【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ドナ・サマー『All Systems Go』

<<   作成日時 : 2013/05/15 22:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ドナ・サマーが起死回生をかけた87年のアルバム『All Systems Go』を紹介します。



ドナ・サマーと言えば70年代末〜80年代初頭をディスコ・クイーン呼ばれ
出すシングル、出すシングル すべて全米No.1に送り込みました。


ディスコ・ブームが穏やかになっても『ワンダラー』(80年)、『恋の魔法使い』(82年)
そして、『情熱物語』(83年)と立て続けにヒットを連発。


ところが、、『キャッツ・ウィズ・アウト・クロウズ』(84年)を発表後、、、音沙汰が・・・。


1984年〜のミュージック・シーンというと
【ブラック・コンポンテラリー】というジャンルがヒット・チャートを謳歌していて
ライオネル・リッチーやビリー・オーシャンやホイットニー・ヒューストン
こういった黒人のソロ・シンガー達がチャートの常連さんになっていました。



遅れること87年ようやくドナ・サマーが出しました!!!!
『オール・システムズ・ゴー』(87年)

画像



まずは1stシングル”ディナー・ウィズ・ガーシュイン”




曲タイトルになってる舌を噛みそうな”ガーシュイン”とは
アメリカの生んだ偉大なる作曲家ジョージ・ガーシュインのことで モチーフにしたそうです。



さて間隔をあけて 製作されたアルバムの方に話を移します^^



このアルバムの大半の曲をプロデュースしたのがハロルド・ファルター・メイヤー
映画『ビバリーヒルズ・コップ』、『トップガン』のサントラや
E.G.デイリーやジェニファー・ラッシュらのプロデュースなども手掛けています。


ドナのポップ・クイーンとしてのキャリアに欠かせない人と言えば やっぱりジョルジオ・モロダー!!
彼がプロデュースしたドナのカサブランカ時代の作品群でアレンジやソングライト「をしていたのが
ハロルドだったわけです^^


大いなる成功の裏幕でレコード会社移籍や様々なトラブルがあったとか
いずれにしても、一時的に精神的ダメージを受けていたとも報じられていました。
宗教に救いを求めた時期もあったとアルバム評に書いてありました。





また、曲の方に話を移します(笑)
PVを映像で紹介した”ディナー・ウィズ・ガーシュイン”はハロルドの手によるものではなく、
リチャード・ペリーのプロデュースによるものです。



リチャード・ペリーと言えば ダイアナ・ロス!
この頃であればポインター・シスターズやエル・デバージのアルバムに携わっています。



最後にアルバムのタイトルチューンを紹介して 今日は このあたりで^^;

では









追伸:2年10か月ぶりの記事でございます^^;
コメントを戴いた方への 返事が半年後になったりと 数々の無礼をお許し下さい<(_ _)>



2013年は(もう夏だけど)定期更新はもちろんのこと
80年代洋楽の忘れ去られようとしている音楽を中心に
他のブロガー様が取り扱わないアーティストやアルバムも紹介していきたいと思います。
また、よろしくお願い致します




このアルバム 廃盤で入手困難です↓

オール・システムズ・ゴー
ダブリューイーエー・ジャパン
1989-07-10
ドナ・サマー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オール・システムズ・ゴー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
2年10か月の時を越えても更新を果たしてくれたこと、こうしてまたジャム80さんのブログにコメントできることに、深い感動を覚えます、お久しぶりでした^^!

ドナ・サマーの87年の作品は、当時興味を持ったのですが、チャート的にふるわなかったと記憶しています。それで、次に期待していたら、89年に「イッツ・フォー・リアル」がヒットして、うれしくてCDシングルを買ったのでした。

でも、『オール・システム・ゴー』のジャケットも良いし、「ディナー・ウィズ・ガーシュウィン」の雰囲気も好きなので、いまだに気になったままなのです(笑)
ハロルド・ファルター・メイヤーは、そう、「トップガン」が有名ですね。

ドナの新作がもう聴けないのは、とても残念です。自分の中では好い印象のミュージシャンです。自分のブログでも少し言及したことがあります。

ジャムさん、さすがこの傾向の洋楽では文章が踊っているみたい(笑)

僕は、いま、少し遠くの国にいますが、こうしてわりと簡単に来られますので、また、洋楽のお話を読みに、また、聴きに来たいと思います。少し忙しいのが文章に表れたらご容赦願います。

ともかくうれしい更新!これからもよろしくお願いします!
ysheart
2013/05/16 01:00
先にysheart さんのブログに飛んできました^^;
というか、そういう状況とは知らずスイマセン:::
本当にお久しぶりです!
ysheart さんの仰る通り、この作品は商業的にはまったく振るわず
あえて順位には触れませんでした(笑)らしくないでしょ?


『オール・システム・ゴー』のジャケット、色の使い方(特に黄色)がとても綺麗で印象に残ります。僕も実は、かなり気にいってます^^

ハロルド・ファルター・メイヤーについては、きっとysheart さんなりの想いが詰まっているのではないかとお見受けしました。
機会がありましたら ご教授の方よろしくお願いします^^

ご多忙の中、こちらこそ 来ていただいて感謝です。
ようやく筆をとれました( ..)φ
どんなに荒削りなコメントでも感謝ですし、短い文章からも
五感を使って感じ取りますので ご安心を^^
それが2年10か月だと思っています。
ジャム80
2013/05/20 01:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドナ・サマー『All Systems Go』 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる