【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS マンハッタン・トランスファー ”Smile Again”

<<   作成日時 : 2013/09/22 18:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

この記事を書いている部屋が 暑くて  更新も少し遠ざかってしました^^;



最近は、家計の中で 高騰した電気代を抑えようと
エアコンをOFFにして過ごす努力はしています・・・



扇風機からの風が予想レベルを大幅に下回る ぬる〜い風が出ようものなら


エアコンのリモコンを  ポチっ( `ー´)ノ



結局、ココに納まってしまいますw



音楽だけは涼しい効果のものを聴いています!



主に、ボーカルがあるかないかのJAZZやフュージョンだったり
あとは、、A.O.Rかな・・・(ラテンはなぜか体温が上がってしまうw)



A.O.R いいっすね!本当に


70年代の終わり〜90年代手前のボビー・コールドウェルまで名ナンバーが多過ぎます! うん


で、、今日は80年代初めの、この人達のA.O.R寄り曲を
画像



私的感想ですが、この曲って元々 音量 小さいのかな??
アルバムで聴いても A,O.R系のオムニバス盤で聴いても 音が聴き取りにくいので
必ず、ボリュームを上げて 心地良く聴こえる基準まで 上げております^^;



The Manhattan Transfer - Smile Again(1981)




80年代終盤に差しかかかった頃に洋楽に夢中になった10代の僕にとって
マンハッタン・トランスファーは 良くも悪くも大人の音楽で
あまり、理解できてない種類の音楽でした。


きっかけは、R&Bまたは、それ寄りの音楽しかヒットチャート上位に出てこなくなった時期(90年代中期〜2000年代)に温故知新で、70年代のソウルやR&Bを頻繁に聴くようになって


で、JAZZやフュージョンも幅広く聴けるようになって・・・


自分が育った80年代にチラホラ聞こえていた名前から攻めていき
(パット・メセニーやマンハッタン・トランスファー)


感じたことは、とにかく奥が深い!


JAZZから派生したフュージョンというジャンルも 枠に収まり切れずに出てきたわけですし。


そして、そのフュージョンといっても多岐にわたって色々ありますしね。


全然、、曲紹介になってないことに気づきつつ 今日はここで筆をおきますwでは
















 




Manhattan Transfer 5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET
Warner Music
2010-02-27
Manhattan Transfer(マンハッタン・トランスファー)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Manhattan Transfer  5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







breeze summer~AORベスト・セレクション
ビクターエンタテインメント
2002-07-20
オムニバス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by breeze summer~AORベスト・セレクション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マンハッタン・トランスファー ”Smile Again” 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる