【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レックレス』を語る

<<   作成日時 : 2013/09/02 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いつかは書くとは思ってたけど・・・


気恥ずかしくて書けなかった


そう、、ブライアン・アダムスの『レックレス』の事。
画像





意外にも早く巡り回ったな と1人感慨にふける・・・



なぜ このタイミングで紹介したかというと それは【夏】だからです。


このアルバムは捨て曲ナシの名盤です!
全米No.1アルバムです!なんて わかりきったことを言う気は毛頭ありません。


それより耳を寄せて聞いていただきたいことは
僕にとって 【かつての夏と冬】が このアルバムには在るという事です。


夏といえば この2曲








そして冬を連想させるのが この2曲








そして、この2つの相反する季節のうねりを中和してくれるのが


PVでは 雪が降っているが、 僕の中では 降っていません。



雪解けした大地から太陽を目指す発芽だったり
秋の木枯らしに舞う枯れ葉だったりもします。



この曲のイメージは、どこまで行っても中間色なのです。




85年という年は、僕にとっては洋楽元年で
この年に洋楽リスナーが増えたのではないか?と自分勝手に妄想したりもします。



当時、『レックレス』は、ロックンロールとカテ分けされたりしていました。
ブライアンは、ある雑誌のインタビューでロックンロールのミュージシャンと比較される羽目に。
でも、マンザラでもない様子でしたので、ロックンロールで一件落着。



ブライアン本人が『演ってるのはパンクだ!』と言うような男であれば
このブログでも、早くから『レックレス』を取り上げていたと思います。



飾り気がなく、シンプルで実直な男が魂こめて練り上げた力作ということになります。



僕自身は、正面切って この作品の良さを言葉で表現することはできません。


あえて、言わせてもらえば 曲順は全部覚えるくらい聴いていてます。



懐かしくなって棚から盤を取り出すこともないです。



でも 季節が巡ってくれば 必ず脳内に溢れ出すエッセスンスを持った良質な1枚なのです。







レックレス
USMジャパン
2011-11-09
ブライアン・アダムス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レックレス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
同じく、85年を洋楽元年として迎えた僕にとっても、『レックレス』は話題にするのが気恥ずかしい1枚です。
同時に、洋楽の世界へ引っ張ってくれた大切な1枚であり、ジャムさんのおっしゃるとおり、あえて懐かしんで棚から出すまでもないほど、曲順も知っているし、どの曲でもすぐに口ずさめる(英語を正確に出せるかは置いといて;)、そういう作品です。

Run To Youは本当に、不思議な曲で、季節を選ばない。ただ、個人的には、夕方の風景を思い出させます(あのころの、ですが)。でもこれは、このアルバムの曲の多くについて、当てはまりそうだと、自分は思っています。
洋楽元年に初めて聴いたのが、想い出のサマーだったので、結局、この曲がいちばん好きで、次に聞いたOne Night Love Affairが、結局、二番目に好きです(笑)

いま、私は、まだ大変ですが、同時によいこともあるという日々をおくっています。こういうシンプルだけどあのころの温かいサウンドが案外、ヒントをくれるかも知れないと、いま書いてる間にそう思いました^^;
こちらも、次のブログ更新をせねばと思っています。忘れてるわけじゃありません(^_-)今日はいい天気です。
ysheart
2013/10/20 14:47
>ysheart さん

こんにちはーー^^
85年が洋楽元年であるという事で同じ景色が見えますね。

>Run To Youは本当に、不思議な曲
あの曲をレックレスに再び持ってきたのは良かったと思います。
本当に、不思議な曲で、レックレスの中で一際、意味のある楽曲に響いてきます。
自分も、夕方を連想します。木枯らしと紅葉も装飾として(笑)
10月と断定してしまうと、歌詞の意味を損ないそうなので これ位に^^:

『音楽のチカラ』ってあると思います。
TV番組でいうとドラマの繋ぎで放送されている歌番組やモノマネ。
くだらない、またかよ〜と思いながらも、つい懐かしさに引き込まれてしまう。

シンプルだけどあのころの温かいサウンドは、日常に中々作れない
脳内ブランク状態、行動ニュートラルな状態にしてくれて日曜の午後にはピッタリです。

ysheart さんの頑張りが同時に良い結果に導かれていることを大変嬉しく思います^^自分が書いたら覗きに行くのも日課になりました。
でも、焦らずysheart さんのペースで書かれて良いと思います。もちろん楽しみにしています。




ジャム80
2013/10/20 17:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『レックレス』を語る 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる