【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年のはじまり

<<   作成日時 : 2015/01/03 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

明けましておめでとうございます!


今年も拙ブログをよろしくお願い致します<m(__)m>


今年は、更新ペースの向上を望めませんが 自身の感じてる事や想いを今まで以上に乗せていこうと考えています。

かっこよく言えば 独創性というやつですが 悪く言えば偏ったレビューに^^;


なので、ご容赦下さいね。



更新も間隔を空けてしまうと・・・何を書いて良いのやら迷走してしまいます。


とりあえず僕が2015年最初に頭に浮かんだ曲から




特段 レニー・クラビッツが好きなわけではありませんが なぜかこの曲が年頭から頭を過りました。






MTVで時折みるランキングでも まだまだ現役で頑張っている姿を観るとどこかホッとします。



僕の中では、数年前に出したベスト盤で終わっていましたけど、天才と呼ばれるミュージシャンは
時代が変わっても良い音楽を作って浮上してくるのだな〜と確信しました。



続いて頭に浮かんだのが この曲





85年の"エンジェル07"がCMで起用されて日本でも人気を博したヒューバート・カーです。


上に紹介したのは86年『TENSONGS』収録曲です。


"エンジェル07"収録のミニ・アルバムが発売されて その後の作品を追ってない方も多いのではないでしょうか?


実は、その後の作品もキャッチーでありながら幻想的で美しい楽曲を数多く残しています。


あえて もう1曲あげるとしたら


こちらは輸入盤ベストの1曲目にも収録されています。


この間、リリースされたアルバム『Sound Of My Herat』も傑作である事に間違いないです。



純粋に80年代のメロディアスなポップに癒されたい時にはおススメです。


ドイツ発の音楽は本当に美しいまでに哀愁を帯びていて シンシンと降る雪の季節に想い出してしまうのです。




現在はジョン・ウェイトの『マスク・オブ・スマイルス』(1985年)に耳を傾けています。



捨て曲なしの傑作ですが現在は廃盤で入手困難なアルバムとなっています。


『マスク・オブ・スマイルス』は84年のNo.1シングル"ミッシング・ユー"でポップなイメージで売り出した後の作品。
その割には随分実験的でグロいジャケットで面白い思い中古盤専門店で即買いしました。



今は輸入盤が買い求めやすく2作品がセットでお得な価格で買えるようです。




80年代洋楽ブログを運営しながらも少し遠ざかっていたのでお正月にはガッツリ聴き倒していきたいと思っています。



改めまして 今年もよろしくお願い致します。<m(__)m>




Are You Gonna Go My Way (20th Anniversary Deluxe Edition
Virgin Records Us
2013-09-24
Lenny Kravitz

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Are You Gonna Go My Way (20th Anniversary Deluxe Edition の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








Strut
Roxie Records
2014-09-23
Lenny Kravitz

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Strut の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








ヒューバート・カー/テンソングス
株式会社ソニー・ミュージックレコーズ
1986-09-21
ヒューバート・カー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒューバート・カー/テンソングス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








Best of Dance Hits
Curb Special Markets
1990-02-02
Hubert Kah

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Best of Dance Hits の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








No Brakes/ Mask Of Smiles
Beat Goes On
2008-02-04
John Waite

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by No Brakes/ Mask Of Smiles の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャム80さん、「2015年のはじまり」、シンプルですが、とてもいいタイトルですね。今年も楽しみにしています。

今回もコメントするのにちょっと時間がかかりました。
なぜかというと、レニー・クラヴィッツの新しいほうのPVを見て、女優の名前を調べてしまったからです(笑)
リアン・テン・ハーケンという名のスーパーモデルさんですね。スーパーだから、すぱっと見せられるのでしょうか。
これを、たとえば、80年代後半にMTVとかで見たら、僕はどうなっていたのだろうか、と想像したりしました…
それで、いまのコメントになりました(笑)

ヒューバート・カー、エンジェル07のミニアルバムで止まっているのは、私ですね^^;
その2曲目の、冷たい空気を感じさせる音が、エンジェル07に通じるものがあって、好きですね。
ただ、ドイツのポップスは、時々、ちょっと長いなと感じることがあります。

ジョン・ウェイトの曲、いいですね!この人らしい。あのボーカルと、かっこいい音のブレンド。バッド・イングリッシュでチャート的にも、この音が成功しましたね。

今年は、私にもあたらしい展開があるので、良い年にしたいと思います。
ジャムさんも、頑張ってください^^
ysheart
2015/01/05 00:21
ysheart さん

おはようございます!

レニー・クラヴィッツのPVから女優の特定に派生する気持ちよくわかります。
おそらく、自分の紹介したものでなければ僕もやっていたかと(笑)
スーパーの冠が付くと薄着になるイメージはありますね!すごく

エンジェル07のミニアルバムで止まっているのは 僕もでした^^;
で、他のアルバムを聴いて好きになりました。
地味に紹介してますが"Explain The World In A Word"はジャムの作った誰も知らないオリジナル・チャートで7週間1位でした(笑)


ドイツのポップスを勢いで語ってしまってますが実は指折り数えるほどしか知らないんです^^;なので、少し勉強して出直します。


あ!そうだ!バッド・イングリッシュっ・・・・忘れてました!
でしたね〜 ということで引っ張り出して聴いてみます^^

今年は最良の年だったと振り返るためにも 頑張りましょう!
ジャム80
2015/01/07 08:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2015年のはじまり 【80年代洋楽レビュー倉庫】で〜っかい ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる