと同一バンドと知った時のショックは計り知れなかったです(笑)
画像









産業ロックという表現を肯定も否定もしたくなく
ただ・・・アリーナを揺るがす大衆ロック  これはMTVが普及するなどした時代にあっては重要であったと。




今日、僕がロックを気軽に楽しめるようになったのは 
こうしたロック・バンドのポップ目線に合わせたバラードなどが入り口としてありました。



そうすることで バンドの音の幅広さを認めて 好きになり
類似ジャンルの音も求めて リスナーとしての聴識も広がってきたような気がします。







今年は特に寒い(((( ;゚д゚)))アワワワワ

毎朝のおはよう!と同じくらいの数だけ 寒い!という言葉も交わされています。



窓の外で舞っている粉雪を見つめながら・・・ぜんざいのように甘い”アイ・ウォナ・ノウ”に耳を傾ける




というのは いかが???( ̄ー ̄)ニヤリ




最後に歌姫マライアのR&B色に洗練された”アイ・ウォナ・ノウ”も紹介しておきます♪


ヴェリー・ベスト・オブ・フォリナー
イーストウエスト・ジャパン
2002-08-07
フォリナー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヴェリー・ベスト・オブ・フォリナー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
東京もずーっとド寒いです^^;
ぜんざいが食べたくなったなー。
あれも濃いめだと胃もたれするので、気をつけないとですね。

フォリナーのバラードナンバーだと、ガール・ライク・ユーはそういう意味で僕の耳に余るんですが、アイ・ウォナ・ノウはわりと聴きやすくなります。

さらに時代は進んで、88年の『インサイド・インフォメーション』の頃になると、ウィズアウト・ユーは、もっと聴きやすくて好きです。
キーボードを多用してメロディアス、ポップになったロックが、産業ロックの僕は好きなところですが、だんだん、その用い方が抑え気味だけどちゃんと活かしているみたいな程良い感じになっていった気がします。

それはともかく、ライク・ア・ヴァージン、ケアレス・ウィスパーと、いかにもアイドル的な、邦楽でもいいようなメロディがうけるはざまで、洋楽らしいそして硬派の曲が2週1位のヒットになった、そういう時期だったのですね。
トンプソン・ツインズのトム・ベイリーもコーラス参加とは意外でした。

フォリナーって、そういう意味で僕は初期よりも80年代のが好きです。
それでは、この辺で。
ちょっと、ぜんざいを買ってくるので(笑)
ysheart
2011/01/16 17:30
ウィズアウト・ユーくらいになると お酒でいうと梅サワーですね^^

産業ロック・・ysheart さんとか僕あたりの年代の方は決して悪い意味
(つまり音楽性を揶揄する表現)では用いないのですが
なぜか産業ロックというと抗議がくるので 記事中は言葉を濁しました。
(事実 来ました^^;)
代表格はTOTOやフォリナー、ボストン、エイジア、E.L.O、カンサス等
70年代にロックやってて80年代にポップ寄りに緩くなったもの。
僕は抵抗なく聴けてるし 変化に順応できた秀なバンドとも受け取れます。

持っている音楽雑誌にも産業ロックという言葉がでてきて
残念ながら確かにあまり良い表現では使われていない・・・
それを書いた音楽評論家の真意こそ疑います。
今年は それらにも言及していきたいと思います(・∀・)

ひな鳥が最初に見たものを親と判別するように
やっぱりリアルで聴いたアルバムをひいきしてしまうケースが多いです^^;

これから梅サワー飲んで寝ますわ(笑)
ジャム
2011/01/17 02:34
ひさびさの連投、行きます(^^)/

梅サワー!言われてみると成る程そういう感じかも知れません。
淡い甘さの中にほんの少し酸味がある。。

ジャム80さんがあげてくれた、“TOTOやフォリナー、ボストン、エイジア、E.L.O、カンサス等”いずれも美味しい清涼飲料水のようでもあります。

産業ロックという言葉がマイナスのニュアンスで登場したことは知っていますが、それらの音楽が素晴らしいことは今や、言うまでもないし、むしろ、当初とは違ったプラスのイメージで使っていってしまえばいいと思うけどね(笑)

p.s.
ジャムさん、やっぱり、“80”つけたほうが、“らしい”ですよ…(笑)
ysheart
2011/01/17 20:08
>ysheart さん

きっと連投いただけると思ってました^^


そうです!甘い口ざわりの中にも熟成の味わい
酸味もありーの 甘さも砂糖に単純に味付けされたのではないこくの深さ
しかし、気軽に聴けちゃうみたいな(〃▽〃)


清涼飲料水は 夏の酷暑には必要不可欠!
熱い体内を水分がかけめぐるのであります!(ケロロ軍曹風に)


(笑)ながらもysheart さんの気持ちビシビシ伝わります!
音楽評論家の方は酷評ばかりではなく 賛辞を言えなければ
そのアーティストを書く着眼点や資質を疑われると思うし
もう少し、出版の影響力というものを考えて欲しいと願いますね。
受け取る側もポジティブに捉えないといけないですけど。


PS. 80・・・脱着可能で たまに外れます(笑)
ジャム80
2011/01/17 22:12
産業ロック、否定的な意味で使われる事が多いですが、ロックを鑑賞の対象にしてくれた功績は大きいかと。

『ヴィジョン・クエスト』の曲のなかで、特にマドンナが歌っている2曲が好きです。
メテオ
2011/01/22 11:22
>メテオ さん

>ロックを鑑賞の対象にしてくれた功績は大きいかと。
80年代中期から洋楽を聴き始めた方のご意見にして 自分も同感です。
上に挙げた産業ロックと言われるバンドって70年代にプログレ入ってる系のバンドが多いな〜と改めて気付きました^^;

80年代に入ってレーベルから アルバムだけでなくシングルヒットを出すように圧力をかけられたバンドもあったと聞きます。


マドンナの”クレイジー・フォー・ユー”は彼女がベイビーボイスでなく
低めの地声で歌っていたのがもの凄く印象的で
この人 こういう声も出せるんだ〜って(笑)本当の声なのに
『ヴィジョン・クエスト』全般的に内容も良かったですよね〜
社会人になって 再び買った1枚です^^


ジャム80
2011/01/26 17:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フォリナー ”I Want To Know What Love Is” 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる