【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS プリンス『Art Of Official Age』

<<   作成日時 : 2014/10/19 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

プリンスの新作 『Art Of Official Age』


久しぶりに発売日からすぐに買ったような気がします。



中には毎回 疑念の思いで恐る恐るプレイヤーに・・・という方もいらっしゃると思いますが
実は、僕もそうです。



積年のファンの方には申し訳ないのですが、どうしても80年代のプリンスを追い求めての感想になってしまいます。



まずはジャケット!! 実にいい(笑)


この奇をてらったような感じから一種の余裕さえ感じます^^



これが決め手となって買ったといっても過言ではない(笑)



パッケージを開封して曲をリアルで聴きながら 記事を書いていきたいと思います。 



1曲目 タイトル・ナンバー

ごめんなさい・・・ 理解しようと努めましたが無理でした。
今さら 新しくもない音・・・  音楽を牽引していたプリンスが音楽に着られているような


2曲目、3曲目  スロー&ミディアムテンポのナンバーが続きます。
嫌いではないです。3曲目Breakdownはこの段階では一番好みです。



4曲目 エッジの効いたファンク。プリンスだなという普通の感想



5曲目 これまたミディアムテンポ
悪くはない でも、・・・まあ いいです><


6曲目 ここまで来ると このアルバムがどの様なサウンドを目指しているかが見えてきます。
小奇麗でお洒落なグルーヴ



7曲目 スロー・ナンバー


8曲目 ゆっくりとした・・・ はあ はあ


9曲目&10曲目 女性の語りのイントロ 期待する僕・・・スロー・ナンバー><


11曲目 騒がしい感じの出だし  ん?  実験作?少しだけ挑みを感じる
      ギターが入ると この人のサウンドは突然変異に入っていく
吠えた!!  
慌てて 曲タイトルを見る"Funkroll" 歴史的迷曲



12曲目 ゆったりとしたナンバー・・・


13曲目 また女性の語り掛け・・・もう騙されない
プリンスには求めていない幻想的な美しさ・・・


終わった・・・



スローな曲が多く これといった特徴のある曲がなかったのが特徴


もう一度 11曲目"Funkroll"を聴く 
間奏からのサウンドが自身求めていたものなのどと気づきます。
このまま、10分でも20分でもこれが続けばいいのにと思ってしまうがスローな曲に移り変わります。





"Funkroll"いい響きですね!
プリンスの未来がそうあってくれる事を願いつつ




では!!





Art Official Age -Digi-
Warner Bros / Wea
2014-09-30
Prince

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Art Official Age -Digi- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
遅ればせながら拝見、ジャムさんのプリンス評、イェ〜イ!

"WAY BACK HOME"でちょいエモーショナルになりました。プリンス特有の切ない感じが伝わってきて。
それで次の"Funkroll" 、キターーーッ!でした。この路線の曲がもっとあって欲しかったなというのは、わたしめも同感です。

Larry Graham& GCS、なにこのカッコよさ〜 殿下最高!
カーラビンカ
2014/10/27 02:42
カーラビンカさん こんばんは〜

ご訪問ありがとうございます^^
"WAY BACK HOME"を改めて聴き直しました!
いいですね!歌詞が理解できれば・・・もっと
殿下特有のメロディと息使いで雰囲気は伝わってきます。 感極まりました。
聴き直してみて良かったです。

プリンス評につきましては多少恥じてるところもあります<m(__)m>
しっとりグルーヴのプリンスも肯定してますし。
ただ、もっと"Funkrollのような曲が連鎖する波のように押し寄せてきてくれたら
最高なんだけどな〜〜(笑)
ギターももっと聴きたいです。


静まり返った真夜中の自室で聴くと『Art Of Official Age』 に詰まったしっとりグルーヴも違った感慨がわいてきますね^^ やはり殿下は最高です。

ジャム80
2014/11/04 01:19
プリンス&thirdeyegirlのアルバム聴いてみてください!こちらの方がむしろプリンスのハードな面が表現されていて、従来のファンには納得できるかも・・・。ジャケットも[サード・アイ・ガール]の方もよろしくっていう感じだし。
シュガー・シェイカー
2014/11/13 09:41
シュガー・シェイカー さん こんばんは^^

ご教授いただきありがとう御座います。
さっそくAmazonに注文をかけました^^

過去のサウンドを追い求めてはいけないと思いつつ・・・お恥ずかしい限りです^^;
ジャム80
2014/11/17 00:21
こんばんは。期待するアルバムを買って聴いて行くようすが時系列で語られ、こちらも、まだFunknrollしか聴いていないのに(笑)、いっしょに聴いているような気持にさせられる、見事なレビュー、楽しく読ませていただきました^^。

聴いて行くうちに、このアルバムが伝えたいこと、というのが分かってくる、くだりが面白かったです。
でも、何曲目になっても、なかなかこちらの求める「これだ!」みたいなのが来ない時の、睡魔が襲う感覚、がっかりな感覚は、音楽好きでなければ体験できませんね。

僕も、Funknrollの後半が好きです。疾走感が現れますね。
よく、アルバム評で、「この曲だけでも買い!」というのがあって、それはそれでよくわかるんですが、やっぱり、1曲だけ良いよりは、アルバム全体としての統一感が(特にコンセプト・アルバムということでないにしても)欲しい、とは思いますね。

過去と今をつなげたい!私もそんなふうに思って生きています(笑)
それでは、また^^
ysheart
2014/11/26 23:58
ysheart さん  こんにちは^^

早くからコメントいただいていたのに遅くなり ごめんなさい^^;

Funknrollがなければ多分記事ににていないかもというような内容のお粗末な文章に
共感をいただきありがとうございます。
逆に ご紹介いただいた もう1つのプリンス&thirdeyegirlのアルバムは
最高でした。
おそらく、『Art Of Official Age』には役割があり
コンセプトを分けて作られたのだな〜と今さらながら気づきました^^;

>アルバム評で、「この曲だけでも買い!」
まったく同感です(笑)
じゃあ、アルバムではなくベスト盤が出たらそっち買おうと思わせるレビューですよね。
シングル志向でアルバム買ってた時なら良かったんでしょうけど。
ベスト盤⇒各々アルバムにはなりますが
各々アルバム⇒ベスト盤(ボーナス・トラックか新曲なければコピーでいいや) となってしまいがちなんですよね〜

 
> 過去と今をつなげたい!私もそんなふうに思って生きています

存じております(笑)
ysheart さんのブログからは ひしひし伝わってきてます^^
ということで、久しぶりにお邪魔します。
ジャム80
2014/12/22 12:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プリンス『Art Of Official Age』 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる