【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS テクノトロニック〜ハウスつまみ食い

<<   作成日時 : 2014/04/14 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

前回は80年代〜90年代の洋楽シーンの流れで思うことを書きました。



今度は、ジャンルを変えてダンス・ミュージックの方を。



その頃のミュージック・シーンでは、ハウス・ミュージックと呼ばれる音楽がお盛んに。



その中で取り上げたいのが この曲!






そう、彗星の如く現れポップ・チャート上位に食い込んだテクノトロニックの"Pump Up Jam"です。



ハウス・ミュージックの走りであったことに間違いありませんが
【ユーロダンス】や、時には【ユーロ・ハウス】と細かく呼ばれたりすることもあります。



他にも日本でもなじみのあった2曲もご紹介します。

Technotronic - Get Up (Before The Night Is Over)



Technotronic -Move This



ポップ・チャートに浮上したハウス・ミュージックがヨーロッパ圏のグループであったために
誤解を招きやすいですが、ハウス・ミュージックの発祥はアメリカのシカゴだというのが定説のようです。



元々は、黒人のゲイを対象にDJが流していた音楽を【ウェア・ハウス】と呼び
ヨーロッパに伝わり、テクノと結びついて世界に広まったというのも面白いです。



古くからアメリカにあるハウス・ミュージックは、
テクノとの融合より、フリー・ソウルとの結びつきの方が強いようです。



では、77年からDJとして活躍し、シカゴDJの祖と言われるフランキー・ナックルスの曲を




ハウス・ミュージックのルーツこそ【シカゴ・ハウス】と言われる方も多く
当のフランキーも「ハウス・ミュージックの語源は、ウェア・ハウスからですか?」との問いに
しっかり「YES!!」と答えているようです。



最後に88年にイギリスで結成されたジ・オーブを紹介します。
彼らのプレイ・スタイルは【アンビエント・ハウス】と呼ばれ、その後多くのミュージシャンに影響を。



個人的にも大好きな頃のジ・オーヴをご堪能下さい





では


Best of Technotronic
Imports
2012-03-22
Technotronic

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Best of Technotronic の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








Beyond the Mix
Atlantic / Wea
1991-08-06
Frankie Knuckles

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Beyond the Mix の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








Uf Off: Best of
Universal I.S.
1998-09-28
Orb

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Uf Off: Best of の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。個人的には現時点で聴きたい音楽の傾向とは違うはずなのに、ジ・オーブの音楽にひきこまれてしまいました。
このころ、こういう音を作っていたというのはけっこう新しかったんじゃないでしょうか!いま聴いても聴ける感じがあります。

テクノトロニックの「パンプ・アップ・ザ・ジャム」や「ゲットアップ」は、当時のysheartチャートでも長くヒットしていました(笑)クセになるような曲でした。

今回ご紹介のハウスの曲ならどれも好きです^^
それにしても、ソウル系の知識は、ジャムさん詳しさが違い過ぎます!ホントに奥行きがあって素晴らしい。面白い記事でした^^
ysheart
2014/04/16 00:06
ysheart さん こんばんは^^

平日にコメントをいただくとテンション上がりますw

いえいえ、とんでもない^^:
知識は浅く広くで、深く突っ込まれたら簡単に崩れますので あしからず(笑)
ご紹介曲の方は、気にいっていただいて良かったです。
僕も、たまに引っ張り出して聴くんですよ。
で、やっぱり時代背景が思い浮かんでくるんです。
ジャムチャートでは、返り咲きもありましたよw

仰るように ジ・オーブを始めアンビエントやヒーリングというジャンルは
劣化がない揺るぎない音楽だな〜と思います。
個人的には、初期のオーブの方が好きです。
機会があれば、ysheart さんもぜひ^^
ジャム80
2014/04/16 02:37
Fナックルス、先日亡くなってしまいましたねぇ。NYCはその直後のパーティは、みんなDJが多かれ少なかれ”Fナックルス”的な音を意識していたようです。私もThe LoftでDマンキューソの後をひき継いでDJやってる人のパーティに行ったけど、やはり意識してるのがわかりました。The Whistle Song、しみじみ聞いてしまいます。

https://www.youtube.com/watch?v=QIdimVDuSEU&feature=youtu.be
カーラビンカ
2014/05/01 10:44
カーラビンカ さん おはようございます^^

朝もやに包まれながらThe Whistle Songを聴かせていただきました^^
僕がFナックルスを知ったのは この曲からでした。
物凄く懐かしい感慨に浸れました。
日本で、Fナックルスの曲を揃えようとしたら かなり入手困難で
手軽に聴けるyoutubeの存在はありがたいです^^
ご紹介 ありがとうございます。

亡くなられていたのは知りませんでした。
まだまだ、活躍の場は沢山あった人だけに惜しまれます。


ジャム80
2014/05/02 05:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
テクノトロニック〜ハウスつまみ食い 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる