オーケストラ・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク-Sailing On The Seven Seas

エレポップという言葉が終焉を迎えようとしていた90年代初めのスマッシュヒット 復活劇! よくやった!と小躍りしましたものです(笑) チャート・アクションから見ると全米で一番ヒットしたのがサントラ効果もあった 86年のシングル"If You Leave"(全米4位…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドリーム・アカデミー『Remembrance Days 』

ドリーム・アカデミーといえばデビュー作『Dream Academy』(1985年)からのシングル曲"Life In A Northern Town"が突如として全米TOP10入りした事がジャーな話題として取り上げられますが 今日は彼らの2ndアルバム『Remembrance Days 』(1987年)を紹介致します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・チャーチ Under The Milky Way

80年代のオーストラリアのバンドといえば・・・ AC/DC、メン・アット・ワーク、イン・エクセス、アイス・ハウス、そしてミッドナイト・オイル 忘れて欲しくないのが ザ・チャーチです。 The Church -Under The Milky Way(1988年) エコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クライミー・フィッシャー

クライミー・フィッシャー(Climie Fisher)は、特に日本ではいまだに根強い人気があります。 その証拠に彼らの日本語解説付きで対訳記載もある88年発売の国内盤は廃盤ながら 常にコンスタントに売れ続けています。 極めて少ない数のヒット・シングルで長年に渡って人々を魅了し続けるクライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラブ&ロケッツ So Alive

本日も1989年のチャートから So Alive - Love & Rockets(1989年)全米3位 1983年のライヴを最後に事実上解散してしまったバウハウス。 (マリリン・マンソンの貢献による【ゴシック再評価】で1998年には再結成。再来日も果たしました。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンヤ 導かれし神聖な癒し音楽

エンヤの音楽の世界は『曲調は曲の断片を少し聞いただけでも彼女のものと判るほど特徴がある』 ウィキペディアに書かれている言葉を借りるとそういうことです。 僕自身、幾度となく彼女の記事を書きかけてはやめて、書きかけてはやめてを繰り返してきました。 どんな角度から、描いても結局は正面になってしまい、色んな方の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プリンス- Do Me, Baby

プリンス初期バラードの代表ともいえる名曲"Do Me, Baby"について話してみようかと。 Prince - Do Me, Baby メリサ・モーガンの86年のカヴァーの方は過去に記事として出していました。 たまたまyoutubeで見つけたこの映像 インスト部分が長~い …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キム・アップルビー "Don't Worry"

Kim Appleby - Don't Worry(1990) 全英2位 個人的はスィング・アウト・シスターの大ヒット曲"Break Out"に通じる 辺りを包む霧の隙間から徐々に光が拡がっていくような軽快な出だしが気に入ってます。 90年に入ってからのヒット・ナンバーではあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OPUS - Live Is Life

東欧オーストリアのバンド OPUS 1985年から1986年にかけての世界的ヒットから OPUS - Live Is Life(1985) 全米32位、全英6位 以下 本国オーストリア、フランス、ドイツ、スウェーデンでNO.1 スイス、ノルウェー2位、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

P.S.B 共演集

本日も89年のチャートから紹介していきます! ペットショップ・ボーイズが熟女と共演した第2弾  迎えるのはライザ・ミネリ Losing My Mind - Liza Minnelli & Pet Shop Boys(1989年)全英6位 ライザ・ミネリの歌唱力はさておき、個人的にはかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sa-Fire - Thinking of You

こんばんは なかなか今年2発目の記事に進むことができなくてヤキモキしていましたw そもそも、これだ!と思う80年代の楽曲が見つかっても すでに過去に紹介してたり・・・ 最近は・・・いわゆるランダムに色んな年代、ジャンルを聴いてましたが、ようやく80年代にチューニングを合わせることが出来そうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2015年のはじまり

明けましておめでとうございます! 今年も拙ブログをよろしくお願い致します 今年は、更新ペースの向上を望めませんが 自身の感じてる事や想いを今まで以上に乗せていこうと考えています。 かっこよく言えば 独創性というやつですが 悪く言えば偏ったレビューに^^; なので、ご容赦下さいね。 更新も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログ8周年記念

11月某日、佐野元春のライヴに行ってきました。 実に27年ぶりです(笑) その感動をお伝えすることでブログ8周年記事とさせていただきます 以下、佐野と敬称 あらかじめ仙台や横浜で行われたライヴの曲リストを研究してはいました。 前後に往年のヒット曲 中心は2007年の『Coy…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

プリンス『Art Of Official Age』

プリンスの新作 『Art Of Official Age』 久しぶりに発売日からすぐに買ったような気がします。 中には毎回 疑念の思いで恐る恐るプレイヤーに・・・という方もいらっしゃると思いますが 実は、僕もそうです。 積年のファンの方には申し訳ないのですが、どうしても80年代のプリンスを追い求め…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

80年代洋楽~口笛編

ハーモニカに続いて口笛も集めてみました 口笛が印象に残る曲として代表的なのがオーティス・レディングの"Sitting on the dock of the bay "や ビリー・ジョエルノ"The Stranger"、スコーピオンズの"Wind Of Change"などなど 当ブログでは80年代洋楽に絞って探してみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハーモニカが彩る洋楽特集

スティービー・ワンダーはハーモニカの名手としても有名 事実、彼のハーモニカ演奏を集めた『アルフィー』というアルバムも存在します。 持ち前のハーモニカで他のアーティストと共演した曲といえば やはりチャート上位に食い込んだ この3曲といったところでしょうか。。 Dionne Warwick & Fri…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ローン・ジャスティス "Sweet Sweet Baby"

記録よりも記憶に残るバンド 【ローン・ジャスティス】も挙げられるのではないでしょうか。 アルバムはわずかに2枚のリリース 紅一点のボーカル(ギター/ソングライトも担う)、マリア・マッキーのバンド解散後の活躍も一役買って ことさら甘酸っぱい記憶として甦ってくるのです。 ブルース・スプリングステ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スージー&バンシーズ Kiss Them For Me

香港もいいけど、インドもいい! 意味不明な前ふりから 紹介したいのはスージー&バンシーズ 91年のヒット・シングル Siouxsie & the Banshees - Kiss Them For Me(1991年) アルバム発表後、長い休止期間に入るわけですが、結婚が影響してたのかな …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダニー・オズモンド Soldier of Love

88年~89年 突如としてチャートを急襲したダニー・オズモンドの"Soldier of Love" 誰? (笑) 実は洋楽ファンとしては知らなきゃ恥ずかしい位の有名人でした( ..)φメモメモ 辞書くれば 出てくるほどの有名グループ【オズモンド・ブラザーズ】(後にオズモンズと改名)の一員。 ジャク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジェフ・ヒーリー・バンド 『See the Light』

41歳で他界した盲目のブルース・ロック・ギタリストのジェフ・ヒーリー 1988年のデビュー・アルバム『See the Light』から同名タイトル曲を ご存知ない方には嬉しい字幕ナレーション付の映像です ジェフ・ヒーリー・バンド "See the Light" …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more