【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS カルチャー・クラブ『Kissing To Be Clever』

<<   作成日時 : 2013/10/06 16:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ボーイ・ジョージとジョン・モスを中心に結成されたカルチャー・クラブ




画像


若い頃の思い出が詰まっている方も多いことでしょう。


ベスト盤では、物足らず アルバムを1stから揃えようという方もいらっしゃると思います。


しかし、今コンプリートが難しくなってきています!!



彗星の如く現れ注目されたデビュー・アルバム『キッシング・トゥ・ビー・クレバー』の6曲目にあるはずの



【ミステリー・ボーイ】がないんです!!


当然、これだけ売れたカルチャー・クラブの1stなので再販盤は数多有ります。


でも、、、でも、、【ミステリー・ボーイ】が省かれ、他の曲のRemixが代替になっている盤がほとんどです。



先日、僕も コレクションつもりで、1stを持っていないことに気づき(以前はMDで所持)
Amazonで購入を試みたところ、レビューで【ミステリー・ボーイ】が入っていない事を知り
慎重に選んで、どうにか新品の国内盤を入手することができました。 



(-。-)y-゜゜゜間に合った。。。



昔、持っていた方は当然その曲は入っているのは当然だと思うし
まさかヒットした6曲目をわざわざ省くことはしないだろうと考えるのが普通です。


まったくもって、謎です( ゚Д゚)


もし、当時の想い出集めで1stを買われる方は ご注意下さい。
新品も残りわずかでしたので あしからず。。。。



では、このタイミングで希少になってしまった"Mystery Boy"から






デビュー前のボーイ・ジョージは、女装メイクでバイセクシャル、街を闊歩。
ロンドンのクラブシーンに詳しい人なら誰でも知っているローカル有名人でした。


ロックスターの写真に一緒に収まっている強烈な追っかけでもあり
モデルやDJの仕事もやっていたようです。


クラッシュ、ダムド、アダム&ジ・アンツを経験したドラマーのジョン・モスと意気投合し
4人組のカルチャー・クラブを結成。



82年5月のデビュー・シングル"White Boy"


【子供の頃の空耳】
Your White  Dance Like An Enemy
Your White  Dance Like An Enemy

よ〜わい  情けないっ
よ〜わい  情けないっ










この曲が決め手になって一躍スターダム 82年全米No.1 全英No.1




↑”君は完璧さ”が頂点に立ってからのカルチャー・クラブは押しも押されぬスーパースターに。
出す曲、出す曲 TOP10入りを果たしました。今さら説明は要りませんよね(笑)



1stは2ndの完成度と比べると やや精彩を欠いた作品かも知れませんが
結成当初のナニをやらかすか得体の知れない作風から野望が感じ取れます。


珠玉のダンスチューンに加えロック、ポップス、ソウル、レゲエ、サルサといった様々な音楽要素
一見、方向性が定まっていないかにみえ、その実 枠を超えようとしているパンク・ニューウェイブ体験者
だからこそ、表現できる音楽に立ち向かう姿勢も垣間見れます。



もしカルチャー・クラブのアルバムで いずれか1枚の選択肢を迫られ
迷わず選ぶとしたら何処か青臭く荒削りな『Kissing To Be Clever』の方が永く付き合っていけるような気がします。





キッシング・トゥ・ビー・クレバー
EMIミュージック・ジャパン
2005-08-03
カルチャー・クラブ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キッシング・トゥ・ビー・クレバー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昔、ボーイ・ジョージのドキュメンタリー見たことあるんですが、結構よかったです。貧しいアイルランド系の家に生まれて、ロンドンの街の灯りを目指してやってきて、スターダムにのった後、恋人との別れ、ドラッグ乱用など、いろいろ経て今の人生を肯定しているというような内容でした。自らの半生をブロードウェイのミュージカルにしたのも観ました。本人も自分役じゃないけど出演してました。
Mystery Boy、いいです!ボーイ・ジョージは声もいいし歌も上手い、それに綺麗でしたよね〜!素顔は地味めなんで、とんでもなく化粧映えするんですな。数年前ですが、ノーメイクで道歩いてるの見た時は、大柄で恰幅のいい男性ってもんでした。
ちなみに私は、ボーイ・ジョージが歌うCrying Gameも好きです。彼の半生と重なるようで、実感こもってます。
カーラビンカ
2013/12/08 13:27
>カーラビンカ さん

ボーイ・ジョージのドキュメンタリーですか!
興味深いです。ミュージカル版のものまであるとは教えて頂いてありがとう御座います^^

さりげなく、道を歩いているのを見ることができるなんて。
このブログでは紙媒体やネット情報でのボーイ・ジョージしか反映できないので
カーラビンカ さんの情報は、本当にありがたいです。


”Crying Game”最近になって知ったもので^^;
また違った聴き方ができそうです。
ジャム80
2013/12/10 21:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カルチャー・クラブ『Kissing To Be Clever』 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる