【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS メン・アット・ワーク - Overkill

<<   作成日時 : 2011/05/14 14:52   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

ビール瓶を箸で叩いたようなイントロから中近東のブルースのような雰囲気漂う”Down Under"


そして どことなくルーズな感じがするサックスが曲全体を引き締めているという不思議な”Who Can It Be Now"



なんて 素晴らしいバンドなんだ!!
と喜びに浸ること 早25年・・・



【第1話】校舎の裏・・


25年前、地元の友達のお兄さんがレコードを持っているという噂を聞き
その友達に懇願して借りた メン・アット・ワークのメジャー・デビュー・アルバム
画像




後日その友達曰く『兄貴が会って直接渡したいって!』と言われ
待ち合わせ場所の校舎裏でひっそり待っていると


想像通りにボーカルのコリン・ヘイにそっくりのお兄様が登場!!

ただ、ひとつ違うのは・・・髪型が坊主ではなくニワトリのトサカだったこと(((( ;゚д゚)))アワワワワ

画像

ドラマ『ルーキーズ』で中尾明慶が演じる関川秀太 参照(笑)



高校生と中学生が校舎裏でレコードを受け渡し音楽を語る・・・・のはずだったが
他の高校生も5〜6人いて通学用の改造スクーターで辺りを周回し始める。。。。
しかも、トサカ兄はその手にレコードを持っていなくて 僕・・・一抹の不安(;・∀・)



開口一番 『お前、ステレオ なに使っとん



いきなりの質問に『へ?』と間抜けの声の僕



トサカ兄、眉をしかめて『ちっ!だから どこのメーカーだ ステレオ』とぶっきらぼうに言い放ち


中学生の僕 『あ、、トリオです!』


トサカ兄『へ〜』


・・・・・しばし、沈黙・。。。



後ろで『先行っとくぞ!』って声がして それに応えるトサカ兄。



中学生の僕『もう、借りなくていいから この場から解放して〜〜〜』と心の声。。。



トサカ兄『お前、空きテープ持ってる



咄嗟に(中森)明菜のテープ持ってる?と聞かれと思い
『明菜ならレコード持ってます^^;』と答えると


トサカ兄『あ〜〜お前、馬鹿



トサカ兄『空のカセット・テープって言ってんのに』



トサカ兄の頭と明菜の暴走族の衣装を妄想でも結びつけたのは事実で
僕は『すいません<m(__)m>すいません<m(__)m>』を連呼><



トサカ兄『あ〜もういいよ!こっちで入れてくるから』と投げやりに言われ


僕『すいません』



トサカ兄『レコード貸して傷つけられたり指紋つくとムカつくから』とスクーターに跨り立ち去っていきました。。。。



意外に繊細な トサカ兄でした( ̄□ ̄;)



Men At Work - Overkill(1983)全米3位

Men At Work - Overkill 投稿者 Yoda63


⇒ 聴き取り難いときはyoutube

この曲も ”Who Can It Be Now"同様にルーズなサックスが淡く甘く曲に絡んできます( ̄ー ̄)ニヤリ


PVのラストに出てくる夜景から朝焼けに移り変わるとこが深い感慨を覚えます。


コリン・ヘイの歌声って後半になるとハイ・トーンになっていくパターン多いですよね〜



髪型も声もスティングに似てる(笑) 爆弾 (-.-)__ (((●〜* (((●〜* (((●〜* (((●〜*





【第2話】 トサカ・ラブ


後日、トサカ兄から弟を経由してメン・アット・ワークのダビングしたテープを受け取りました。
しかも、気まぐれなのかピンク・フロイドの【ファイナル・カット】のダビング・テープも。



・・・(((*>ω<)ノ由*。・゜.サービスのつもりなのかな^^;



さらに伝言もあって『トリオのステレオくれって言ってたよ』


ノォォォ(><)


【完】



Business As Usual
Sony
2003-02-11
Men at Work

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Business As Usual の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ずいぶんおひさしぶり。アップするの待ってましたよ!!この話最高面白いです!!モヒカンさんが意外に洋楽ファンだというところが何ともツボです(笑)。たいていこういう過激なファッションの人は明菜のファンだったりするんですがね。次のエピソードも期待してます!!
ロック仙人TF
2011/05/14 17:49
ジャムさん、ひさびさの記事、うれしいです(〃▽〃)

それにしても、洋楽ひとつ聴くのにホントに修羅場をくぐって来たのね…(笑)

中学のころすでに、メン・アット・ワークの良さを分かったなんて、
ジャムさん、さすがだなー。

僕は、コリン・ヘイがソロで出した「Hold Me」という曲を、たしか87年ころに
聴いたのですが、あれはイイ!と当時思いました。
全米チャートでは、さっぱりでしたけど;
さっき、YouTubeで聴いてきてあらためて、良いと思いました。
ysheart
2011/05/15 00:01
>ロック仙人TF さん

いつも、コメントありがとうございます^^
ブログに来たらいつも【ロック親父の洋楽天国】を覗き見してます(笑)
偶然なのか・・・その後こうしてお越しいただいてるので
ひょっとしたら・・・追跡機能みたいのがあるのでしょうか??
だとしたら、覗き見バレテーラーですね^^;

そう!なんです!モヒカンのメン・アット・ワーク ファンというのが
この話の核でした(笑)
スクーターにはE-YAZAWAのステッカーがあってなぜにダウン・アンダーなのか
今もって謎なんです><

でも、昔はファンが邦楽・洋楽って線が今よりも曖昧だったかもしれませんね。僕はどちらかというと どちらも聴くしジャンル問わずなので
エモも聴くしヒップ・ホップも・・

ロック仙人TF さんの所へ、今から遊びに行きます^^
ジャム80
2011/05/15 16:48
>ysheart さん

ひさびさなのに こんなに早く来ていただいて嬉しいです^^

>洋楽ひとつ聴くのにホントに修羅場
洋楽を体験・体得したという感じがします(笑)

メン・アット・ワークとの出会いは
当時のFM番組【サントリー サウンド・マーケット】でオンエアされた
1983年特集でダウン・アンダーを聴いてからでした。
(リアルではないところが味噌w)

>コリン・ヘイがソロで出した「Hold Me」
これ知らないっす^^;
こうしてコメントいただく中で思うのですが
やっぱ、80年代後期と絞っていくと深いとこまでしってるわysheart さん(笑)

さっそく、youtubeでチェックψ(*`ー´)ψ
ところで最近youtubeのリンク厳しいっすね・・・
ジャム80
2011/05/15 16:56
ジャムさん、連投召喚ありがとうございます!
(*`ー´)

youtubeのリンクは、最近厳しいですか…

文字数のやたら多いマイブログなので^^;
埋め込んで、ヴィジュアル的に感じが伝わるのは魅力ですが
ページの表示が重くなるし、
基本的に、youtubeは気をつかうので(笑)
マイブログでは最近URLのリンクだけにしてます。

画像でジャケット撮ったりして雰囲気補うのも手ですが、
耳で聴く音楽を、知らない人たちに、
読んで分かってもらうというのは難しいですね。

>80年代後期と絞っていくと深いとこまで

当時コリン・ヘイに関心持ったのはどうしてか、
いまなぜか思い出せないです。
「Hold Me」は確かに良い曲だとは思うけど。

詳しいのかムラがあるだけなのか…
自分ではよく分かりません(*`ー´)ww
ysheart
2011/05/15 22:19
>ysheart さん

すっかり習慣になってしまった召喚(笑)
アンコールに応えていただいて感謝です^^

URLのリンクのリンクだったら問題はないと思います^^
あら^^; 解決(笑)

コリン・ヘイのみならず チープ・トリックの方も
以前、知らなかった曲を教わった記憶もありますし。
スタートは似たりよったりでも 枝葉は違うものだな〜と一人で感心。

今年は特にysheart さんのブログで80年代後期洋楽の記事が盛んで
あ!σ・∀・)σあった!あった!とドキワクしておりますw

PS:Hold Me聴けました^^いいんじゃない(〃▽〃)♪

ジャム80
2011/05/18 13:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メン・アット・ワーク - Overkill 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる