【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ローン・ジャスティス "Sweet Sweet Baby"

<<   作成日時 : 2014/09/06 10:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

記録よりも記憶に残るバンド


【ローン・ジャスティス】も挙げられるのではないでしょうか。


アルバムはわずかに2枚のリリース


紅一点のボーカル(ギター/ソングライトも担う)、マリア・マッキーのバンド解散後の活躍も一役買って
ことさら甘酸っぱい記憶として甦ってくるのです。



ブルース・スプリングスティーンのステージに衝撃を受け音楽の道を選んだマリア・マッキー。



今から紹介するローン・ジャスティス名義のデビュー・シングル"スウィート・スウィート・ベイビー"
にはブルース・スプリングスティーンのEストリート・バンドのギタリストだったスティーヴ・ヴァン・ザント
そして、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのベンモント・テンチがバックアップ。


ローン・ジャスティス "Sweet Sweet Baby"(1985年)全米73位





ローン・ジャスティス名義とわざわざ断りを入れたのには理由があります。



マリアは、ローン・ジャスティスのデビュー前に映画『ストリート・オブ・ファイアー』(1984年)のサントラ盤に
ソロで参加しているからです。

マリア・マッキー "Never Be You"




彼女の能力はデビュー前からボブ・ディランやドン・ヘンリーといった大御所からも高い評価を受け、
さらにはジャニス・ジョプリン、リンダ・ロンシュタットエルミー・ハリスの名前を引き合いに出されてもいました。



その頃の年齢はまだ20歳で、すでに評論家絶賛の中でのデビューということになります。



マリアの事は、また後日記事にするとしまして今日はローン・ジャスティスというバンドについて簡単に。



バンドは4人組で


マリア・マッキーを筆頭に

ライアン・ヘッジコック(ギター)

マーヴィン・エツィオー二(ベース)

ドン・へフィントン(ドラム)


デビュー・アルバム『Lone Justice』のプロデュースはヒットの仕掛け人 ジミー・アイオヴィン。


全米56位を記録しました。



デビュー・アルバム『Lone Justice』から2ndシングルとしてリリースされた邦題"さまよう恋"

ローン・ジャスティス-"Ways to be wicked" (1985年)全米71位




"Sweet Sweet Baby"のカップリング曲はコチラ





2ndアルバム『Shelter』 (1986)を発表後の87年にバンドは解散。



商業不振によるものが大きいとされていますが、マリアは89年に再びソロ・デビュー
バンド時代にはない伸びやかさで、長い間多くの人を魅了し続けています。



それについては、また機会があれば^^



では!








Lone Justice
Geffen UK
1996-03-19
Lone Justice

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Lone Justice の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








Shelter
Geffen UK
1996-03-19
Lone Justice

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Shelter の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








ストリート・オブ・ファイヤー ― オリジナル・サウンドトラック
ユニバーサル インターナショナル
2002-05-02
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ストリート・オブ・ファイヤー ― オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おっ、ローン・ジャスティスですね。

エレクトロニクス全盛の最中、ストレートなロックは新鮮でした。マリアの情熱的なヴォーカルにも惹かれました。周りで話題になることもなく、自分だけがローン・ジャスティスを知ってるんだ、と当時は勝手に盛り上がっていたような。

まさに、記録よりも記憶に残るバンドですね。
メテオ
2014/09/07 18:32
メテオ さん お久しぶりです!

当時のエレクトロニクスで化粧した音楽はどうしても時代を感じさせてしまいますが、ストレートなロックは 現在聴いても劣化がない気がします。

>自分だけがローン・ジャスティスを知ってるんだ

仰る通り、決して大勢で囲んで話題にするバンドではなく
むしろ、自室にこもって聴く種類のものでしたよね。

でも、同じ時代で同じ気持ちの旨のコメントいただくのは、とても嬉しいです。




ジャム80
2014/09/08 00:02
ご無沙汰しております。ローン・ジャスティス、俺も以前とりあげましたが、ジャム80さんのおっしゃるとおり「当時のエレクトロニクスで化粧した音楽はどうしても時代を感じさせてしまいますが、ストレートなロックは現在聴いても劣化がない」というご意見にまったく同感です。今「オールタイム・ベスト」という企画で記事を書いていますが、それらの中にに選ばれる80年代のロックは、やはりストレートでシンプルなものが多いです。
シュガー・シェイカー
2014/09/24 16:42
シュガー・シェイカー さん お久しぶりです。

意見に賛同いただきましてありがとうございます。
若い方に80年代洋楽を聴かせる機会があって そういう感想をもらい
あ〜そ〜なのか〜と思いました。
ストレートなロックはシンプルな分だけ時代を超えても透明に伝わるんでしょうね。
もちろん、僕自身は化粧した80年代のコテコテのエレクトロニクスも愛聴しますよ(笑)
では、さっそくシュガー・シェイカー さんの企画にお邪魔してきます^^
ジャム80
2014/09/28 01:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ローン・ジャスティス "Sweet Sweet Baby" 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる