【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS パット・ベネター 『セブン・ザ・ハード・ウェイ』

<<   作成日時 : 2013/07/04 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

80年代洋楽の女性ボーカリストで外せないのが パット・ベネター!


80年代洋楽女性ボーカルBEST20

画像

『セブン・ザ・ハード・ウェイ』(1985年)




そんな彼女の7番目にして傑作の『セブン・ザ・ハード・ウェイ』から まずはアルバムのトップを飾る曲



この曲についてwikiより抜粋

【女性団体から有害指定を受けたことがある。実際にはこの前に「Stop use the」が付くため、逆に女性団体のキャンペーンソングになるような内容だった。】





さて、意外にもパットの記事を当ブログで扱うのが初めてだったので管理人自体驚いております^^;
なので、簡単に紹介も加えていきたいと思います。


パット・ベネター 本名:パトリシア・アンジェイェフスキ
1953年1月 10日 ニューヨークのブルックリンにあるポーランド人街で生を受ける。
その後、本人が3歳の時に 一家でロングアイランドへ移住。

両親はクラシック音楽、オペラ、演劇を推奨したものの
パトリシアは、ロック音楽に夢中になっていたようです。



夢見るロック少女が頭角を現し 多くの人に知られるようになったのが1979年。
パトリシアが26歳の時でした。



華奢なスレンダーボディとは裏腹に、繰り出される4オクターヴ半の声域を使って
時に艶めき、時に力強くシャウトと 聴く人々を魅了し続けました。



そんな実力を評価されて、80年〜83年にはグラミー賞ロック部門 で女性ボーカルとして4年連続の最優秀賞!
アメリカン・ミュージック・アワードの女性ポップ/ロックに関しては、1981年から1983年にかけて3年連続で受賞しています。



ここで1曲 挟みますw
『セブン・ザ・ハード』の8曲目”インビジブル”です




余談ですが、、彼女のベネターとういう姓は最初に結婚した夫の姓のようです。


彼女の2回目の結婚相手は、このアルバムのプロデューサー兼ギタリストのニール・ジェラルド
パットの華々しい活躍の支えとなってきた人です。



ニールとの第1子を授かった直後にリリースされたのが本作なのです。



それでは、最後に『セブン・ザ・ハード・ウェイ』の その他の曲を 映像で紹介していきます^^



#2





#3




#4




#5




#6





#7





#9



#1と#8は 冒頭に紹介しているので省略しました。



それでは






Seven the Hard Way
Capitol
1990-10-25
Pat Benatar

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Seven the Hard Way の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






Choice Cuts [DVD] [Import]
東芝EMI株式会社
2003-09-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Choice Cuts [DVD] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







TMY ディスクリペアキット DCL-7089 CD・DVDのキズを磨いて修復!自動ディスク修復&クリーニング機 ディスク修復機 CD研磨機 DVD研磨機
アットスポット
1万円以上お買い上げで送料無料当店ディスクリペアキットでの販売実績No.1商品です!迷ったらコレをオ


楽天市場 by TMY ディスクリペアキット DCL-7089 CD・DVDのキズを磨いて修復!自動ディスク修復&クリーニング機 ディスク修復機 CD研磨機 DVD研磨機 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
パット・ベネター、外せないですよね。彼女のヴォーカルは高音がとても綺麗だなと思います。なので、セリーヌ・ディオンが歌うような楽曲を歌っていても、成功していたのではないかなと。

パットは前作の『トロピコ』が入り口なのですが、アルバムはこの『セブン・ザ・ハード・ウェイ』のLPレコードを買って持ってました。ジャケ写がかっこいいです。

アルバムを買った当時はよく聴いてました。特にB面の“7ルームス・オブ・グルーム”から“ラン・ビトゥイーン・ザ・レインドロップス”ときて“インビンシブル”へ、この流れが好きです。

メテオ
2013/07/06 10:33
こんばんは^^ メテオさん

僕も『トロピコ』の収録曲が入口です。

『セブン・ザ・ハード・ウェイ』は洋楽雑誌等の新譜紹介から見てて
ずっと気になるジャケットでLP欲しかったです^^; 
かなり時が経ってCDを購入しました(笑)
『トロピコ』の方を比較的よく聴いていたせいか、『セブン・ザ・ハード・ウェイ』は 新鮮な気持ちで聴けてます。

6曲目〜8曲目の流れは アルバムの動線の中では変化に富んでいてかなり気に入ってます^^
クレバーなディーバですから 充分、セリーヌ路線でもいけたと僕も思います。










ジャム80
2013/07/06 23:43
こんにちは。
パット・ベネターの『セブン・ザ・ハード・ウェイ』のジャケットは本当にいいですね。80年代中葉から後期のもので、どうしてあの時入手しておかなかったのだろうと悔やむものの、うちの、1枚です(-_-;)

パットについては、僕のブログでも2年前に、調べて書いたので、あーそうだったなーと思いながら読ませていただきました。「インビンシブル」は、当時のよい洋楽のエッセンスがたくさんあるよい曲ですね。
「…アズ・ア・ウェポン」は誤解された曲ですね。よかれと思って書いたのが…。
良い人によくあるケースだと思います(^^;

自分のブログのほうも、本格的な再開ではありませんが、そろそろ更新したいと思っていますので、ジャムさん、寂しさにさよならを(`▽´)/(笑)

p.s. >ここで1曲 挟みます
この感じ、いいですねw
ysheart
2013/07/10 14:39
ysheart さん こんばんは^^

【当時のよい洋楽のエッセンス】 そう それを言いたかったんです!(笑)
主観的になりやすいので、色んな方のコメントを聞かせて頂くことで
表現しきれなかった部分を補えて感謝です。

ついにブログ始動ですか!
ysheart さんと 時を同じにして記事を書ける喜びに鼻の穴が大きく開きそうそうです(笑)待ってます^^


ジャム80
2013/07/11 01:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パット・ベネター 『セブン・ザ・ハード・ウェイ』 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる